“環境大臣杯 全国高等学校 Re-Style DANCE CUP!2020” 今年の"決勝の舞台”は渋谷だ!2021年1月31日(日)全国大会開催決定!エントリー受付11月25日まで!

環境省では、環境教育の一環として今年から、様々な分野で活躍する高校生たちを“環境の視点”から応援する“環境×高校生プロジェクト”を発足したとのことで、プロジェクトの企画として現在、「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」を開催しており、このたび、全国大会を2020年1月31日に渋谷ストリーム ホールで開催すると発表しました。
メインMCにはダンサーのKENSAKUさんを起用し、ダンス専門チャンネル「ダンスチャンネル」による独占放送も実施するとのことです。


<以下、環境省の発表記事>
1. 2020年大会“決勝の舞台”は“渋谷ストリーム ホール”!
環境省では、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」(平成24年10月施行)や「持続可能な開発のための教育:SDGs達成に向けて」(「ESD for 2030」)に基づき、ユース層等の若年層に対して、環境保全の理解と関心を深め、環境保全活動を行う意欲の増進や取組への参加促進を進めています。この一環で、様々な分野で活躍する高校生たちを“環境の視点”から応援する“環境×高校生プロジェクト(以下「本高校生プロジェクト」という。)を2020年に発足させました。
高校生たちの関心の高い分野とコラボレーションすることで、未来を担う高校生たちの更なる飛躍・活躍を応援するとともに、環境に関する意識や共感を深めてもらうことを目的とした本高校生プロジェクト企画として、“資源の大切さ”、“3R”をテーマとして、全国の高校生たちがパフォーマンスを競い合う、新しいダンス大会「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」(以下、「本大会」という。)を昨年に引き続き、今年も開催しています。

本大会では、一次審査を動画審査としており、エントリーいただいた全てのパフォーマンス動画を、有名プロダンサーや高校ダンス関係者などの豪華なメンバーによる審査員によって審査し、最大で20チームに決勝大会となる「全国高等学校Re-Style DANCE CUP2020全国大会」(以下「全国大会」という)に出場していただきます。
このたび、その全国大会を2021年1月31日(日)に「渋谷ストリーム ホール」(東京都渋谷区)において開催することとしましたので、お知らせします。
さらに全国大会のメインMCには、伝説のダンスチーム「BRONX」のメンバーとしてBREAK DANCEシーンの火付け役のひとりとなったダンサーのKENSAKUさんを迎えて、全国から勝ち上がってきた高校ダンス部の皆さんをお待ちしています。
また、全国大会の模様は、ダンス専門チャンネル「ダンスチャンネル」のご協力の下、開会式(優勝カップ返還等)から優勝チームの発表まで、2020 年全国大会の模様を“特別番組”として独占放送・配信します。
本大会のエントリー受付期間は「11月25日(水)」まで延長いたします。
入念なコロナウィルス感染防止対策を取った上で、コロナ禍に負けない元気なパフォーマンスをお待ちしています!

【全国大会 概要】
〇開催日時:2021年1月31日(日)
開場:11:00~(予定) 開始:12:00~(予定)
(詳細は後日、全国大会出場チームの発表と合わせて公表します。)
〇開催会場:渋谷ストリーム ホール
(東京都渋谷区東京都渋谷区渋谷三丁目21番3号)
〇アクセス: https://shibuyastream.jp/access/

 

 

(※新型コロナウィルス等、社会情勢の変化等に応じて、開催方法等を変更することも想定しています。

また、全国大会の開催に当たっては、渋谷ストリーム ホールの新型コロナウィルス感染対策ガイドラインを
遵守するとともに、東京都の「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン~「新しい日常」の定着に向けて
~(第3.1版)」(令和2年9月3日)、緊急事態舞台芸術ネットワーク「舞台芸術公演における新型コロナウ
イルス感染予防対策ガイドライン」(令和2年6月30日)等を遵守しながら、本大会独自の取組や専門家の
助言を得ながら検討・実施することを予定しています。)

【全国大会メインMC】
KENSAKU


ダンサー(B-boy)、MC、タレントなど、持ち前の明るさと才能で、マルチなフィールドで活躍。日本が誇る伝説のダンスチーム「BRONX」のメンバーとしてBREAK DANCEシーンの火付け役のひとり。
2000年前後の国内で開催された殆どのCONTESTやBATTLEを総なめにし、様々なタイトルを獲得。全国でのW.SやレッスンやSHOW CASEをする傍ら、日本を代表する数々のBIG DANCEイベント、世界大会、avex FES、発表会、結婚式、現在はラジオ番組Bayfm78【breakin'style】のDJを務め、2024パリオリンピックまでブレイクダンスを盛り上げよう活動実行中!
その他…CM、アーティストMV、TVのMCとしても全国を飛び回り、シーンの発展に貢献している。

<全国の高校ダンス部へのメッセージ>
高校生の皆さん!
コロナ禍で学校にも行けず、みんなと一緒にダンスも踊れなかった時期もあったはず、
苦労しながら練習しても、成果を表現する機会を失って悔しい想いもしたはず。
だから、こんな時こそ、一つひとつのチャンスを大切にしよう!
この大会は、そのチャンスの一つ!だって、国が開催する大会なんです!これって凄くない!?
それと、こんな時だからこそ、忘れがちなことに目を向けることも大切!
コロナも大変やけれども、環境問題だって大変で、僕らはいつだって、この問題と向き合っていかないとダメなんです!だったら、自分達らしく、ダンスで向き合ってみたら良いじゃない!そういう意味でも、この大会は最高に面白いんです!
コロナで知った、普段の当たり前は【特別】だったってこと。それは環境も一緒。未来の…君たちの子供の、またその子供達の為にも残しておきたい場所がある!仲間と踊れる事、仲間と笑える事、いつまでも続いていくこと!
そのために自分たちに出来ることを仲間と考えて、行動して、ダンサーらしく表現して、
目指すは全国大会!
この大会は、ダンスのテクニックの他に、“資源循環”をどうやって表現するか?の表現力が重要なんです!
みんなの表現力、発想力、そしてパフォーマンスを心から楽しみにしてます!ダンスの力、エンターテインメントの力を信じて! Let's DANCE!
 
【審査員】
石原 久佳


高校ダンス部マガジン「ダンスク!」編集長
ミュージシャン活動後、リットーミュージックにて『ベース・マガジン』『ダンス・スタイル』『ダンス・スタイル・キッズ』の編集長を歴任。その後、株式会社ディーエスケイを設立し、高校ダンス部専門フリーマガジン&
ウェブ『ダンスク!』をプロデュース。書籍『ダンス部ハンドブック』『ダンス部ノート』も執筆する、日本唯一の高校ダンス部専門家。ダンスの教育的側面や社会的意義にも注目し、コンテストでの審査員やテレビ番組でのコメンテーターなども務める。



緒方 浩


全日本高等学校ダンス連盟 代表理事
北九州市立高等学校ダンス部顧問として、高校生を対象とした国内外の多くの大会で優勝経験を持ち、全国的に広がりをみせる高校ダンス部のパイオニア。
ダンス部設立当時から高校ダンス部の公式大会を模索し続け、現在は全日本高等学校ダンス連盟の代表理事を務めながら、今年で第10回を迎える 「全日本高等学校チームダンス選手権大会」を継続開催中。




FISH BOY


ストリートダンサー、振付師
10代前半より頭角を表し、各世代のあらゆるダンスコンテストで優勝。
世界大会JUSTE DEBOUT優勝の経験も持ち、TVなどのメディアに露出し出すと、RADIO FISHとして日本有線大賞・有線話題賞受賞、第58回日本レコード大賞・企画賞受賞、そして紅白歌合戦出場を果たす。
プレイヤーとクリエイター、アンダーグラウンドとメジャーシーンを行き来するダンサー。




Miyu


ハウスダンサー
キッズ時代から数々のコンテストで優勝を果たし、2017年には19歳でダンスバトル世界大会優勝の快挙。
2019年にはMISIAのバックアップダンサーとして紅白歌合戦に出場、モデルとしてはユニクロ、カシオ、WEGO、JCBカードなどの広告に出演する。
実力、ルックス、アスリート性、ファッション性を兼ね備えた人気のハウスダンサー。




関根アヤノ


プロダンサー、振付師、モデル、アクター
舞台「アニー」がきっかけで、舞台に興味を持ち、 昭和音楽大学で、芝居、歌を習い、地元のミュージカルカンパニーに所属。現在ではダンサーだけに留まらず、振付師、講師、モデル、舞台、アクター、クリエイター など幼少期からの様々な経験を活かし多方面なジャンルで常に新しい事に挑戦している。
< 主なPV・TV出演>安室奈美恵「Birthday」「In two」PV出演
<主な振付・監修作品>LiSA「LiVE is Smile Always PiNK&BLACK 2014 in日本武道館」
< 舞台>・劇団EXILE 松組  第一回旗揚げ公演『刀舞鬼 -KABUKI-』三徳役


2.協力団体として一般社団法人ダンス教育進行連盟JDACが参加!
スポーツ庁・厚生労働省、各教育委員会等の後援を受け、学校で必修となった『ダンス』の普及・振興のため、全国各地でダンス指導者、インストラクター育成の研修会を開催し、資格(ライセンス)を発行している一般社団法人 ダンス教育振興連盟JDAC(ジェイダック)に、新たに協力団体として参画いただきました。

3.エントリー受付期間を1か月程度延長!
本大会は、下記の「開催概要」をご覧いただき、専用サイトより、ダンスパフォーマンス動画(エントリー動画)をご送付いただくことでエントリーが可能です。
また、新型コロナウィルスの影響で、全国の高等学校での部活動等に制限が生じていること等を鑑み、本大会のエントリー受付期間を1か月程度延長し、10月30日(金)”から“11月25日(水)”に変更します。

なお、本大会への参加に当たっては、各学校の部活動等において、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、「令和2年度における小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校における教育活動の再開について(通知)」(令和2年3月24日文部科学省元文科初第1780号)や、同通知別添「Ⅰ.新型コロナウィルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」をはじめ、各都道府県や市町村等において定められたガイドライン等に従って、感染防止対策を徹底した活動をお願いいたします。

<開催概要>
主 催 : 環境省
○協 力 : 一般社団法人 全日本高等学校ダンス連盟
       一般社団法人 ダンス教育進行連盟JDAC
○受付期間:7月3日(金)~11月25日(水)24:00まで
○参加費 :無 料
○要 件 :全国の高校1年生~3年生(2人~12人で構成され たSmallチーム※)
(※「新人賞」は高校1年生のみで構成されたチームが対象となります。)
○テーマ :“限りある資源を未来につなぐ。今、僕らにできること。”をキーメッセージとした
“Re-Style”と“3R”や“限りある資源の大切さ”
〇条 件 :① 環境省 Re-Style ソング“巡り循った環の中に”を課題曲とする(※1)
      ②「資源の大切さ」「3R」をテーマとしたダンスパフォーマンス(※2)
      ③ パフォーマンスのタイトル(10文字以内)(※3)
                 (※1.課題曲は、以下のいずれかによるものとします。
                  ・環境省が提供するダンスリミックス曲を使用または編曲して活用する
                  ・課題曲を自ら編曲した3分以内のダンスリミックス曲を活用する)
                  (※2.ダンスのジャンルは問いません。)
                  (※3.テーマをどう表現したか10文字のタイトルで表してください。漢字、片仮名、平仮名、
                     アルファベット、数字の使用を可とします。)
○一次審査:12月頃を予定
○各  賞 :・グランプリ(優勝=環境大臣賞、2021年大会キービジュアル等)
                 ・新人賞(1年生のみのチームの中でのグランプリ)
                 ・準優勝
                 ・第3位
                 ・メッセージ賞(テーマ表現に優れたチーム)
                 ・その他部門賞(テーマ賞、テクニック賞、ストーリー賞、オリジナル賞等)

【環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020大会】
 ※詳細はこちら⇒https://kankyo-kokosei.jp/dance2020/

【お問合せ先】
<全国高等学校COOLCHOICE漫画グランプリ2020事務局>
 リトルスタジオインク株式会社内
 電 話: 03-5784-2658
 E-Mail: kankyo-manga@little-studios.co.jp


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リトルスタジオインク株式会社 >
  3. “環境大臣杯 全国高等学校 Re-Style DANCE CUP!2020” 今年の"決勝の舞台”は渋谷だ!2021年1月31日(日)全国大会開催決定!エントリー受付11月25日まで!