経済産業省学びと社会の連携促進事業「未来の教室」(学びの場)創出事業令和2年度採択事業『OJaCプロジェクト』「不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習モデルの構築」中間報告会のご案内

12月21日(月)11:00〜12:30 オンライン開催

 この度、経産省「未来の教室」実証事業として、クラスジャパン学園と全国17自治体の教育委員会と連携した「不登校児童生徒のICT在宅学習モデルと学校内評価ガイドライン作成」の中間報告会を来週月曜日(21日)実施致します。
複数の自治体連携のガイドライン作成となる極めて稀な実証事業となりますので、急なご案内となり恐縮ですが、ご参加の程、何卒よろしくお願い致します。
【OJaC 概要】

OJaC未来の教室実証プログラムOJaC未来の教室実証プログラム


 OJaC(オージャック)は自宅学習を行っている不登校及び不登校傾向のある小中学生向けのオンライン留学プログラムです。
 学校に在籍しながら、オンラインでの学習・体験活動・部活プログラムを受けられる、2020年9月~2021年3月の7ヶ月間の学習プログラム。「不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習のモデル構築」を事業目的の一つに掲げ、経済産業省の「未来の教室」に採択されている複数自治体コンソーシアム型実証事業です。
 参画する17自治体教育委員会とガイドライン評価委員会を設置し、オンラインでの在宅学習を学校内評価として出席・成績に反映させるためのガイドラインのモデルを作成し、全国の教育委員会に提案します。
(公式webサイト:http://www.ojac.jp/
 

未来の教室未来の教室



【OJaC 参画17自治体】

北海道紋別市、北海道長沼町、埼玉県さいたま市、埼玉県吉川市、千葉県千葉市、東京都福生市、静岡県浜松市、三重県四日市市、大阪府大阪市、京都府京都市、兵庫県尼崎市、兵庫県川西市、奈良県奈良市、奈良県田原本町、岡山県高梁市、宮崎県宮崎市、宮崎県延岡市

 
【中間報告会 概要】

<日 時>       2020年12月21日(月)11:00〜12:30
<場 所>       オンライン会議システム「Zoom」
 
直前のご案内となり恐縮ですが、以下ご確認くださいませ。
途中参加・途中退席でも結構ですのでお時間のゆるす限りのご参加をお願い致します。
 

<スケジュール:後半は微修正が入る可能性がございます>

11:00 参加者接続確認、司会挨拶
11:05 1.主催者 経済産業省ご挨拶(サービス政策課長兼教育産業室長 浅野大介)
11:10 2.OJaCプロジェクト概要説明(株式会社クラスジャパン学園代表 中島武)
11:20 3.不登校児童生徒の様子
11:50 4.参加者属性・傾向について(慶應義塾大学 中室牧子教授)
12:00 5.ガイドライン評価委員会について(評価委員会座長 信州大学 林寛平准教授)
12:20 6.参画自治体 教育長ご挨拶(北海道長沼町 間嶋勉 教育長)
12:30 終了

 
【ご参加が難しい自治体に関しては報告会ダイジェスト資料を送信します】
当日のご都合がつきにくい方には、報告会でお伝えします内容をダイジェスト版としてメール送信させて頂きます
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クラスジャパン小中学園 >
  3. 経済産業省学びと社会の連携促進事業「未来の教室」(学びの場)創出事業令和2年度採択事業『OJaCプロジェクト』「不登校児童生徒を対象としたICT在宅学習モデルの構築」中間報告会のご案内