3月12日から、ユニクロとジーユーの商品を、おトクな価格で販売

商品価格を、総額表示に統一します

 
ファーストリテイリンググループのブランドであるユニクロとジーユーは、総額表示に関する特別措置法が今年3月31日(水)で終了するのに先駆け、3月12日(金)から、すべての商品価格を総額表示に変更し、これまでの商品本体価格を、そのまま消費税込みの価格にすることにしました。現在(※)の価格と比較して、約9%おトクな価格になります。
 
 タグやオンラインストアに表示される商品価格は、すべて消費税込みの価格で、表示金額をそのままお支払いいただくことで、余分な計算なく、お買い物することができます。

 ファーストリテイリンググループは、人々の生活をより豊かに、より快適に変えていく究極の普段着“LifeWear”をコンセプトとして掲げています。新型コロナウイルス感染症により、多くのお客様がこれまで経験したことのない苦しい思いをされている中でも、ユニクロをはじめとするファーストリテイリンググループの服をお買い求めいただき、私たちを支えてくださっているということを、改めて実感しました。これからも、お客様の毎日の生活に寄り添い、生活になくてはならない服、“LifeWear”であり続けるために、私たちはこれからも、お客様のお求めやすい価格で販売していきます。
 
 株式会社ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長 柳井 正は、「私たちは、できるだけ多くの商品の価格をそのままに、消費税込みのお求めやすい価格で販売し、お客様の生活に寄りそっていきたいと思います。これからもLifeWearをご提供し、服の領域で社会を支えるインフラ企業になりたいと思っています。これが我々の使命であり、存在意義です」と述べています。

※2021年3月4日現在

<総額表示 ユニクロ商品のタグ表記例>

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファーストリテイリング >
  3. 3月12日から、ユニクロとジーユーの商品を、おトクな価格で販売