LexxPluss、佐川急便主催の「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」にてXフロンティアで自動搬送ロボットを用いた実証実験を実施~デモデイにて審査委員特別賞を受賞~

物流拠点での導入を目指し、引き続き両社で検討

物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボットを開発する株式会社LexxPluss(神奈川県川崎市、代表取締役:阿蘓将也)は、SGホールディングスグループの佐川急便株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:本村正秀)が運営するオープンイノベーションプログラム『SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM』の成果発表会となるデモデイにて、佐川急便の物流拠点における搬送作業自動化を目的とした実証実験の成果を発表いたしました。

Image Credit: Masaru Ikeda (BRIDGE)
 

  • 今回の取り組み内容について

今回の取り組みでは、佐川急便が運営する次世代型大規模物流センターXフロンティアにおいて、不定形貨物の搬送作業を自動搬送ロボットにて自動化可能か検証を行いました。LexxPlussの自動搬送ロボットの特徴である「ハイブリッド制御技術」を用いて、軌道走行機能及び自律走行機能を現場内の様々なシーンに応じてモードを切り替えることで、自動化の効果を最大限に引き出せるよう実証実験を重ねていきました。

 実証実験の環境下において不定形貨物の搬送作業について、作業員と連携したスムーズな自動走行に対して一定の成果を得ることができました。今後は、自動搬送ロボットの更なる性能改善を行いつつ、物流拠点での本格導入を目指して更なる検討や実験を推進してまいります。

 

  • SAGAWA ACCELERATOR PROGRAMについて

主催:佐川急便株式会社
共催:Creww株式会社
プログラムウェブサイト:https://accele.creww.me/collaboration/sagawa-2020-8

HIKYAKU LABO開催の本プログラムは、佐川急便の経営資源とスタートアップ企業の持つ全く新しいアイデアや斬新なノウハウの双方を活用して、新たなビジネスやサービスの共創を目指すものです。「社会をより良く変えていける新しい物流サービスの創出」「社会インフラとしての物流機能の安定供給」「新たな生活スタイルを物流の力でもっと安心・便利に」のテーマの中から物流の未来を創る革新的なサービスを生み出すことを目指します。
LexxPlussは応募総数100社の中から、協業の可能性が大きいスタートアップ5社のうち1社として採択されました。

 

  • 株式会社LexxPlussについて
会社:株式会社LexxPluss(LexxPluss, Inc.)
代表:阿蘓将也
本社:神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 KBIC本館211号室
URL:https://www.lexxpluss.com/

株式会社LexxPlussは、「持続可能な産業と持続可能な生活を」をビジョンに掲げ、日本のインフラを支える物流業・製造業の課題解決を目指すスタートアップです。現在は、物流倉庫・製造工場向け自動搬送ロボットをソフトウェア・ハードウェア両面から開発を行っています。既存の物流ロボットが抱える「費用対効果に見合わない」「ヒトと共存する空間で活動できない」「現場のこだわりやシビアなコンディションに対応できない」といった課題を、ソフトウェア・ハードウェア・ビジネスモデルの観点から解決を目指します。2021年秋頃の一般販売に向け、現在量産体制を構築中です。

LexxPlussと共に挑戦することにご興味持っていただけた方は、以下のサイトよりご応募ください。
▶︎採用ページ:https://open.talentio.com/1/c/lexxpluss/requisitions/2001
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LexxPluss >
  3. LexxPluss、佐川急便主催の「SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM」にてXフロンティアで自動搬送ロボットを用いた実証実験を実施~デモデイにて審査委員特別賞を受賞~