成績・所得不問・抽選制。理系に進む女子学生向け奨学金「STEM高校生女子奨学金」が募集期間を10/10まで延長。理系のジェンダーギャップ是正に賛同する有識者5名が選考委員に就任

一般財団法人山田進太郎D&I財団は、2021年7月より募集を開始した「STEM高校生女子奨学金」の応募締め切りを10月10日(日)に延長します。また、今回趣旨に賛同する5名の有識者に選考委員として就任頂くことが決定したのでお知らせします。



1.奨学金の締め切り延長について
当財団では、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)を推進することで、ジェンダー・人種・年齢・宗教などに関わらず、誰もが自身の能力を最大限に発揮できる社会の実現へ寄与することを目的とし、女子生徒がSTEM(理系)領域に進むことを支援するための「STEM高校生女子奨学金」を8月より募集開始しています。

当初、9月末を応募締め切りとしていましたが、緊急事態宣言の9月末までの延長の影響を鑑み、より多くの方に応募のチャンスを提供するため10/10まで受付を延長します。なお結果については合否に関わらず10月末までにお知らせする予定です。

本奨学金は給付型で返済の必要なし、成績や所得の制限もなく、オンラインのフォーム入力のみで応募が可能です。また、抽選制で誰でも平等にチャンスがある形式とすることで、多くの女子学生の方にとって理系進学を選択肢として考えるきっかけになることを目指しています。


2.選考委員の就任について
本奨学金の選考は、書類審査と抽選により行います。抽選では、当財団が掲げるミッションであるD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)などの観点から調整を行うことがあります。

選考委員の皆様には、女性がSTEM(理系)分野を進路選択していく上での現状や課題を踏まえ、D&Iの観点から選考プロセスについて見守り、助言を頂く予定です。ご専門分野のバランス等を考慮し5名の方に就任頂きました。なお、最終的な選考結果には直接的に選考委員は関与せず、機械的に抽選を行います。


■ご就任頂いた選考委員の皆様(50音順)
大隅典子氏(東北大学副学長・附属図書館長・大学院医学系研究科教授)
スプツニ子!氏(アーティスト/東京藝術大学デザイン科准教授)
高橋祥子氏(株式会社ジーンクエスト代表取締役社長/ユーグレナ執行役員)
水野雄介氏(ライフイズテック株式会社代表取締役CEO)
山崎直子氏(宇宙飛行士)

■奨学金募集概要
募集期間 2021年8月4日(水)~10月10日(日)23:59
発表時期 10月末までに抽選結果をお知らせします
対象高校 日本国内の高等学校理数科、令和3年度スーパーサイエンスハイスクール指定高等学校、または高等専門学校を受験し入学予定(中学校からの内部進学者を除く)

※参考:下記URLに学校リストを公開しています
https://www.shinfdn.org/schools2022
支給金額 国公立学校:25万円(年額)
私立学校:50万円 (年額)
支給方法と時期 2022年5月頃、指定の口座への振り込みを予定しています。最大高校在学中の3年間、高専在学中の5年間の支給です(ただし継続審査を行います)。
採用人数 最大100名程度
応募方法 下記URLにあるエントリーフォームよりオンライン応募
※成績等の書類の提出は不要です。エントリーフォームのみで完結します。

応募後の面接等はありません
https://www.shinfdn.org/scholarship2022


※ご取材を希望される場合は info@shinfdn.org までご連絡下さい

■財団概要

名称 山田進太郎D&I財団
YAMADA Shintaro D&I Foundation
設立年月日 2021年7月1日(木)
理事 設立者兼代表理事 山田進太郎(株式会社メルカリ 代表取締役CEO)
理事 宮城治男(NPO法人ETIC.創設者)
理事 末松弥奈子(株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長兼社長)
目的 ダイバーシティー&インクルージョンを推進するための事業の実施
財団サイト https://www.shinfdn.org/
お問い合わせ先 info@shinfdn.org

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人山田進太郎D&I財団 >
  3. 成績・所得不問・抽選制。理系に進む女子学生向け奨学金「STEM高校生女子奨学金」が募集期間を10/10まで延長。理系のジェンダーギャップ是正に賛同する有識者5名が選考委員に就任