【ZATOグループ25周年】2019年4月13日(土)ドイツで超有名なビアホール ホフブロイハウスが認める『Zum BIERHOF neu 新宿東口 (ツムビアホフ ノイ)』新オープン決定

海外ビール・ワインの輸入販売、飲食運営を行う株式会社ザート商会は(ホフブロイビールの正規輸入代理店/本社:東京都港区 代表:今里尚史)2019年で25周年を迎えます。
25周年を記念し、世界一有名なドイツビアホール『ホフブロイハウス』の名物ビールが飲めるZum BIERHOF(ツムビアホフ)が、『Zum BIERHOF neu新宿東口(ツムビアホフ ノイ)』として2019年4月13日(土)に新宿ミニム7階にパワーアップしてオープンいたします。
「neu(ノイ)」※にふさわしく、新宿に訪れる女性にドイツ料理とビールを楽しんでいただくため、新しいドイツ料理の提供スタイルをご用意する予定です。※ドイツ語で「新しい」を意味する
※靖国通り沿いのツムビアホフ新宿(新宿区歌舞伎町1-16-1今宮ビル5F)も今まで通り営業しております。

 

  • ホフブロイ ミュンヘン醸造所とホフブロイハウス

南ドイツ・ミュンヘンの文化遺産 ビアホール「ホフブロイハウス」を所有する 『ホフブロイ・ミュンへン』の起源は、『バイエルン国王のためのビール』として1589年に「ホフブロイハウス(宮廷醸造所)」として創設されました。歴史は流れ、1852年バイエルン王国の消滅でホフブロイハウスは王室から離れ、バイエルン州により経営されることとなります。
ビールの都ドイツ・ミュンヘンで、200年近くの歴史を持つ世界最大のビール祭り「Oktoberfest(オクトーバーフェスト)」では42ヘクタールにも及ぶ広大な会場に、ミュンヘン市内のビール醸造所だけが巨大テントの大ビアホールを作ることができます。その数は、全部で 14棟。この祭りの公式6大ブルワリーといわれる名誉を持ち、座席数1万席を数える最大テントが『ホフブロイ・ミュンヘン』です。

 

  • ザートグループ25周年

はじまりは、ドイツで口にした1杯のビール。その独特の味わいは、芳醇で深く格別でした。その味を広めるため、港区の神谷町に1号店(現:ディヴルスト神谷町)をスタート。それから、ザートグループは(株式会社ザート商会、ワールドリカーインポーターズ株式会社、株式会社アイエムエーエンタープライズ)2019年で25周年を迎えます。
私たちは、逸品の味わいはもちろん、文化や伝統をつむぐ物語のストーリーテラーであり、異文化の提案者でありたいと思います。ヨーロッパを中心としたビールをはじめ、産地で親しまれてきた名品の数々、本物の美味しさのこだわりをひとりでも多くの方々に伝えたい。産地の人々に親しまれ愛されつづける本物を、日本でも広く知ってもらいたい。私たちは多くの人々のライフスタイルに本物の価値をお届けしてまいります。

 



【店舗概要】
店舗名 : ツムビアホフ ノイ 新宿東口
英文表記 : Zum BIERHOF neu Shinjyuku higashiguchi
業   態 : ドイツビアホール、ビアレストラン
所在地 : 〒150-0002東京都新宿区新宿3丁目26-14  新宿ミニム 7F
      新宿駅(東口)から徒歩1分 / 新宿3丁目駅(A5出口)から徒歩1分
店舗面積 : 約254㎡
席   数    : 160席(予定)
営業時間 : 平日ランチ 11:30~15:00(14:00L.O)   ディナー 17:00~23:30(22:30 L.O) 予定
                   土日祝 11:30~23:30 (22:30 L.O)予定
定  休  日    :  年中無休(施設に準じる予定)

U R L  :http://www.zato.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ザート商会 >
  3. 【ZATOグループ25周年】2019年4月13日(土)ドイツで超有名なビアホール ホフブロイハウスが認める『Zum BIERHOF neu 新宿東口 (ツムビアホフ ノイ)』新オープン決定