欧州最大のアニメイベント・フランス「ジャパンエキスポ」にてスマホゲームアプリ『DASH!!スシニンジャ』発表 

株式会社ジェンコ(東京都港区 代表・真木太郎)とエクスアーツジャパン株式会社(東京都千代田区 代表・和田昌之)およびサイバーステップ株式会社(東京都杉並区 代表・佐藤類)は、フランスで2015年7月2日から7月5日にわたって開催された欧州最大のアニメイベント「ジャパンエキスポ」で2015年7月2日、スマホ向けゲームアプリ「DASH!!スシニンジャ」の制作発表をいたしました。

 

「DASH!!スシニンジャ」は、さまざまなスシニンジャキャラクターを操作する横スクロール型のランニングアクションゲーム。選んだスシニンジャの足の速さとプレイヤーの腕が勝敗の鍵を“握り”ます。

 本アプリの開発を担当するのは、「鬼斬」「コズミックブレイク」など人気オンラインゲームを手がけるサイバーステップ。リリースは2015年11月を予定しており、ダウンロードや基本プレイは無料です(一部コンテンツ取得に課金あり)。

 制作発表では、アニメ『ソードアート・オンライン』『きんいろモザイク』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』など、数々のヒット作を手がけるジェンコの代表・真木太郎がゲストとして招かれ、たたむとにぎり寿司に見えるユニークな「スシソックス」の抽選会を含むトークショーも開催。パリのアニメファンたちも大いに盛り上がりました。

 

 
【スシニンジャについて】
株式会社ジェンコが2014年7月からWeb上で展開しているフル3DCGアニメーション。かつて存在したという最強の“スシニンジャ”を夢見る「イクラ」「マグロ」「タマゴ」の3人が、「フード・ギャラクシー」という架空の世界で、「幸せの調味料」を探しているプリンセスと共に冒険をし、仲間を集めながら本物のスシニンジャへと成長していく物語が展開される。序章が全3話で公開済み( http://www.sushininja.jp/ )。日本の文化を海外に伝えるため、Webを中心として積極的に発信しているほか、海外のアニメイベントでも上映され、好評を博している。

 

 

【株式会社ジェンコについて】
1997年に創業した、アニメーション企画プロデュース専門会社。これまで『千年女優』『のだめカンタービレ』『ソードアート・オンライン』など、多数の作品を手がけている。“心に響く”アニメ作品を送り出すだけでなく、作品プロデュースを通じて培ったノウハウを活かしながら、新たなコンテンツ・ビジネスに挑戦中。

 
【サイバーステップ株式会社について】
2000 年に創業。PC オンラインゲーム『ゲットアンプド』『鋼鉄戦記 C21』『ゲットアンプド 2』『コズミックブレイク』『鬼斬』を自社開発し、それぞれのタイトルを国内のみならず北米、台湾、韓国など各国で運営サービス中。
2014 年にはMMORPG『鬼斬』のPS4 版、Xbox One 版を続けてリリース、ポータブルオーディオワークステーション『KDJ-ONE』を発表するなど、活動の幅を広げている。

 
【エクスアーツジャパン株式会社について】
2005年1月設立。アニメ・ マンガ・ゲームビジネスに関わる企画プロデュース、アニメグッズの企画・制作および販売を主な事業内容とする企業。
「クールジャパン」と呼ばれる日本特有のコンテンツ(arts)を世界に輩出(export)することを第一に掲げている。
プロデュース代表歴として、『神田祭×ラブライブ!』『まどか☆マギカ八ッ橋』等。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェンコ >
  3. 欧州最大のアニメイベント・フランス「ジャパンエキスポ」にてスマホゲームアプリ『DASH!!スシニンジャ』発表