日本円ステーブルコインJPYW|公式ホームページが多言語に対応しました

英語版と中国語版を実装、海外ユーザーの利用便利に

日本円ステーブルコインのJPY World(JPYW)を発行するPassPay株式会社(東京都港区、代表取締役:北野義勝、以下「当社」)は、JPYW等を販売する当社公式ホームページの英語版および中国語版をこのほど公開したことをお知らせいたします。今回の多言語化によって、海外ユーザーの皆様はより快適に当社サービスをご利用いただけるようになりました。当社は今後も、対応言語の拡充や多言語での情報発信を進め、増加する日本円ステーブルコインに対する世界市場からのニーズに応えてまいります。


多言語対応の背景
暗号資産は、個人が持つ暗号資産のウォレットを介し、世界中いつでもどこでも自由に決済できるというボーダーレスな特徴を持っており、ブロックチェーン上で発行されている日本円ステーブルコインのJPYWもまた、こうした暗号資産の特性を備えています。JPYWの名前が示している通り、当社は設立以来、ワールドワイドな決済ソリューションの提供を標榜しており、今回の公式ホームページの多言語化は、JPYWを世界中のユーザーに利用していただくための第一歩と言えます。これと同時に、当社では暗号資産に関する専門知識を持った多言語人材の確保も進めており、海外ユーザーからのお問い合わせ等にも対応できる体制を整えています。


日本円ステーブルコインJPYWとは
JPYWは1円=1JPYWとして常に購入・利用していただけるプリペイドコインであり、資金決済法上の「自家型前払式支払手段」です。

JPYWは代表的なパブリックブロックチェーンであるイーサリアムのトークン規格「ERC20」を用いて発行されています。これによって、ブロックチェーン上で発行されたトークンとしての特性を持たせつつ、価格を日本円に連動させることで、従来の暗号資産(仮想通貨)が抱える価格変動リスクを回避しています。

■ ETHメインネットコントラクトアドレス:0x1995bCf16296aBAC90b0a9653e79DfB7082c4f90

PassPay株式会社について
PassPay株式会社は、暗号資産を実生活で利用する上での「3つの壁を“Pass(解決)”」することをミッションに掲げています。

「3つの壁」とは、大きな価格変動リスク等によって暗号資産を実生活の決済等に利用しにくいという「バーチャルとリアルの壁」、暗号資産のボーダーレスな特徴を生かしきれていない「国境の壁」、これからますます加速していくデジタル化やキャッシュレス化に対応する過渡期としての「現在と未来の壁」です。

これら3つの壁に対するソリューションの一つとして、当社では自家型前払式支払手段としての日本円ステーブルコイン「JPYW」を発行いたしました。当社は今後、JPYWの利用シーン拡大やアプリケーション開発等を通じて、人々とデジタルライフをつなぐ架け橋の構築を目指します。

会社概要
会社名:PassPay株式会社
代表取締役:北野義勝
所在地:東京都港区六本木7-7-7
設立:2022年2月28日
URL:https://www.passpay.io/

関連リンク
▼PassPay公式ホームページ 
https://www.passpay.io/ 
▼PassPay公式Twitter
https://twitter.com/passpayio
▼PassPay公式medium
https://medium.com/@passpay
▼JPYWホワイトペーパー 
https://wp.passpay.io/ 
▼JPYW購入フォーム 
https://ask.passpay.io/buy 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PassPay株式会社 >
  3. 日本円ステーブルコインJPYW|公式ホームページが多言語に対応しました