【ダイナミックマップ基盤株式会社】三井物産株式会社による出資について

ダイナミックマップ基盤株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:稲畑 廣行、以下「当社」)は、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀 健一、以下「三井物産」)に対して第三者割当増資を行いました。

当社は、自動運転(以下「AD*」)システム、並びに高度先進運転支援システム(以下「ADAS*」)の普及が本格化する市場動向を受け、グローバルに高精度3次元地図データ(以下「HD*マップ」)の整備を進めております。また、当社のHDマップはAD/ADASでの利用のみならず、MaaS、インフラ管理、防災減災、AR*/VR*といった幅広いシーンでの利用ニーズが高まっており、将来の都市空間の位置情報基盤となるデータとして期待を集めております。

今回、当社がグローバルで整備を進めるHDマップを用いた上記の様々なアプリケーションの開発及び顧客の開拓を連携して進めてきた三井物産に株主として参画頂き、国内外においてデジタルインフラデータを提供する企業としての地位を確立して参ります。

*AD: Autonomous Driving  *ADAS: Advanced Driver-Assistance Systems
*HD: High Definition      *AR: Augmented Reality*VR: Virtual Reality
*VR: Virtual Reality
 



高精度3次元地図データ(HDマップ) イメージ


<ダイナミックマップ基盤株式会社について>
設立:2016年6月(2017年6月に事業会社に移行)
本社:東京都中央区
代表者:稲畑 廣行
事業内容:高精度3次元地図データの研究・開発・実証及び提供
企業URL:https://www.dynamic-maps.co.jp/

<三井物産株式会社について>
設立:1947年7月
本社:東京都千代田区
代表者:堀 健一
事業内容: 金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、鉄鋼製品、食料、流通事業、ウェルネス事業、ICT事業、コーポレートディベロップメントの各分野において、全世界に広がる営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダイナミックマップ基盤株式会社 >
  3. 【ダイナミックマップ基盤株式会社】三井物産株式会社による出資について