株式会社フジサワが関越交通株式会社の高速バス車両に接触感染対策として光触媒コーティングを導入

利用者の不安感を軽減し、安心・安全なバス移動を取り戻すために

建物・設備メンテナンスや接触感染対策『ウィルストップ』を提供する株式会社フジサワ(群馬県前橋市 / 代表:藤澤 星)は、群馬県内にて各種バス事業を展開する関越交通株式会社(群馬県渋川市 / 取締役社長:佐藤 俊也)が大型バス車両の接触感染対策強化のため、「光触媒コーティング」を採用したことをお知らせ致します。

 

 

【リリース背景】
新型コロナウィルス感染症により、2021年2月現在においても修学旅行や出張に伴う長距離移動需要が減少し、未だその回復見込みは立っておりません。特に大型バスはある程度密接した状態で着席せざるを得ないこともあり、飛沫感染リスクが高いという印象を持たれることから、各社がそれぞれ感染症対策を実施するだけでなく、バス車内の換気性能などをアピールしています。しかし、あくまでもそれは「飛沫感染対策」であり、手指消毒などの「接触感染対策」は別途実施する必要があります。

大型バスは座席シートや肘掛け、荷物網棚の表面など、利用者が接触する可能性のある箇所が多く、それら表面をガイドラインに沿って完全に消毒することは困難です。また、座席シートは布製であるため、拭き取り作業を行うことができない問題もあります。そこで関越交通株式会社は、高速バス事業として運行している大型バスの感染対策強化を検討する中で、フジサワが提供する「光触媒コーティング(製品名「アリテラスIC:日本ナノテック株式会社製」)」を採用することを決定致しました。

車内掲載用ポスター・光触媒コーティングの様子車内掲載用ポスター・光触媒コーティングの様子

【光触媒コーティングの特徴 / メリット】
  1. 布製品だけでなくプラスチック、金属表面などにもコーティングすることが可能であり、光が当たることで「抗菌・抗ウィルス効果」を発揮します。
  2. 基本的に光触媒コーティングは無色透明・無臭であり、コーティング後は自動的に「抗菌・抗ウィルス効果」を発揮し続けるため、消毒作業などと比較すると費用対効果の高い対策です。
  3. 東京工業大学などによって、可視光応答型光触媒の抗菌・抗ウィルス効果に関する共同研究が実施されております。また、光触媒工業会による性能判定基準が制定されており、認証制度に基づいた製品選定を行うことができます。

なお、関越交通株式会社はフジサワが提供する「漆喰抗ウィルスシート(製品名「接触感染対策シート:関西ペイント株式会社製」)」を、全路線バス車両に既に採用しています。

〈参考:株式会社フジサワが関越交通株式会社の路線バス事業への接触感染対策の導入を支援〉
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000060310.html

【今後の展開】
バスに限らず、不特定多数の人が空間を共有する公共交通機関は、新型コロナウィルス感染症によってそのイメージが悪化してしまい、その需要を回復するに至っていません。しかしながら、超高齢化社会や気候変動対策を背景にコンパクトシティを目指す長期的な方向性においては、公共交通機関が果たす役割は大きく、公共交通機関を安心・安全に存続させる必要があります。フジサワは接触感染対策パッケージ「ウィルストップ」のご提供を通じて、安心して公共交通機関を利用できる環境作りに貢献することで、感染症対策だけでなく全社会的な課題解決を目指します。この目標のため、今後は群馬県内の公共交通事業者への営業活動を強化するだけでなく、公共交通機関に関わる様々な事業者とのアライアンス構築に注力致します。

【接触感染対策パッケージ『ウィルストップ』の概要】
フジサワの接触感染症対策パッケージ「ウィルストップ」は、「光触媒コーティング」「抗ウィルスシート」を組み合わせ、屋内のハイタッチサーフェス(高頻度接触表面)を抗菌・抗ウィルス化します。衛生管理作業が軽減できることにより、スタッフの工数削減に繋がり、衛生管理コストアップを抑制するだけでなく、スタッフやお客様に安心感を与えることができます。

 詳しくは、以下のサービスサイトをご確認下さい。
https://www.fujisawacorp.jp/virustop/https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000060310.html

〈注意事項〉
*2つの技術は抗ウィルス機能を有しますが、確実な感染予防を保証するものではありません。必ず他の対策と組み合わせることを推奨致します

【会社概要】
■社名:株式会社フジサワ(https://fujisawacorp.jp
■本社:〒371-0023 群馬県前橋市本町1-10-3
■代表者:代表取締役 / 藤澤 星
■創業:1923年
■事業内容
・建物メンテナンス(工場 / 倉庫 / ビル)
・インフラメンテナンス(橋梁 / 水力発電所 など)
・個人住宅メンテナンス
・感染症対策パッケージ「ウィルストップ」
■所属団体:一般社団法人日本塗装工業会 / 群馬県塗装看板協同組合 / 光触媒工業会

【お問い合わせ】
■株式会社フジサワ
■新事業推進部:一倉 / 松村
■TEL:050-3138-2630
■MAIL:virustop@fujisawacorp.jp
*取材やお問い合わせについて、お気軽にお申し付け下さい

【導入会社概要】
■社名:関越交通株式会社(https://kan-etsu.net/
■本社:〒377-0002 群馬県渋川市中村字中島608番地1
■代表者:取締役社長 / 佐藤 俊也
■設立:1953年
■事業内容
・一般乗用旅客自動車運送事業
・一般貸切旅客自動車運送事業
・一般乗合旅客自動車運送事業
・特定旅客自動車運送事業
・その他業務
■所属団体:公益社団法人日本バス協会 / 一般社団法人群馬県バス協会
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フジサワ >
  3. 株式会社フジサワが関越交通株式会社の高速バス車両に接触感染対策として光触媒コーティングを導入