PROINSO 太陽光発電の開発においてフィリピンのSolar WeekでBest Solar Project of the Year含む3部門を受賞!

ECOLOGICAが日本国内総代理店を務める「PROINSO」が、マニラにある393.6kWpのソーラールーフトップ開発で、フィリピンのSOLAR WEEK LEADERSHIP AWARDS 2021の3部門を受賞。さらにグローバルで太陽光発電システムの実績と評価を高める
株式会社ECOLOGICA (本社:東京都千代田区、代表取締役:伊集院 誠、以下 エコロジカ:ECOLOGICA) は、このたび、日本国内総代理店を務める先のPROINSOグループ(本社:英国)が、マニラにある393.6kWpのソーラールーフトップ開発で、フィリピンのSOLAR WEEK LEADERSHIP AWARDS 2021において、下記の賞を受賞いたしましたので、お知らせいたします。
 


 PROINSO受賞 プレスルームURL
https://www.proinso.net/news-room/2021/12/02/proinso-winner-of-the-philippines-solar-week-leadership-awards-2021/

■ 「PHILIPPNES - Best Solar Project of the year」をふくむ3部門

・Best Solar Project of the Year
・Solar Company of the Year: Consultancy
・Solar Company of the Year: Developer
 



このたびの「Best Solar Project of the year」をふくむ3部門を受賞した事案は、マニラにある393.6kWpのソーラールーフトップ開発で、「10 Public Schools powered with solar energy in Manila」と名付けられています。
このプロジェクトは、フィリピン政府が表明している「2040年までに20GWの再生可能エネルギーを導入し、2030年までに再生可能エネルギーのシェアを35%にする」という目標を反映したものです。

PROINSOは、RACATECH社およびBUILDERS CORP社と共同で、各ビルに必要な電力をすべて発電するプロジェクトを担当しました。ビルの屋上の開発を合わせると、マニラの公共施設向けの太陽光発電システムとしては最も大規模なものとなり、総発電量は393.6kWpとなります。すべての屋上には、SMA社の技術、Jinko Solar社のパネル、Clenergy社の架台が設置されています。

このシステムは、年間1,189トン以上のCO2排出量を削減するとともに、環境保護(52,417本の木を新たに植えるのに相当)、大気汚染の軽減、生活の質と健康の向上に貢献するものです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

PROINSO Japan - Managing Director/ECOLOGICA 代表取締役・CEO     伊集院 誠 のコメントです。 


PROINSOグループは、全ての計画、現地工事から保守メンテナンスまでワンストップで対応いたします。再生可能エネルギー分野においては、グローバルメーカーや食品加工業など、海外の拠点で事業運営をしている企業に幅広くサービスの提供をしております。

今回の「PHILIPPNES - Best Solar Project of the year」をふくむ3部門の受賞は、PROINSOの大規模かつグローバルな太陽光発電システム開発の評価として、たいへん誇りに思います。

今後、日本国内においても PROINSOならびにECOLOGICAが主体となって、国内企業の海外拠点における再エネ電力の調達で課題となる「再エネ由来の電力使用」・「コスト削減」・「持続可能な目標達成」を解決する、海外工場向けPPAモデルによる太陽光発電の導入をお手伝いしてまいります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

国内企業向け再エネ電力調達のための海外工場向けPPAモデルの詳細については、対象となる国や地域にある海外拠点の事情を承りながら、丁寧に企業様の取り組みをお聴きして最善のご提案ができるよう、個別相談の形式で行わせていただきます。

■相談に関する窓口
PROINSO Japan/株式会社ECOLOGICA 環境ソリューション事業部
info@ecologica.co.jp

以上



■ 株式会社ECOLOGICAについて

・本社所在地    〒100-0005  東京都千代田区丸の内1-8-2   鉄鋼ビルディング4階
・法人設立   2012 年12月(2020年4月社名変更)
・代 表 者   代表取締役  伊集院 誠
・事業内容
   ― 太陽光発電支援事業 Worldwide Solar Energy
    (グローバル拠点における太陽光発電の開発ならびにCorporate PPAモデル導入)
   ― カーボンニュートラル支援事業 Carbon Neutral Support
    (企業の温室効果ガス排出量測定、削減支援ならびにカーボンオフセット推進)
   ― 環境経営向けビジネスメディアの運営事業
    (NET ZERO NOW https://netzeronow.jp/

・URL     https:// ecologica.co.jp
・Twitterタイムライン  @ ecologica_japan

■  PROINSOについて

PROINSOグループは、世界110カ国でグローバルに太陽光発電事業を展開する専門商社です。世界6大陸20カ国以上に事業所を完備し、優良企業や公的機関に対して累計9GWを超えるプロジェクト開発を提供し、15年以上の発電事業を確立してきました。
その業績が評価され、2018年には、ビジネスの成功に対する英国の最高の称賛である「クイーンズ・アワード国際貿易企業」を受賞しました。
計画、設計、調達、施工、監視、保守メンテナンス、フィナンシャルアレンジメントなど、プロジェクト開発から連系後の管理まで、一連の設備運営に必要なサービスをワンストップで、世界中のお客様に提供しています。

 
・参考資料

■ フィリピンのSOLAR WEEK LEADERSHIP AWARDS 2021 について

「フィリピン・ソーラーウィーク・リーダーシップ・アワード2021」は、フィリピンのソーラー産業における最高のパフォーマーと達成者を表彰する名誉ある賞です。
この賞では、ソーラー業界で顕著な実績を示し、地域や世界でソーラーエネルギーの利用を促進させた企業のリーダー、プロジェクト、製品を対象としています。過去1年間に業界で行われた最高の取引、プロジェクト、イノベーションの卓越性、革新性、決意を評価するものです。

■ フィリピンのエネルギー事情

フィリピンのエネルギー計画(PEP)では、2040年までに自然エネルギーを2,000万kW、2030年までに1,500万kW(自然エネルギーのシェア35%)の目標を掲げています。
現在、約120万kWの太陽光発電設備が設置されています。また、政府は2030年までに二酸化炭素の排出量を70%削減することを約束しています。フィリピンのルーフトップ市場は活発です。ショッピングモール、学校、冷凍倉庫、工場など、直接消費するための太陽光発電システムは、許可が取りやすいこともあり、増加しています。

■  PPA モデルについて

PPAとは、Power Purchase Agreement(自家消費電力購入契約)のことをいいます。PPAモデルは、ファンド出資のSPC(特別目的会社)が事業社の工場屋根に太陽光発電設備を設置および所有をするモデルです。
費用は保守・運営費用含め全額SPCが負担します。工場(事業社)は電力購入契約のみでCO2削減と電気料金の軽減が実現可能です。再エネの電力調達を目的に、海外工場の屋根をSPC側に貸与することで、工場側はそのすべての電力を使用することができます(自家消費)。
また、複数の海外工場を有する企業では、環境経営部署がある日本本社から海外工場拠点のPPAを一元化して進めることが可能です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ECOLOGICA >
  3. PROINSO 太陽光発電の開発においてフィリピンのSolar WeekでBest Solar Project of the Year含む3部門を受賞!