【Pixial Flashレポート】Instagramから見えたパラリンピック

〜メディアとしての側面と注目選手のフォロワー拡大〜

「#paralympics」で8月25日から9月5日までに投稿された計95,100件の投稿を当社のSNS分析サービスPixial®(ピクシャル)<https://pixial.ai/>で分析し、あらためて今大会を通じたInstagramのメディアとしての側面と、期間中の投稿などについてまとめてみました。
株式会社ジャパン・カレント
2021年9月9日

2021年9月5日、パラリンピックが無事閉幕しました。日本勢も含めた各国パラアスリートの活躍や、大半の人が初めて目にしたパラスポーツの魅力そのものも有り、オリンピック開幕前とは違い、取り巻く雰囲気は温かく、惜しまれながらの閉幕であったように思います。「Pixial Flashレポート」では、世界的SNSであるInstagramから、オリンピックに引き続きパラリンピックに関する投稿を分析してきましたが、今回はその総括として、「#paralympics」で8月25日から9月5日までに投稿された計95,100件の投稿を当社のPixial®(ピクシャル)で分析し、あらためて今大会を通じたInstagramのメディアとしての側面と、期間中の投稿などについてまとめてみたいと思います。

※本記事中の数値、URLリンクはいずれも調査時点のものです(調査後に各投稿の数値の増減や、投稿が削除される可能性があります)。また日付はいずれも日本標準時(JST)が基準となっております。

【全体投稿】
期間中の投稿数は8月30日がピークでした。この日は義足最速王を決める注目の男子100mT64決勝の他、競泳や陸上など多くの競技でメダルマッチが行われた事に加え、インド人選手のメダル獲得の影響により、大きく投稿数が伸びたようです。

                    #paralympicsの投稿数推移


メディア(情報発信)
Instagramは画像を中心とした体験共有型SNSというだけでなく、月間アクティブユーザーが全世界で10億人とも言われ、今や情報を伝達する「メディア」としての側面を持っています。そこでパラリンピック主催者側および
Instagram上で目立っていた主要メディアを取り上げます。

1.大会主催者側アカウント
大会主催者側に位置するアカウント一覧と主な発信内容は以下の通りです。

                       大会主催者組織公式アカウント

IOCとIPC、JOCとJPCはそれぞれ別組織ですが、IOCアカウントはIPCとともにパラリンピック競技の様子を世界へ発信し続けていました。

日本国内向けでは、メダル獲得の定型投稿が多いJPCに代わり、日本財団パラリンピックサポートセンターが、無観客かつTV中継も少ない点を憂慮し「出場する“全選手”の表情を一人残らず世の中に届ける」というチャレンジ投稿をInstagram上で展開していたことが印象的でした。​

2.各国ニュースメディア
続いて、各国のニュースメディアの投稿内容です。

                                                          各国ニュースメディアアカウント

調査過程で目立ったニュースメディアはイギリスの「BBCニュース」とドイツの「taugesschau(今日の出来事)」です。両メディアはInstagram上に多くのフォロワーがおり、パラリンピック関連でも大きな発信力を持っていました。内容もただの結果速報ではなく、ニュース記事としてキャプション(テキスト)もしっかりと記述しています。


一方、日本では、「ニュースメディアがInstagramを使って多くの人々に向けて発信する」といった活用法はまだ一般的ではないようで、パラリンピック関連で目立ったニュースアカウントはありませんでした。

なお、アメリカのニュースメディアの1つであるCNNも1,500万人以上のフォロワーを抱えるInstagramアカウントを持っていますが、調査期間中パラリンピックそのものを取り扱う投稿はありませんでした。

イギリスはパラリンピック発祥の地、ドイツはIPCの本部があるということも各国のパラリンピックに対する報道姿勢に関係しているかもしれません。

3.特定国での影響力の大きなアカウント
主催者やニュースメディアではないものの、パラリンピックを伝える上で、Instagramで大きな影響力を持ったアカウントを紹介します。

                                                         影響力の大きなアカウント(団体)

マレーシアとインドでは、それぞれの国民的なスポーツであるバドミントン、クリケットから、競技の垣根を跨いで各国のメダリストを祝福する投稿が相次ぎました。いずれのアカウントもフォロワー数が多く、パラスポーツを伝える上で両国の「国民的メディア」としても機能していました。


なお、これらのアカウントからの投稿には反響も多く、両国選手がメダルを獲得した日は「いいね数」や「コメント数」の上位をこれらのアカウント投稿が独占する傾向にありました。

また、上記団体の他には、多くのフォロワーを抱えるイタリアの現役サッカー選手、インドの元プロクリケット選手なども、同じ国のパラアスリートの活躍を称える内容を投稿しており、大きな反響がありました。

日本国内ではスポーツ競技を跨いだ投稿は見られませんでしたが、パラリンピックに関してはタレントの香取慎吾さんからの発信の影響力が最も大きく、ファンの方からの「リポスト」と呼ばれる再投稿も多くみられました。

【注目のパラアスリートアカウント
調査期間中、最も目立ったパラアスリートアカウントを紹介します。

海外選手
・ベアトリーチェ・ビオ選手(フォロワー数:120.3万人)
前回レポートでも取り上げたイタリアの車いすフェンシング代表ベアトリーチェ・ビオ選手がパラアスリートではダントツのフォロワー数を誇り、今大会で連覇を果たした後に、さらに25,000人ほどのフォロワーが増えました。金メダル獲得時の投稿は、いいね数、コメント数ともに今大会期間中ダントツのトップでした。

国内選手
・鳥海連志選手:フォロワー数4.4万人
車いすバスケットボール日本代表の今大会銀メダル獲得に大きく貢献した鳥海連志選手。元々車いすバスケットボール界では若手の注目選手でしたが、今大会の大活躍で一躍全国区の人気となり、フォロワー数も急上昇。調査期間中だけでも2万人近く増加し、その投稿へは大会前の10倍近い「いいね」が集まるようになりました。大会後の集合写真投稿に寄せられたコメント数は、日本人パラアスリートでは今大会最多となりました。


【まとめ】
Instagramは個人の写真共有SNSから始まりましたが、国際的イベントでの調査を通じて、その活用法も各国様々であることがわかりました。インドやマレーシアのように特定のスポーツのコミュニティでも、フォロワー数が多ければ多様な情報発信プラットフォームにもなり得るというのも興味深い発見です。

また、今大会を通じてパラスポーツやアスリートに興味を持った方は、是非アカウントをフォローしてみてください。視覚障害を持つアスリートでもパートナーの方と協力してアカウントを開設している方もいます。
最後に、Instagramアカウントを持つ国内パラスポーツ団体(トライアスロンは共通)を紹介して、今大会の記事の締めくくりといたします。

                                             【国内パラスポーツ団体アカウント一覧】

■Instagram投稿分析ツールPixial(ピクシャル)について
【サービス概要】
Instagram上の公開データの中から、指定したキーワード(以下、ハッシュタグ)に関するデータを利用者自ら分析できるサービスです。
Pixialのサービスの詳細は、Webサイトをご覧ください。
https://pixial.ai/

【株式会社ジャパン・カレントについて】
2015年デジタルマーケティングサービスプロバイダとして設立。以来、データ分析力やAIをはじめとする技術実装力を武器にお客様のデジタルマーケティング活動を支援しています。なお、親会社である株式会社ラックは、サイバーセキュリティ分野におけるリーディングカンパニーです。
■会社概要
所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-1 
代表者:代表取締役 北原 信之
URL:https://www.japan-current.com
事業内容:
・クラウド型ソーシャルリスニングサービス「Pixial」の提供
・大量画像データの分類および評価/分析支援
・デジタルマーケティング企画、開発および運用

*InstagramおよびカメラロゴはFacebook,Incの商標または登録商標です。
*その他本リリースに記載している会社名・団体名、製品名などは、一般に各社の登録商標または商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパン・カレント >
  3. 【Pixial Flashレポート】Instagramから見えたパラリンピック