プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

AZUL Energy株式会社
会社概要

東北大学発スタートアップAZUL Energy(アジュールエナジー)は、シリーズAセカンドクローズとして1.4億円を追加調達し、累計調達額は6.4億円に。

脱炭素社会の実現に向け、次世代エネルギーデバイス用レアメタルフリー触媒の開発を加速

AZUL Energy株式会社

レアメタルを使用しない次世代エネルギーデバイス向け高性能触媒製品を開発する東北大学発スタートアップAZUL Energy(アジュールエナジー)株式会社は、シリーズAセカンドクローズとして新たに1.4億円の資金調達を実施したことを発表いたします。今回の資金調達では、三菱UFJキャピタル株式会社、ガバナンス・パートナーズ株式会社の2社を新たな引受先として第三者割当増資を行いました。前回のシリーズAファーストクローズと合わせて調達額は合計4.75億円となり、シリーズAの資金調達を完了いたしました。シードラウンドなどを含めたこれまでの累計調達額は6.4億円となります。
当社は、既存のエネルギーシステムなどで使われている白金などレアメタルを代替することが可能となる新たな触媒技術を開発しており、資源制約のない独自の触媒を社会実装することにより脱炭素社会、循環型社会の実現を目指しております。
今回のセカンドクローズを含むシリーズAの資金調達により、独自の触媒を組み込んだ電極シートの量産化、金属空気電池や燃料電池/水電解装置などへの用途展開と海外事業開発を進めて参ります。

【資金調達の背景】

これまで、次世代エネルギーデバイスとしてCO2排出量の削減が期待される燃料電池や水電解装置などの水素エネルギーシステムでは、電極に用いる触媒として白金など高価で資源制約のあるレアメタル触媒が用いられてきました。しかし、資源制約の大きいレアメタル触媒は、高コストのみならず経済安全保障の面でも課題があり、その代替が求められておりました。

AZUL Energyは、東北大学発スタートアップとして2019年7月に創業し、独自に開発したレアメタルフリーの高性能触媒「AZUL触媒」の事業化を進めて参りました。AZUL触媒は、燃料電池や金属空気電池の空気極における酸素還元反応において高い触媒活性を有しており、また従来の製造プロセスを用いて量産することが可能となります。当社は資源制約のない触媒として、お客様に低コストな高性能触媒を安定して供給するべく開発を進めております。

2021年の資金調達以降、燃料電池や金属空気電池、水電解装置などを開発、製造されているお客様にサンプルを提供し本格採用に向けた実証実験などを進めて参りました。今回のシリーズA資金調達により、AZUL触媒を組み込んだ電極シートの量産化を進め、国内外の新規のお客様の開拓やさらなる触媒性能の向上、新規用途に向けた開発に取り組んで参ります。

AZUL Energyは、独自の技術により開発したAZUL触媒を社会実装することで、レアメタルに依存しない環境配慮型の高性能エネルギーシステムを構築し、脱炭素社会、循環型社会の実現に貢献致します。


【投資家一覧】

■ 三菱UFJキャピタル株式会社

(三菱UFJキャピタル9号投資事業有限責任組合)

■ガバナンス・パートナーズ株式会社

(投資事業有限責任組合ガバナンス・パートナーズ起業家ファンド)


【出資者からのコメント】
■三菱UFJキャピタル株式会社 

副部長 幡野浩一様
脱炭素、エネルギー安全保障の観点から「水素」への注目が世界的に高まっていますが、水素を作る水電解装置や、水素を使う燃料電池は、触媒としてプラチナやイリジウムなどの大量のレアメタルを使用する課題を抱えています。

AZUL Energyが開発したレアメタルを使わないAZUL触媒は、この課題を解決してゲームチェンジャーになる可能性を秘めていると期待し、この度出資をさせていただきました。

複数の顧客候補との事業開発も進捗し、製造面での協業体制も構築しつつあるほか、新たな用途開発などの多様化も進展しており、今後の成長を期待しています。

弊社もMUFGとしての強みを活かし、AZUL Energyの成長に貢献して参りたいと考えています。

■ガバナンス・パートナーズ株式会社 

取締役 小田光介様

AZUL触媒の高い触媒性能、コスト優位性、安全性など、次世代エネルギーデバイスとして期待される燃料電池のレアメタルフリー化に期待しご出資させていただきました。今回の資金調達によるAZUL触媒を組み込んだ電極シートの量産化と用途展開、そして、素材技術で先端研究をリードする東北大学発ベンチャーの海外展開に期待しております。

カーボンニュートラルの実現に貢献する持続可能なエネルギーソリューションカンパニーとして引き続き期待し応援させていただきます。


【事業概要】

東北大学が開発した高性能触媒をコア技術として、次世代エネルギーデバイス関連事業において、触媒材料事業および次世代エネルギーデバイス事業を展開しております。

◯高性能触媒材料事業

燃料電池・金属空気電池などの酸素還元反応用の電極触媒やグリーン水素製造用の水電解触媒など、独自触媒の高性能化とコストダウンにむけた研究/開発とその製造/販売

◯次世代エネルギーデバイス事業

金属空気電池の軽量・高容量の特徴を活かした、ウェアラブル・IoT用小型バッテリーおよびドローン用軽量・高容量バッテリーの研究/開発/製造/販売


【AZUL Energyについて】

会社名   :AZUL Energy株式会社

設立日   :2019 年7 月11 日

代表者   :代表取締役社長 伊藤 晃寿

役員    :取締役副社長 林 誠之、取締役・最高科学責任者 藪 浩、取締役 阿部 博弥

URL      :https://www.azul-energy.co.jp

本社所在地 :〒980-0811

       宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー10階 CROSSCOOP内

開発センター:〒980-8577

       宮城県仙台市青葉区片平2-1-1

       国立大学法人 東北大学 産学連携先端材料研究開発センター(MaSC)

東京オフィス:〒105-0001

       東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー15階 CIC Tokyo内

資本金     : 3億2800万円


【本件に関する問い合わせ先】

AZUL Energy株式会社 代表取締役社長 伊藤 晃寿

E-mail    :contact@azul-energy.co.jp

URL       :https://www.azul-energy.co.jp

すべての画像


種類
経営情報
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

AZUL Energy株式会社

11フォロワー

RSS
URL
https://www.azul-energy.co.jp/
業種
製造業
本社所在地
宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー10階 CROSSCOOP内
電話番号
022-209-5333
代表者名
伊藤 晃寿
上場
未上場
資本金
2億5800万円
設立
2019年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード