業界初!ドローンサイバー保険の取り扱いを開始

ドローンへのサイバー攻撃や情報漏えいなど様々なリスクを補償するドローンサイバー保険

ドローンサイバー保険の提供を通じて、ドローン事業者と事故に遭われた被害者の確実な救済を実現し、ドローン産業の発展に貢献していきます。

 

エアロエントリー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:松本篤史、以下当社)は、DJI公認ドローン保険制度にてドローンサイバー保険オプションの取り扱いを本日より開始いたしました(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)。DJI公認ドローン保険はのべ23万3,000件の契約実績がある日本最大級のドローン団体保険制度です。一般的なドローン保険やDJI賠償責任保険では支払い対象外となってしまうサイバー攻撃による事故をドローンサイバー保険で補償することで、事故に遭われた被害者の確実な救済が可能となりました。
  • 背景

昨今、サイバー攻撃のリスクはすべての企業に広がっており、日本国内のネットワークに向けられたサイバー攻撃関連通信の件数は、2020年は2017年と比べて約3倍と大きく増加しています。


一方、日本国内のドローンビジネスは2025年には「6,468億円(2020年度の3.5倍)に達する」と期待されております。(出典:インプレス総合研究所ホームページ)
このような中、サイバー攻撃に伴う事故やドローンにて取得した情報が漏えいしてしまった場合の被害者への賠償責任を補償する保険を当社、三井住友海上火災保険株式会社の2社共同で開発いたしました。ドローンへのサイバー攻撃や情報漏えいを補償する保険の提供は業界で初めてとなります。
※当社調べ
 

  • ​保険の概要
ドローンサイバー保険はサイバー攻撃による墜落など様々なサイバー賠償リスクを最大1億円まで補償します。また、墜落事故だけでなくドローンにて取得した情報(機密情報や個人情報等)が外部に漏えいしてしまった場合(おそれを含みます)の被害者への損害賠償責任も最大1億円まで補償します。

操作ミス等による墜落事故の賠償責任を補償する従来のDJI賠償責任保険にオプションとして年間4,000円/1台から(プランにより異なります)ご加入いただくことができます。

保険の詳細・お申し込みはこちら https://drone.aeroentry.jp/insurance/liability


【お支払い例】

 
  • 今後の展開
当社は、ドローン事業者様のニーズに合わせた保険の提供と保険金のお支払いを通じて、ドローン事業者と事故に遭われた被害者の確実な救済を実現し、ドローン産業の発展に貢献していきます。
また、当社は保険の設計からシステムの開発、コールセンター業務に至る運用までの、提案から実施までをワンストップで提供できることを最大の強みとしています。
今後はドローンのみならず、様々な業界や分野の保険のペーパーレス化および、販促プロモーションの効率化および適正化を目指していきます。

 
  • エアロエントリーについて
エアロエントリー株式会社はインシュアテックによる販促支援を行っております。DJI公認ドローン保険や認定資格「DJICAMP」運営事務局のほか、水中ドローン保険やホームステイ保険、看護師賠償保険等、様々な業界にて保険を活用した販促支援を行っています。

会社名:エアロエントリー株式会社(AERO ENTRY Co.,Ltd.)
代表者:代表取締役 松本 篤史
所在地:103-0004 東京都中央区東日本橋2-28-4 東日本橋中央ビル5F
設立 :2015年7月
お問い合わせメールアドレス:info@aeroentry.co.jp

【コーポレートサイト】
https://aeroentry.co.jp/
【DJIドローン保険】
https://drone.aeroentry.jp/
【水中ドローン保険】
https://rov.aeroentry.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エアロエントリー株式会社 >
  3. 業界初!ドローンサイバー保険の取り扱いを開始