ユビ電、WeCharge [ウィーチャージ] 電気自動車充電サービスを6月10日から正式サービス開始

IoT技術を応用したWeCharge電気自動車充電サービスが6月10日から全車種に対応し正式サービス開始。WeChargeアプリから、その場ですぐに充電を開始。充電スポット拡充へ向けて自宅マンション、勤務先などの導入サポートも実施中。また、ホテル旅館、商業施設、空港などでの充電スポットを拡充し、駐車時間を味方にする充電サービスを創出します。
ユビ電株式会社(本社: 東京都渋谷区 代表取締役: ⼭⼝ 典男 以下、ユビ電)は、WeCharge [ウィーチャージ] 電気自動車充電サービスを6月10日から全車種(全ての電気自動車・プラグインハイブリッド車)対応の正式サービスとして開始します。WeCharge HUBを導入した初の充電スポットを福島県の会津若松東山温泉2ヶ所に導入し、電気自動車で訪れる宿泊者に充電サービスを提供します。正式サービス開始後、全国のマンションや大学、商業施設等にWeCharge充電スポットを順次設置していきます。新しく設置される充電スポットは、WeChargeアプリや、WeChargeサービスサイトにてご確認ください。
 

 

充電を開始するには事前手続きなどは必要なく、WeChargeアプリと車載充電ケーブル、そしてアプリに車検証とクレジットカードを登録すれば、その場ですぐに充電できます。東山温泉に導入している充電設備は200Vコンセントとなり、ホテル旅館に16時頃にチェックインし翌朝10時頃にチェックアウトするモデルケースでは、普通充電18時間で凡そ55kWhの充電が可能です。東山温泉でゆっくり心と身体を充電すると同時に、電気自動車も300〜400km近く走行できる電気を充電できます。

WeCharge HUBのIoT技術により、充電設備の中でも最も安価な装置の一つであるEVコンセント(主に200V)を、WeCharge HUB 1台で最大8コンセント遠隔制御でON・OFFし、従来の充電設備と比べて初期費用を抑えた設置が可能です。また充電設備の課金運用費や通信費も無料としているので、月々のランニングコストは電気代のみとなります。この電気代についても手数料無料で充電設備設置者に半年に一回、返戻することで実質的にランニングコストもかかりません。モビリティが電動化する今日の世界において、充電環境を整備することはマンションにあっては居住者に対して、施設にあっては来訪者に対して施設の魅力を高めるだけではなく、施設駐車場の利便性向上をもたらします。

WeChargeWeCharge

ユビ電は、会津若松東山温泉を皮切りに、マンション、ホテル旅館、商業施設、空港など向こう5年間で5万口の充電スポットの拡充を目指し、新しい社会インフラであるIoT型充電設備の普及を進めていきます。IoT技術でシンプルに社会課題を解決し、駐車時間を味方にする充電サービスを創出します。いつでもどこでも「じぶんの電気」を使える電力環境づくりを目指すユビ電は、これからもモビリティとエネルギーの融合領域においてさらにビジネスを加速していきます。

会津若松東山温泉のWeCharge充電スポットは次のとおりで、WeChargeアプリでご確認ください。

 

 

東山温泉観光協会東山温泉観光協会

 

今昔亭今昔亭

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユビ電株式会社 >
  3. ユビ電、WeCharge [ウィーチャージ] 電気自動車充電サービスを6月10日から正式サービス開始