【イベントレポート】住みたい田舎ランキング東北No.1の宮城県栗原市にある、個性的な店と“変な人”が集まる六日町通り商店街。その魅力と地域再生のヒントが知れるアーカイブ配信をスタート!

この5年間で新規開業する店舗が相次ぐ、六日町通り商店街をご当地タレントのワッキー貝山さんがあちこちの店を訪ね生リポートし、その魅力と起業のきっかけをご紹介しました。もちろんご当地グルメ情報も必見です。

田舎暮らしの本 2月号(宝島社発行)『2021年度版住みたい田舎ベストランキング』で東北エリア総合部門1位に輝いた宮城県栗原市。六日町通り商店街からの魅力発信と、自分の店を持ちたい移住希望者に向けたオンライン生配信番組を子育て情報誌「ままぱれ」に依頼し、11月23日に配信しました。当日配信の模様は、YouTube「ままぱれチャンネル」でアーカイブ版をご視聴いただけます。
  • 【イベントレポート】シャッター街から“ここにしかない”店と“変な人”が集まる商店街へ
この商店街の魅力と面白さを、もっと多くの人に知っていただき訪れるきっかけにして欲しい。また店を持ちたい移住希望者に新たに「シャッターを開ける人‼」になっていただきたい―。子育て情報誌「ままぱれ」(フリーペーパー)では、栗原市と六日町通り商店街に関わる人々の思いを広く全国に届けるべく、「ビッくりはらいぶ in 栗駒六日町通り商店街」として、You Tube Liveで11月23日(火・祝)に現地から生配信を行いました。

【出演者】左から舟倉薫(フリーアナウンサー)、ワッキー貝山(フリータレント)、鈴木敬(栗原市定住戦略室)

昭和レトロとして人気の古民家カフェ・かいめんこや2階の特設スタジオからは、栗原市への移住や起業支援、子育てのしやすさなどをご紹介。商店街には中継レポーターとしてご当地タレントのワッキー貝山さんが、この商店街再興の仕掛け人でもある「カフェかいめんこや」の杉浦風ノ介さんへのインタビューをはじめ、ハンドメイド作家が店を持つ夢を叶えた「ねこの森雑貨店」、風変わりな本と買う必要のない雑貨を揃えた「六日町ナマケモノ書店」、お洒落なアウトドア用品が揃う山と暮らしの道具店「Ourthing」、栗入りたい焼きが人気の「栗駒屋」を訪ね、それぞれのお店の紹介と起業した理由やきっかけを伺いました。

さらに同時進行で、その美味しさとデカ盛りで地元で人気の「和洋レストラン チロル」では、市役所職員がそれぞれナポリタンと納豆ピラフの大盛のフードマラソンにチャレンジ!盛りだくさんの90分でしたが、チャットにもコメントが数多く寄せられ、その魅力をお伝えすることが出来ました。
 
  • 起業したい方、地元の商店街を盛り立てたい方、見逃し配信をチェック!
人口減少や郊外への大型店の進出で、地元の商店街がシャッター街になることは全国的な問題かと思います。ではなぜ、栗原市の中でも交通手段が車しかない場所にある商店街のシャッターが次々と開き、何がそんなにお客様を惹きつけるのかのヒントが、六日町通り商店街には溢れていますですので、ぜひこの動画をご覧ください。
▼You Tube Live 生配信番組「ビッくりはらいぶ in 栗駒六日町通り商店街」見逃し配信はコチラ▼

 

また、自然の多いところで子育てをしたい、自分の店を持ちたいという夢を持ち、移住を考えていらっしゃる方々のために、栗原市ではオンラインの移住相談をご用意しています。その「ゆるさ」が自慢の栗原市の移住相談、まずは一度アクセスしていただき、六日町通り商店街を散策しに、栗原市に遊びに来てください。
 

  • 「ビッくりはらいぶ in 栗駒六日町通り商店街」にも出演!働き者でナマケモノ書店の店主とは?
仙台で起業支援をしていた千田昭子さんは、六日町通り商店街で「風変わりな本と買う必要のない雑貨」を揃えた「六日町ナマケモノ書店」を始めました。そのインタビューをYouTubeで公開しています。

 

  • 寄り添い系コームイン(公務員)のゆる〜い移住相談が人気沸騰中!!
栗原の移住相談はその“ゆるさ”が人気。田舎暮らしに興味のあるかた、これを読んで少しでも「栗原暮らし」に触れてみたくなったかたは、ぜひ農泊で栗原を体験しに来ていただいたり、オンライン移住相談にお申し込み下さい。

移住相談申し込みはコチラ↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdktU-8hHfO3sE_TLepay97xXHN8OiUMf45quVNdTub-kRAXw/viewform
  • 「本当の自分になれる場所」で暮らしませんか?

宮城県栗原市では2015年に定住戦略室が設けられ、移住・定住を希望する方々にゆるやかに寄り添い、オーダーメイドのアテンドやご相談に乗りながら、多くの方々に栗原に移り住んでいただきました。栗原のライフスタイルマガジン「kurihalife」では、これまでそういった方々を取材し、これから移住を希望する方々だけでなく地元の方々にも「これからの栗原」を思い描いていただく情報をお届けしてきました。

この度、これまで発行してきた「kurihalife」に新たに移住された方々のインタビューやシャッター街に続々と新しいお店が誕生している六日町通り商店街の取材も加え、11月15日に発行致しました。最新の移住支援・施策もまとめてありますので、この1冊で栗原の移住に関することがすべておわかりいただけます。

【配布場所】首都圏 みやぎ移住サポートセンター、栗原市役所、栗原市内の幼稚園・保育所・小学校・中学校・ヨークベニマル(若柳店・築館店)等、仙台市内児童館・市民センター・幼稚園・保育所・医療機関等約500ヶ所
 
  • 宮城県栗原市の見所やグルメをバイク女子がご案内
宮城県栗原市の見所やグルメをバイク女子がご案内子育て情報誌「ままぱれ」(フリーペーパー)にて読者から募集したバイク女子のママさんたちに栗原市内をバイクで走っていただき、人気スポットをご案内するママさんライダー企画動画でも、今回のライブ配信でご紹介する六日町通り商店街を訪れて頂き、築約100年の古⺠家をリノベーションした古⺠家カフェや、鎌倉とここにしかない雑貨屋、メイドイン栗駒のジーンズショップなど魅⼒的な店たちを、バイクを降りて地元グルメを味わいながら、みんなでぶらりしていますので、配信前の予習に必見です!!
 

 

  • ​宮城県栗原市でのライフスタイル WEB MAGAZINE
Marron (マロン) 
URL https://www.marron2021.com

 
  • 【お問い合わせ先】 
株式会社 メディアパレット内ままぱれ編集部
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央4-9-15-406
TEL 022-716-5012
URL https://mamapale.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 栗原市役所 >
  3. 【イベントレポート】住みたい田舎ランキング東北No.1の宮城県栗原市にある、個性的な店と“変な人”が集まる六日町通り商店街。その魅力と地域再生のヒントが知れるアーカイブ配信をスタート!