【Twitter応援企画プレゼント付】予定年利6%(税引前)30万円から始める不動産投資『なにわファンド第6弾・まいど3号』2月10日募集開始

ハッピーな将来をめざして資産運用にトライしまへんか?

株式会社アンビシャスホーム(所在:大阪府寝屋川市、代表取締役:伊関克剛)は、不動産小口化商品「なにわファンド第6弾・まいど3号」の募集を2月10日より開始いたします。
弊社は、大阪市内・京阪沿線を中心に幅広く、新築の分譲の企画販売・施工から各種不動産の売買並びに仲介を展開し、今年で創業32年目。「31年の実績と信頼を活かし投資家の皆様とともに地域社会の発展に貢献し利益を還元していきたい」そんな思いから2020年10月に大阪府より不動産特定共同事業の許可を受け、個人が比較的少額から出資できる「なにわファンド」を立ち上げました。

おかげさまで、『なにわファンド第1弾・まいど1号』の募集開始から1年。
これまでに5つのファンドを組成し2億円すべて完売となっています。

コツコツとブログやツイッターで発信をし、地域No.1情報サイト「枚方つーしん」「寝屋川つーしん」、産経新聞(北河内版)への掲載や、御堂筋線のつり革広告、京阪沿線の香里園駅・枚方市駅・京橋駅への看板を設置するなど地域に密着した広報活動をしてまいりました。
  • Twitterを見てご契約 33件 5,100万円
  • ホームページやブログをご覧いただいてのご契約 32件 2,810万円
  • 枚方つーしんをご覧いただいてのご契約 9件 710万円

なにわファンドは、リピーターさまが多く、ご出資者様からのご紹介も頂けるようになってまいりました。
2ファンド以上ご出資いただいている方が半数を占めています。

クラウドファンディングではなく書面契約ですので、お手続き完了までにお時間がかかるにも関らずお客様より温かいお手紙も頂戴しています。
ホームページには、これまでに頂きましたお客様のお声を掲載しておりますのでぜひご覧頂けましたら幸いです。
https://naniwa-fund.com/

 
  • Twitter応援企画
今回は、Twitterフォロワー様の商品を資料請求頂きました皆様にプレゼントいたします。
誤発注してしまい困っているというツイートを拝見し、「何かできないだろうか」との思いから企画しました。

薔夜子さまのご厚意で太陽のストラップを資料と共にお送りさせていただきます。


また日頃よりTwitterを通じて たくさんの方から励ましのお言葉をいただき、とても励みになっています。
フォロワー様のおかげでいただいたご縁も多く、今回は感謝の思いから、澤田食品株式会社様(所在:兵庫県神戸市)の商品を『まいど3号』にご出資いただいた皆様にプレゼントさせていただきます。
100万円以上ご出資いただいた方には、まいど米もプレゼント。

コロナ禍であっても、人と人とのつながりを大切に、温かなご縁がより一層広がり地域応援となれば幸いです。

 
  • まいど3号の仕組み
なにわファンド まいどシリーズは、お客様と不動産特定共同事業者である弊社と匿名組合契約を結び複数の事業参加者から出資を募り、その資金をもって不動産を取得し 主に賃貸収入から得られる利益を出資額に応じて分配するという仕組みです。

今回のまいど3号も、賃料収入を原資にご出資割合に応じて利益を還元するインカムゲイン型。
対象不動産は、2021年11月14日に売買契約済の大阪府大阪市住吉区長居にある5階建てのアパート。
2022年2月28日に決済を予定しています。
 

 

 

  • ファンド概要
【予定年利】6%(税引前)
【ファンド金額】5,000万円(弊社が1,000万円劣後出資いたします)
【募集金額】4,000万円(優先出資枠)
【出資単位】ひと口 10万円 3口から
【募集期間】2022年2月10日~完売まで
【運用期間】2022年3月1日~2024年2月29日
※但し、状況により運用期間を短縮、または最大1年間延長する場合があります。
【配当サイクル】年4回(7月・10月・1月・4月)
【元本支払い】2024年4月30日(最終分配)
【不動産鑑定評価額】5,000万円(鑑定日2022年1月31日)

ファンド詳細は、ホームページをご覧ください。
https://naniwa-fund.com/fund

※リスクについて
・なにわファンドの申込に際しては、契約成立前書面・匿名組合契約書を十分に理解した上でご契約ください。
・ 予定年利回りは、今後の利益分配を保証するものではございません。
・不動産市場の影響により不動産評価額が減少する場合等には、元本割れが生じたり、予定年利回りを下回る可能性があります。
・投資持分の価格変動リスクは、投資者に帰属します。

 
  • まいど3号のポイント

【マスターリース(賃料保証)付きで安心】
賃貸住宅への投資でもっとも懸念されるのは、経年による家賃収入の低下と空室。
2022年2月現在満室で稼働をしていますが、これから弊社で取得する物件であるため、資産管理会社とマスターリース契約(契約期間2年)を結び、一定賃料を保証することでリスクを軽減しています。
運用期間中、空室満室に関わらず一定の賃料が保証されていますので、入居者が家賃滞納した場合でも一定の賃料は保証されています。空室になる不安を感じることなく安心して収入を得ることができます。
※契約満了時に契約内容が見直しとなる場合があります。
 


収入が安定している一方、大きな収益を手にすることができないという側面がありますが、運用期間中の家賃収入やテナント料の変動がなくなるため安定した運用ができます。


【優先劣後構造で元本割れリスクを軽減】
「まいど3号」は、優先出資80%・劣後出資20%の割合で採用しています。
損失が劣後出資分までは、お客さまの出資元本に影響はしないため初心者でも安心して投資することができます。
※劣後出資分でカバーできなかった場合に、優先出資者も損失を負うことになるので元本保証ではありません。(出資法により元本の保証は禁じられています。)

  • なにわファンドの特徴
不動産業界では珍しく、ファンド組成からお客様対応、広告関係など、すべてを女性二人できめ細やかな対応をしております。
大変嬉しいことに、Twitterを見て弊社で一緒に働きたいと新卒(女性)の応募もありました。今月よりアルバイトで来てくれています。

初心者のかたにも、親しみやすく 気軽にご相談いただきたいとの思いから、Twitterで毎日情報を発信し、手書きの資料もお送りさせていただいております。ママさんアドバイザー(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士)が主婦目線でリスク等も丁寧に分かりやすく説明をいたします。

少しでも多くの方になにわファンドを知っていただければ幸いです。

お問い合わせはこちらから
https://naniwa-fund.com/info/inquiry/

資料請求はこちらから
https://naniwa-fund.com/info/contact/

ツイッターはこちらから
https://twitter.com/naniwa_fund


【会社概要】
社名:株式会社アンビシャスホーム
代表者:代表取締役 伊関 克剛
https://ambi-home.com/
本社:大阪府寝屋川市緑町3番3号101
設立:1990年10月
資本金:1億円
事業内容:
・新築分譲の企画施工
・販売・不動産売買仲介業務
・収益物件の売買・管理
・都市空間プロデュース
・土木工事、土木工事の請負及び設計施工
・不動産特定共同事業(大阪府知事許可 第15号)

なにわファンド
https://naniwa-fund.com/
専用窓口:0120-12-7281(平日10:00~17:00)
不動産特定共同事業部:担当 内藤・増田
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アンビシャスホーム >
  3. 【Twitter応援企画プレゼント付】予定年利6%(税引前)30万円から始める不動産投資『なにわファンド第6弾・まいど3号』2月10日募集開始