2016ジャパンベトナムフェスティバル 22万人で賑わう!!

ベトナム最大のジャパンベトナムフェスイベント「2016ジャパンベトナムフェスティバル(以下JVF)」が、11月19日(土)、20(日)ホーチミン市で開催されました。 <Japan Vietnam Festival 実行委員会:日本側実行委員長 武部勤(日越友好議員連盟特別顧問)、ベトナム側実行委員長 トー・フィ・ルア越日友好議員連盟会長>
今年から日越共同開催になったJVFは、日本側8省庁の後援を始め、民間企業の協賛などをもとに、ベトナム側と連携しながら創り上げられた官民一体型のイベントです。約170のブース出展、杉良太郎プロデュース「日越ミュージックショー」を始め、36団体のよるパフォーマンスなどで、両日で約22万人の方々で賑わいました(主催者発表、昨年15万人、目標18万人)。この他、観光庁/JNTO、経済産業省、農林水産省、JICA、JETROなどの連携イベントも同時開催されました。
18日の開会式には、日本側から、田中和徳自由民主党国際局長、杉良太郎日越特別大使、越日特別大使、ベトナム側から、チュオン・タン・サン前国家主席、グエン・タイン・フォン・ホーチミン市人民委員長を始め、多数の要人の方が参加されました。また期間中、岸信夫外務副大臣、橋本聖子自由民主党参議院議員会長も会場に駆けつけ、日越の子供音楽交流、スケート教室などに参加されました。
今年は初めての試みとして、ぼんおどり大会が開催され(共催:ホーチミン日本商工会)、伊藤多喜雄プロュースのオリジナル、「日越平和音頭」「日越友好囃子」も披露され、大いに盛り上がりました。また、先生の日の20日には、「先生の日」企画が開催され、多くの先生と生徒に集まって頂きました。またスポーツ交流として、村主章枝スケート教室が開催され、トヨタ自動車小塚崇彦氏も駆けつけてくれました。
次年度は第5回になるJVFですが、今年同様11月の開催を予定しています。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JVF実行委員会 >
  3. 2016ジャパンベトナムフェスティバル 22万人で賑わう!!