【速報】日本チームが快挙!世界最大級の学生ロボットコンテスト「WRO2017コスタリカ」でメダルを二つ獲得!

世界52の国や地域、300を超えるチームが参加し、プログラミングを競う場

青少年の創造性と問題解決力育成を目的に、毎年開催されているWRO(World Robot Olympiad)の2017年国際大会が、11月10日(金)から12日(日)の3日間、コスタリカ・サンホセで開催され、日本チームが見事に銅メダルを2つ獲得した。WROは、52の国や地域から計300を超えるチームが参加する世界最大級の学生ロボットコンテストであり、日本からは国内予選会から選抜された15チームが参戦した。大会最終日は3位までが表彰され、入賞結果は近日WRO国際大会のホームページにて公開を予定されている。

WRO2017コスタリカに参加した日本代表15チームWRO2017コスタリカに参加した日本代表15チーム

メダル獲得(3位以内入賞)
  • オープンカテゴリー ジュニアカテゴリー(テーマに沿ってロボットを製作し発表するオープンカテゴリー中学生部門)
  • 銅メダル(3位)「Otemon Quest」 追手門学院大手前中学校(大阪府)
 

オープンカテゴリー中学生部門で銅メダルの「Otemon Quest」追手門学院大手前中学校(大阪府))オープンカテゴリー中学生部門で銅メダルの「Otemon Quest」追手門学院大手前中学校(大阪府))

  • アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ(自律型の高度なロボットの制御を競う17歳以上の学生部門)
  • 銅メダル(3位)「Teikyo  ROBO Lab」 帝京大学(栃木県)

アドバンスド・ロボティクス・チャレンジで銅メダルの「Teikyo ROBO Lab」帝京大学(栃木県)アドバンスド・ロボティクス・チャレンジで銅メダルの「Teikyo ROBO Lab」帝京大学(栃木県)

【WRO2017コスタリカ国際大会 概要】
  • 日程:2017年11月10日(金)、11日(土)、12日(日) 
  • 会場:コスタリカ、サンホセ、Parque Viva, La Guacima Alajuel
  • 公式WEBサイト:http://www.wro2017.org/
  • 競技内容:自律型ロボットによる競技(レギュラーカテゴリー、オープンカテゴリー、アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ、フットボール)
  • 部門:小学生、中学生、高校生、高等教育機関
  • 主催:World Robot Olympiad
  • 参加国(一部):アメリカ、ドイツ、日本、イタリア、中国、ロシア、スペイン、ブラジル、インド、UAE、サウジアラビア、カタール、イラク、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、南アフリア、デンマーク等

WROコスタリカ会場WROコスタリカ会場


【日本代表チーム】
レギュラーカテゴリー(高校生)
チーム名 教育機関名
KKT+α 山梨県立甲府工業高等学校(山梨県)
YTHS E.boys 愛媛県立八幡浜工業高等学校(愛媛県)
team axis 国立富山高等専門学校(富山県)
Salt&Pepper 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校(神奈川県)

 

レギュラーカテゴリー(中学生)
チーム名 教育機関名
Roboters3 新発田市立猿橋中学校(新潟県)
Color Creators 京都市立洛星中学校、立命館中学校(京都府)
IZUMI・MIYAZAKI 宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校附属中学校(宮崎県)


レギュラーカテゴリー(小学生)

チーム名 教育機関名
ULTRA S 静岡大学附属浜松小学校(静岡県)
Space hero 立命館小学校(京都府)
Thunderbird No.1 氷見市立十二町小学校、富山市立鵜坂小学校、砺波市立砺波南部小学校(富山県)

 

オープンカテゴリー
チーム名 教育機関名
Otemon Quest 追手門学院大手前中学校(大阪府)
kashiiWPC 福岡県立香椎工業高等学校(福岡県)
FrozenBlizzard 世田谷区立中丸小学校(東京都)、横浜国立大学教育学部附属横浜小学校(神奈川県)


アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ

チーム名 教育機関名
Teikyo  ROBO Lab 帝京大学(栃木県)

 

フットボール
チーム名 教育機関名
CIAO Tezukayama 帝塚山高等学校(奈良県)


【WROとは】
WRO(World Robot Olympiad)は、シンガポールサイエンスセンターの発案により2004年に始まった国際的なロボット競技大会です。世界中の小学生から高校生までを対象に、科学技術を身近に体験できる場を提供し、創造性と問題解決力を育成することを目的に開催しています。

【WRO Japanとは】 https://www.wroj.org/
日本では、シンガポールサイエンスセンターの発案を受けて産学の有志によるWRO Japan実行委員会が組織され、2004年にスタートしました。公益財団法人科学技術振興財団(科学技術館)の協力を得て、ロボット、組込みシステムをテーマとした子どもたちの科学技術への興味意欲の向上、ものづくり人材育成を目的に活動をしています。2008年にNPO法人として新たに発足、現在に至ります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アフレル >
  3. 【速報】日本チームが快挙!世界最大級の学生ロボットコンテスト「WRO2017コスタリカ」でメダルを二つ獲得!