【インフラエンジニア向け】学習システムEnvaderがサブスク化

有料コースの料金体系を買い切り制からサブスク制に変更【記事末尾に、100名限定の無料クーポンあり!!】

var
2022/9/23、ITインフラをハンズオン形式で学習できるオンライン学習サービス「Envader(エンベーダー)」の料金体験が買い切り制からサブスク制に変更になりました。記事の末尾に、1ヶ月無料クーポンを添付しております。
  • Envaderとは
Envader(エンベーダー)は、LinuxやデータベースをはじめとしたITインフラの学習に特化したe-Learningサービスです。インフラエンジニア志望の方を中心に、多くのITエンジニア志望の方に利用されており、そのユーザー数は4,500人を超えています。

 

 
  • Envaderの料金体系の変更点
Envader(エンベーダー)には、無料コースと有料コースがあります。

従来の有料コースの料金体系では、1コース2,000円でした。そのため、全部で6つ(2022/9/16時点)の有料コースで学習するとなると12,000円が必要でした。

しかし、今回の料金体系変更により、すべての有料コースが月額1,980円で利用できるようになりました。有料コースの目安目標時間が合わせて150時間であるため、1日1.5~2.0時間のペースで学習すれば3ヶ月で終了する計算になります。

月額1,980円×3ヶ月=5,940円なので、従来の12,000円の半額以下ですべての有料コースを学習することができる計算になります。無料コースは今までどおり無料で利用できます。
 
  • クーポンの配布
購入時に、こちらのクーポンを入力すると、登録時より1ヶ月分、無料で利用可能です。
「WPPQILOR」

こちらのクーポンは、
・100名限定
・有効期間 9月30日23時59分
となっております。

 
  • Envaderのコース一覧
現在(2022/9/23時点)Envader(エンベーダー)では、下記のコースが学習可能となっております。

Linux基礎コース(無料): https://envader.plus/course/1
Linux応用コース(有料): https://envader.plus/course/5
LinuC Level1 Version 10.0 対策コース Part1(無料): https://envader.plus/course/11
LinuC Level1 Version 10.0 対策コース Part2(無料): https://envader.plus/course/12
データベース基礎コース(無料): https://envader.plus/course/2
データベース応用コース(有料): https://envader.plus/course/10
セキュリティ基礎コース(無料): https://envader.plus/course/3
Python環境構築コース(有料): https://envader.plus/course/8
Node.js環境構築コース(有料): https://envader.plus/course/9
Terminalカスタマイズコース(有料): https://envader.plus/course/7

【注目の問題はこちら】
https://envader.plus/course/7/scenario/1034
https://envader.plus/course/8/scenario/1076
https://envader.plus/course/8/scenario/1073
https://envader.plus/course/7/scenario/1034
https://envader.plus/course/1/scenario/1024
 
  • 運営会社・サービス
運営会社「株式会社var」: https://var.co.jp/
学習サイト「Envader」: https://envader.plus/
ITスクール「RareTECH」: https://raretech.site/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. var >
  3. 【インフラエンジニア向け】学習システムEnvaderがサブスク化