新電元工業、EV用急速充電器「SDQC2F90シリーズ」、ラインナップ拡充のお知らせ

~幅広いニーズに対応~

新電元工業株式会社は、EV用急速充電器SDQC2F90シリーズにおいて、「SDQC2F90ET4415-M」の販売を開始しました。
本機種が株式会社エネゲートの提供するエコQ電®に対応したことで、EV用急速充電器における国内主要ネットワークベンダー三社がラインナップにそろいました。

◆詳細はこちら:
https://www.shindengen.co.jp/products/new/2021/ev2f90e.html

■ 概要
地球温暖化対策の観点から、走行中にCO2や排気ガスを出さないEVが注目を集めています。その普及拡大に向けては、充電環境の整備(充電スポットの設置等)が重要な課題のひとつとなっています。
現在、日本国内においては、約8,000箇所に急速充電器が設置され、今後も様々な場所に普及拡大することが見込まれています。公共施設、商業施設、自動車販売店などの設置場所により、採用される通信ネットワークサービスに傾向の違いがあります。
従来、SDQC2F90シリーズは、日本ユニシス株式会社、ジャパンチャージネットワーク株式会社の2社が提供する通信ネットワークサービスに対応していましたが、本機種が株式会社エネゲートの提供するエコQ電®に対応したことで、EV用急速充電器における国内主要ネットワークベンダー三社がラインナップにそろいました。これにより充電設備の設置・運用者は幅広いニーズに適した通信ネットワークサービスを選択することができます。

■ SDQC2F90シリーズラインナップ

■ 新製品(SDQC2F90ET4415-M)の特長
 1:認証・課金機内蔵
  ・別置きの課金機が不要となることで省スペース化、工事費の削減が可能。
 2:4G通信
  ・通信品質の向上と今後迎える3G 停波においても継続使用が可能。

■ SDQC2F90シリーズの特長
 1:大出力 ※1
  ・一般的に普及している充電器(50kW)と比較して、1.8倍となる最大90kW出力が可能。
 2:マルチアウトレット(2出力) ※2
  ・充電器1基で2台の車両への同時充電が可能。
 3:EV用急速充電器における国内主要ネットワークベンダー三社に対応
  ・充電設備の設置・運用者の幅広いニーズに対応。

※1:EVの仕様や周囲温度など諸条件により充電される電力量は変動します。
※2:型式末尾“-M”の場合。

■ 新電元工業株式会社について
新電元工業は、1949年の設立以来、パワー半導体やスイッチング電源などパワーエレクトロニクスを主な事業領域として、独創的な技術を活かした数多くの製品を開発し、世界各国のお客様の期待と信頼にお応えしてきました。
これからも半導体技術、回路技術、実装技術を併せ持つ世界でも稀なメーカーとしてコア技術を融合し、発展・応用させていくことで、持続可能な社会の実現の一翼を担う製品をご提供していきます。詳細については新電元工業のウェブサイト(https://www.shindengen.co.jp/)をご覧ください。

■ お客様からのお問い合わせ先
新電元工業株式会社 営業統括部 販売促進課
 ps-sales@shindengen.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新電元工業株式会社 >
  3. 新電元工業、EV用急速充電器「SDQC2F90シリーズ」、ラインナップ拡充のお知らせ