MUSIC/SLASH クリスマス・イヴに吉⽥美奈⼦ら豪華ゲストを迎え、70年代ディスコサウンドをオーケストラで無観客配信実施!会場はフェスティバルホール!

70年代ディスコカルチャーを彩った名曲を30人編成のオーケストラを無観客配信!

⼭下達郎、⼤貫妙⼦、藤井⾵、久⽯譲などが配信を実施し、この先にも、坂本⿓⼀も配信を予定している⾼⾳質配信プラットフォームMUSIC/SLASHが、12⽉24⽇(⽊)⼤阪フェスティバルホールに於いて70年代ディスコサウンドを中⼼にオーケストラ編成によるライブイベントをフェスティバルホールから無観客⽣配信する。注⽬のゲストアーティストは、吉⽥美奈⼦、bird、クリス・ハート、サックス・ソリストの宮⾥陽太

 

 

FUNKY DISCOvery -A Hundred Birds Orchestra Xmas Special Cocert 2020FUNKY DISCOvery -A Hundred Birds Orchestra Xmas Special Cocert 2020

2020年7⽉末に⼭下達郎がキャリア49年の中で初めてその品質において配信することを認め、その後、⽇本フィルハーモニー交響楽団、⼤貫妙⼦、藤井⾵といった名だたるアーティストのネット配信を、その圧倒的クオリティによって成功させてきた⾼⾳質配信プラットフォーム『MUSIC/SLASH』が、2020年12⽉24⽇(⽊)に世界最⾼とも⾔われる⾳響空間を持つフェスティバルホールにて無観客配信を実施する。

MUSIC/SLASHは、ローンチ当時から『ネット配信界のフェスティバルホールを⽬指す』と標榜し、他のネット配信の品質とは⼀線を隔て、⾼い次元においてその配信を実現してきた。その品質は配信を⾏ってきたアーティスト達のラインナップを⾒れば、明らかである。そのMUSIC/SLASHが、⽬指してきた最⾼の⾳響空間を持つ本物のフェスティバルホールでクリスマスコンサートを配信する。

 

注⽬のその内容は、ダンス・ミュージック・オーケストラバンド”A Hundred Birds Orchestra”(以下:AHBO)のライブパフォーマンスに、豪華なゲストボーカル・ゲストミュージシャンを迎えた編成で、70年代ディスコミュージックの名曲を中⼼にライブを⾏うもの。AHBOは、毎年⼤阪市内でクリスマスコンサートを開催し、そのコンサートは2020年で24年⽬を迎える。24年間変わらずダンスミュージックを中⼼に演奏してきたオーケストラは、世界的に⾒ても稀であり、そんな彼らが続けてきたそのスタイルと、演奏クオリティにおいては、「ダンスミュージックとオーケストラによるコラボレーションライブのオリジネーター」として世界中より評価が⾼まっている。⽇本のミュージシャンや、アーティストの中にもAHBOのファンが多いことで知られている。

 

2016年にイギリスの名⾨レコード・レーベルBBEより、アルバム”DISCOvery”をワールドリリースし、2019年3⽉にはその噂を聞きつけたUKのソウルディーバ Natasha Watts がAHBOとの共演を熱望。Billboard Live OSAKAにて

⼀夜限りのコラボレーションライブが実現しただけでなく、そのライブ⾳源がユニバーサルミュージックより9⽉にワールドリリースされ、2021年にロンドン公演が決定していた。しかし、⼀連のコロナウイルスの影響により待望の海外公演は延期となっていた。

今回の公演は、そんな⼤阪が世界に誇るダンス・ミュージック・オーケストラバンドAHBOをホストバンドとし、豪華ゲストボーカルを迎えた特別なものとなる。ゲストボーカル・ゲストミュージシャンはAHBOがかねてから共演を熱望し、実現していなかったアーティストに熱烈なオファーをし、実現に⾄った。その気になる豪華ゲストボーカルのラインナップは、なんと吉⽥美奈⼦・bird・クリス・ハート。そしてゲストミュージシャンとして、⼭下達郎のサックスを担当し、 MUSIC/SLASHでも配信したことがあるサックス・ソリストの宮⾥陽太を迎えて、ファンキーなクリスマス・イヴをお届けする。

■『MUSIC/SLASH』初配信概要

『MUSIC/SLASH』は、2020年12⽉24⽇(⽊) 19時00分より、『FUNKY DISCOvery -A Hundred Birds Or chestra Xmas Special Concert 2020 in festival hall-』と題した特別番組を⽣配信します。⼤阪が世界に誇るハウスミュージック・オーケストラバンド”A Hundred Birds Orchestra”(以下:AHBO)のライブパフォーマンスに、豪華なゲストボーカル・ゲストミュージシャンを迎えた編成で、70年代ディスコミュージックの名曲を中⼼に無観客ライブを⾏う

。当イベントは、当初フェスティバルホールの半分の客席数に対してチケットを販売し、実施を検討してまいりましたが、新型コロナウイルスの⽇本国内での感染状況と、12⽉3⽇の夜に⼤阪市より発表されました⼤阪モデル⾚信号に伴う外出⾃粛要請、並びに医療供給体制のひっ迫した状況を鑑み、出演アーティストはもちろんのこと、何より、お客様に安⼼して御来場いただき、⼼から⾳楽を楽しんで頂く状況を実現することが難しいと判断致しました。同公演につきましては

、同会場にて無観客ライブ⽣配信とさせて頂くことを決定致しました。

■『FUNKY DISCOvery - A Hundred Birds Orchestra Xmas Special Concert 2020 in festival hall -』配信詳細

 
・特設サイト;https://special.musicslash.jp/christmas/

・主催:FM COCOLO/FM 802/SOUND POWER BASE

・企画・制作:MUSIC/SLASH

・運営:キョードー関⻄

・開催⽇時:2020年12⽉24⽇(⽊)19時00分〜21時40分頃まで(途中換気タイム15分)

・先⾏発売;2020年11⽉27⽇(⾦)12:00〜11⽉30⽇(⽉)18:00まで受付

・配信チケット販売期間:12⽉6⽇(⽕)15時00分 〜 12⽉20⽇(⽇)18時00分まで

・チケット購⼊受付URL:https://eplus.jp/musicslash1224/

・配信チケット料⾦:¥ 4,500 税込 -無制限(イープラスでの購⼊⼿続きが必要)

・出演アーティスト:A Hundred Birds Orchestra 、吉⽥美奈⼦、bird,クリス・ハート、宮⾥陽太

・配信番組視聴⽅法:安定した回線環境において、ご⾃⾝の端末でご視聴ください。

購⼊前に必ずログインのトライアルを実施し、ご⾃⾝の視聴環境で視聴可能か確認の上、ご購⼊ください。

トライアル・ログイン URL:https://trial.musicslash.jp/

■動作環境

[ Windowsをご利⽤のお客様 ]
Windows 10、Google Chrome 最新版

※Microsoft Edge、Internet Explorer、Mozilla Firefoxは対象外です。

[ Macをご利⽤のお客様 ]
Mac OS 10.13.x 以上推奨、Safari 最新版

※Google Chrome、Mozilla Firefoxは対象外です。

[ iOSをご利⽤のお客様 ]
iOS 13 以上推奨、Safari 最新版

[ Androidをご利⽤のお客様 ]
Android 9 以上推奨、Google Chrome 最新版

上記の環境を満たしていることをご確認の上、下記のURLの内容を⼗分に確認いただき、動作確認を終えてから配信チケットをご購⼊ください。以下リンクをMUSIC/SLASH チケット購⼊前に必ずお読みください

https://musicslash.jp/howto/beforeticket.html

■当⽇のご視聴⽅法に関して以下チケット購⼊後の流れをご参照ください。

https://musicslash.jp/howto/afterticket.html



■出演者プロフィール
A Hundred Birds Orchestra

A Hundred Birds OrchestraA Hundred Birds Orchestra

1996年、DJ YOKUによって結成された A Hundred Birds ( ア・ハンドレッド・バーズ )。 2000年、Francois Kevorkian主宰 Wave Music(NY) から"Batonga"をリリースし海外デビュー。同レーベルから”Georgia”, “Jaguar”, “Black Water”と12inch Singleをリリース。その後海外レーベルのリミックスなどを手がけ国内外のダンスミュージックシーンで脚光を浴びる。 2005年、1st Album ”Fly From The Tree”(GUT/FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT.INC)を発表。 国内メジャーデビューを果たし、同レーベルから計アルバム4枚、シングル4枚の作品を残した。

リーダー DJ YOKUリーダー DJ YOKU

2011年、自主レーベル 100records を立ち上げ、"Ain't No Mountain High Enough"、”Relight My Fire”、“I Love Music”、RUNAWAY”、”Welcome to the club”と 12inch カバーシリーズを毎年クリスマスにリリース。2016年5月にこの5枚の12inchに収められた楽曲達がUKの名門レーベルBBEより、アルバム”DISCOvery”としてワールドリリースされた。2016年、A Hundred Birds Orchestra 20周年記念盤 ”Ten Percent”、2017年”Inspired / Do It Right”、2018年”All I Do”と12inchリリースを毎年継続中。 ライブ活動では、朝霧ジャム、フジロック、ライジングサン、Body&Soulなどビッグフェスにも出演。毎年恒例となるクリスマスライブ「Dance Music Meets Orchestral Unit On Christmas」は今年で24年目を迎える。その総勢40名によるオーケストラライブでは、YOKU自身が選曲を行い、指揮者となり、DJ的な感性でMIX感を重視した迫力あるライブステージを展開する。そのスタイルは昨今の世界的に盛り上がりをみせているダンスミュージックとオーケストラによるコラボレーションライブのオリジネーターとして世界中より評価されている。2019年3月にはUKのソウルディーバ Natasha Watts を迎え、Billboard Live OSAKAにて一夜限りのコラボレーションライブを開催。そのライブ音源が同年9月ユニバーサルミュージックよりワールドリリース。その他、もんたよしのり氏企画「俺らだけのヒットパレード」ではバックのオーケストラ演奏だけではなく、楽曲のアレンジ/制作でも参加。また神戸港開港150周年記念 テーマソング「kobebeats」制作などオリジナル楽曲制作にも意欲的に活動する。 ダンスミュージック楽団 A Hundred Birds、彼らの壮大なる夢は、まだ始ったばかりだ。

 


■ゲストアーティスト プロフィール

 

 

ゲストボーカル 吉田美奈子ゲストボーカル 吉田美奈子

吉⽥美奈⼦
歌⼿ 1953年4⽉7⽇⽣まれ
1969年に交流を持った細野晴⾂や松本隆等に影響を受け、楽曲制作を始める。間もなくシンガー・ソング・ライターとして、ライブ中⼼の⾳楽活動を開始。1973年、キャラメル・ママのサポートでLP「扉の冬」で本格的にデビュー。後、CM⾳楽(1985年・第33回「カンヌ国際広告映画祭」銀賞受賞)制作や、他の歌⼿等への楽曲提供(現在までに1 30曲を越える)、プロデュース、アレンジを含む⼀⼈多重録⾳によるコーラス歌唱等のスタジオ・ワークも⾏う。

2020年1⽉現在、オリジナル・アルバム21作品(注:通常のライブ盤・ベスト盤・シングル盤・企画盤は含まず)、内1作品は、スタジオでのライブ収録ミニ・アルバムDVD。1作品は、コンサートにパイプ・オルガンをフル使⽤した、ピアノ・トリオのライブ完全収録盤「calling」(この作品は、第23回⽇本プロ⾳楽録⾳賞に於いてベストパフォーマー賞受賞)。その他、コラボ・アルバム3作品、ライブ映像収録DVD等を4作品リリース。

ジャンルを取り払った⾃由⾃在な⾳楽活動は、クオリティーを保ちながらも個性を発揮する稀有なミュージシャンとして多⽅⾯から共演を熱望され、そのパーフォーマンスは常に⾼い評価を得ている


 

ゲストボーカル birdゲストボーカル bird

bird

シンガー & ソング・ライター(1975 年 京都出⾝)
ソウルフルな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず⾳楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。

⼤沢伸⼀/MONDO GROSSO 主宰レーベルよりデビュー、 1st アルバム「bird」は70 万枚突破、ゴールドディスク⼤賞新⼈賞獲得。20 周年となる昨年は、通算 11 枚⽬となる最新アルバム「波形」発売。

プロデュースおよびサウンドメイキングは現代の⾳の名匠こと冨⽥ラボ(冨⽥恵⼀)によるもの。 様々なインストゥルメンツが⽣み出す⾳の波形の中に、birdの唯⼀無⼆な歌声が重なり、さらに研ぎ澄まされた⾳楽が展開されていく。 現在、ジャンル関係なく各種野外 FES、イベントに出演中。

 

 

ゲストボーカル クリス・ハートゲストボーカル クリス・ハート

クリス・ハート

歌⼿を夢⾒て24歳で⽇本に来てから、2009年⽇本に移住を決意。 2011年にYouTubeにあげていた動画が⽇本テレビのスタッフの⽬にとまり、2012年⽇本テレビ「のどじまん ザ!ワールド」に出演。

クリスの歌声に惚れ込んだプロデューサー、ジェフ・ミヤハラが放送翌⽇、本⼈にコンタクトをとり⾃らプロデュースに名乗りをあげ、2013年歌⼿デビューを果たす。代表曲は2013年、松⽥聖⼦とのデュエット曲「夢がさめて」、2014年ニベアのCM曲「まもりたい〜magic of a touch〜」がある。2015年7⽉より外国⼈として初となる47都道府県ホールツアーを⾏う。

 

 

ゲストミュージシャン 宮里陽太ゲストミュージシャン 宮里陽太

宮⾥陽太
宮崎県⼩林市出⾝。⽗親のコレクションであるJazzのレコードを⼩学⽣時代に聴き、John Coltrane や Mal Waldronにショックを受け、吹奏楽でテナーサックスを始める。 2006年 洗⾜学園⾳楽⼤学ジャズコース卒業。ルーツであるジャズをベースにさまざまなジャンルやスタイルで数々のセッションやポップスのサポート、レコーディングに参加。



2014年7⽉  デビューアルバム「Pleasure」
2015年10⽉ 2nd アルバム「Colors (with Horns & Strings)」
2016年11⽉ 初のライヴアルバム「LIVE PLEASURE」
2017年3⽉ 3rd アルバム「Blessings」をMOONレーベルよりリリース。
2011年〜⼭下達郎のコンサートツアーに参加
2014年〜⽵内まりやのコンサートツアーに参加




■関係者コメント

MUSIC/SLASH 代表 ⾕⽥光晴

MUSIC/SLASHは2020年7⽉末の⼭下達郎さんの配信を⽪切りに、名だたるアーティストの⽅々に配信をいただいております。この先にも、多くの配信を予定しておりますが、本当に⾊んなことがあった2020年のクリスマス・イヴに⼤阪のフェスティバルホールにて配信を我々の主催で開催できることに、⼤きな喜びと共に、責任を感じております。

私が初めてフェスティバルホールでの体験をしたのが⼩学2年⽣。現在のフェスティバルホールではなく、改装前のフェスティバルホールでした。⼀⽅、A Hundred Birds Orchestraを初めて⾒たのは、私が20歳のクリスマスコンサートでした。24年間、そのスタイルを変えず貫き通すことは容易なことではありません。この度、この⼤阪が誇る、最⾼にファンキーなオーケストラにクリスマスコンサートの出演を依頼し、実現できる運びとなりました。

2020年は新型コロナウイルス感染症によって、エンタテインメント業界は⼤きな影響を受けました。このウイルスは、 ”A Hundred Birds Orchestra”が四半世紀追い続けた夢。彼らのようやく⼿が届いたと思ったロンドン公演まで奪っていきました。私は、このバンドのそんな夢を未来につなげた時。世界がこのコロナの状況を乗り越えた先、そして、彼らがロンドン公演を実現させた時。こんな明るいニュースは無いと思いました。ならば、その夢を私たちらしい⽅法で未来に繋ごうと考えました。『⾳楽を愛し、⾳楽を本当に届けたい⼈、届けて欲しいと願う⼈に。⾳楽を最⾼の品質で提供する動画配信サービス。』がMUSIC/SLASHのコンセプトです。70年代の⼤阪は、ディスコカルチャーが⽇本⼀熱かった場所でした。そんな⼤阪で2020年という年のクリスマスを、コロナ禍のそれぞれの環境での楽しみ⽅をして頂きたいと考え、本公演を企画しました。是⾮、お楽しみください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SPOON >
  3. MUSIC/SLASH クリスマス・イヴに吉⽥美奈⼦ら豪華ゲストを迎え、70年代ディスコサウンドをオーケストラで無観客配信実施!会場はフェスティバルホール!