総合商社8社などに加え、新たにメーカー・公的機関等が参加し40社に拡大。新「貿易コンソーシアム」がトレードワルツ社を事務局として発足

5月25日から新規会員も募集開始

 貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz」を運営する株式会社トレードワルツ(以下:トレードワルツ)は、2017年から株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)が事務局として運営してきた旧「貿易コンソーシアム」の理念を受け継ぎ、発展する形で、業界横断の40社とともに、新「貿易コンソーシアム」を発足しました。また、5月25日から新規会員募集も開始しました。

 

■プラットフォーム構築を目指した 旧 貿易コンソーシアムの活動

 世界中の貿易業務において、個社・業態ごとのシステム化は進んできていますが、それぞれが独立した状態であることから、企業や業態を跨ぐ情報連携はFAXや電子メールなど書面による手続きが中心であり、多くの人手を介して行われることが多く、貿易にかかるサプライチェーン全体の効率化の実現が課題となっていました。

 こうした課題をブロックチェーン技術で改善すべく、2017年8月30日にNTTデータを事務局として、13社の貿易実務者と共に「ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携基盤実現に向けたコンソーシアム(通称:貿易コンソーシアム)」が立ち上がりました。2021年3月末までの4年弱の活動を通じ、国内外でのPoCや法改正に向けた働きかけを続け、貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz」の構築と運営会社トレードワルツの設立といった成果を生み出すことができました。

■貿易電子化普及へ向けた、新 貿易コンソーシアムの活動
 今後は生み出した貿易情報連携プラットフォームを軸に据えつつ、社会に普及させていくフェーズに入っていくため、これまでの旧「貿易コンソーシアム」を発展的に解消し、2021年4月にトレードワルツを事務局として「貿易情報連携効率化・普及に向けたコンソーシアム(通称:貿易コンソーシアム)」を立ち上げました。
 会員企業には、当初より参加している商社、銀行、保険会社、物流会社、船会社の他、新たにメーカー、ITベンダー、公的機関が加わるなど、規模を拡大しての発足となります。

 

<会員企業 40社> 2021.5.25時点・五十音順・敬称略

伊藤忠商事株式会社 / 井本商運株式会社 / 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ / 株式会社オービック
株式会社エフ・ビー・エス / 兼松株式会社 / 関西総合システム株式会社 /株式会社近鉄エクスプレス /
株式会社Shippio / 株式会社商工組合中央金庫 / 商船三井ロジスティクス株式会社 /
株式会社STANDAGE / 住友商事株式会社 / 株式会社Zenport / 双日株式会社 /
双日ロジスティクス株式会社 / 損害保険ジャパン株式会社 / 東京海上日動火災保険株式会社 /
豊田通商株式会社 / 西日本鉄道株式会社 / 株式会社日新 /
一般財団法人日本貿易関係手続簡易化協会(JASTPRO)/  株式会社日本貿易保険(NEXI)/
日本郵船株式会社 / 株式会社バイナル / 阪和興業株式会社 /
株式会社日立物流バンテックフォワーディング / 富士フイルムホールディングス株式会社 /
株式会社ブルボン / 丸全昭和運輸株式会社 / 丸紅株式会社 / 株式会社みずほ銀行 /
三井住友海上火災保険株式会社 / 株式会社三井住友銀行 / 三井物産株式会社 /
三菱ケミカル物流株式会社 / 三菱商事株式会社 / 三菱商事プラスチック株式会社 /
株式会社三菱UFJ銀行 / 輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社(NACCS)

 


当コンソーシアムでの活動は下記を予定しております。
・船荷証券電子化の法改正に向けた活動(*1)
– 座長:新谷 哲之介 (東京海上日動火災保険会社 海上業務部貨物業務グループ 専門次長)
– 副座長:横山 洋平 (住友商事株式会社 物流インフラ事業本部 戦略企画・DX推進チーム チームリーダー)
・原産地証明書の電子化 および 各国税関連携に向けた活動
– 座長:久保岡 宏之 (株式会社トレードワルツ 取締役COO ※豊田通商株式会社より出向)
・電子帳簿保存法対応の推進 と 各国政府・グローバルプラットフォーマーとの連携検討
– 座長:染谷 悟 (株式会社トレードワルツ 取締役CEO室長 ※三菱商事株式会社より出向)
・貿易現場の課題共有・サービス普及に向けた活動、その他
*1) 船荷証券電子化の法改正に向け、内閣府や法務省との議論を始めています。
https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kisei/meeting/wg/toushi/20210119/agenda.html

 コロナ禍でリモートワークが強く求められるようになった他、サプライチェーンの強靭化の必要性が認識された中で、当コンソーシアムは、スムーズな貿易関連業務の遂行のため必須ツールとなりつつある貿易情報連携基盤の普及を、さらに推進していきたいと考えております。
 ついては今後より多くの貿易実務者に関わって頂くべく、当コンソーシアムへの新規会員も募集致します。
 入会審査を設けさせていただいておりますが、ご興味ある企業様は、後段の問合せメールアドレスから事務局(トレードワルツ)までご連絡ください。

■トレードワルツについて
【会社概要】
商号   : 株式会社トレードワルツ
代表者   : 代表取締役社長 小島 裕久
所在地   : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目2番地2号 丸の内二重橋ビルディング2階
設立   : 2020年(令和2年)4月
事業内容  : ブロックチェーンを活用した貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz(注1)」のSaaS(注2)提供
人員数 : 16名(注3)
URL    : https://www.tradewaltz.com

(注1)「TradeWaltz」は日本国内における株式会社トレードワルツの登録商標です。その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。
(注2)Software as a Serviceの略で、ユーザーがインターネット経由で必要なソフトウェア機能を利用する仕組み
(注3)現在トレードワルツは、転職サイト「ビズリーチ」にて、未来の貿易エコシステムを共につくりあげる中核メンバーも併せて募集中です。(https://www.bizreach.jp/job-feed/public-advertising/pvyk0qo/


■本件に関するお問い合わせ先(株式会社トレードワルツ)
株式会社トレードワルツ CEO室 担当:染谷、齋藤
Email:info@tradewaltz.com

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トレードワルツ >
  3. 総合商社8社などに加え、新たにメーカー・公的機関等が参加し40社に拡大。新「貿易コンソーシアム」がトレードワルツ社を事務局として発足