MeeTruck、ドライバーの拘束時間管理機能を業務支援サービスに追加

~過労運転防止のための時間管理を、よりわかりやすく~

MeeTruck株式会社(ミートラック、本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:横井 直樹、以下「MeeTruck」)は、MeeTruckが提供する物流事業者向け業務支援サービスにおいて、ドライバーの拘束時間管理機能の提供を開始いたしました。MeeTruckは、2020年10月からトラック運送事業者向けに配車表の作成や、スマホアプリでドライバーへの情報共有を可能にする業務支援サービスを提供しております。今回新たに提供する拘束時間管理機能は、各ドライバーの拘束時間を自動計算し、過労運転防止のために定められたルールに適合しているかどうかを視覚的にわかりやすく表示することで、ルールに適合した配車を行うことができるよう業務のサポートをいたします。MeeTruckは、企業のさらなる業務効率化に貢献し、物流業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援します。
貨物自動車運送(トラック運送)事業者は、出退勤の時刻が毎日変わり、不規則な勤務になりがちなドライバーの過労運転を防止するため、国が定める基準に従ってドライバーの勤務時間や乗務時間を管理する必要があります。ただ、「一日の拘束時間」は始業時刻から起算した24時間における拘束時間とされるため、翌日の始業時刻によっては拘束時間を重複してカウントしなければならない場合が生ずるなど、日々の忙しい配車業務と合わせて正しく計算することは容易ではありません。

MeeTruckが提供するドライバーの拘束時間管理機能では、Webアプリ上に各ドライバーの始業時刻、終業時刻、休憩時間等を入力することにより、国が定める基準に適合した仕事の割り振りをしているか、視覚的に容易に把握することができます。
・ドライバーごとの拘束時間を集計し、グラフで表示することができます
・予め設定した月の累計拘束時間を超えると、グラフが赤くなって警告します
・入力画面上でも、始業時刻から起算した24時間における拘束時間の制限や、終業から次の始業までの休息時間の下限等の基準に抵触をすると、警告を表示します
・「この案件を、このドライバーに割り振ると、基準に抵触するか」を判断するために、先の日付の予定を入力することでシミュレーションをしていただくこともできます。
・「管理表」としてExcelファイルに出力することもできます。

 

【拘束時間管理機能・一覧画面イメージ】


【拘束時間管理機能・ドライバーごとの詳細表示・入力画面イメージ】

MeeTruckは、これからも、サービス利用者の要望を基に柔軟かつ継続的にサービス開発・改善を行ってまいります。

<MeeTruckの事業に関する法人のお客さまからの問い合わせ先>
https://www.meetruck.co.jp/contact/

■MeeTruck株式会社の概要
・ 会社名:MeeTruck株式会社 (英文社名)MeeTruck K. K. 
・ 代表者:代表取締役社長 兼 CEO 横井 直樹
・ 株主構成:ソフトバンク株式会社 51%、日本通運株式会社 49%
・ 事業内容:物流事業者向けアプリケーションサービスの開発・販売
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MeeTruck株式会社 >
  3. MeeTruck、ドライバーの拘束時間管理機能を業務支援サービスに追加