震災遺構(旧東海大学阿蘇校舎1号館及び地表地震断層)を一般公開します

 県と市町村で整備を進めている熊本地震震災ミュージアム「記憶の回廊」の取組みの一環として、保存工事を実施した旧東海大学阿蘇校舎1号館及び地表地震断層を下記のとおり一般公開します。
 旧東海大学阿蘇校舎1号館は、かつて東海大学農学部の講義棟として使用されていた建物で、熊本地震の威力や脅威を今もなお伝えています。被災した建物と地表地震断層を一体的に見学できる例は国内でも大変貴重なものです。
1 日 時:7月16日(木曜日) 午後1時~
2 場 所:旧東海大学阿蘇キャンパス(阿蘇郡南阿蘇村河陽5435)
3 開館時間:火曜日を除く午前9時から午後5時(11月中旬から翌年2月末の間は午後4時まで)
       ※公開時間中は、管理人(語り部)が常駐し、説明等を行います。
4 入場料:無料
5 その他
 同日、下記のとおりセレモニー(関係者のみ)を実施します。
(1)日 時:7月16日(木曜日)午前10時30分~
(2)場 所:旧東海大学阿蘇キャンパス(阿蘇郡南阿蘇村河陽5435)
(3)出席者:蒲島知事、東海大学長、南阿蘇村長 外
(4)内 容:挨拶、卒業生の言葉、テープカット、震災遺構見学(予定)

↓熊本地震震災ミュージアムに関する情報はこちらから↓
https://kumamotojishin-museum.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 熊本県 >
  3. 震災遺構(旧東海大学阿蘇校舎1号館及び地表地震断層)を一般公開します