SUPER STUDIOがポーラ・オルビスホールディングスを引受先とした第三者割当増資を実施

自社D2Cブランド立ち上げやPOLA ORBIS CAPITALとの協業も

株式会社SUPER STUDIO(本社:東京都目黒区、代表取締役:林 紘祐、以下:SUPER STUDIO)は2020年3月に株式会社ポーラ・オルビスホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木郷史)を引受先とした第三者割当増資を実施しました。ポーラ・オルビスホールディングスが運営するコーポレートベンチャーキャピタルのPOLA ORBIS CAPITALの支援の一環で実施されたもので、今回の増資を機にSUPER STUDIO独自のD2C(※1)メーカーの運営支援を強化するだけでなく、POLA ORBIS CAPITALと協業したアクセラレーターとしての支援も展開してまいります。
第三者割当増資と協業について
 昨今世界的に感染が広がっている新型コロナ感染ウイルスの影響で企業・消費者ともにこれまでの当たり前を見直す必要が出てきました。多くの企業は働き方や消費者とのコンタクトポイント、消費者は買い物などのライフスタイルの見直しが求められています。なかでもECサイトを介して商品やサービスを提供するD2Cは非常に有効な手段であるとされており、今後ますます発展することが予想されます。

 このような状況下で、POLA ORBIS CAPITAL は市場に新たな価値をもたらすことを目指す起業家を中心に現在15社を支援しています。また、SUPER STUDIOでは、D2Cの領域でメーカーの商品企画、EC販売に関するノウハウや基幹システムを提供し、事業支援しています。

【今回の増資を機に取り組むこと】
  • D2C支援企業としてさらなる事業促進を図り、D2Cメーカーの支援を行うだけでなく、これまでも展開してきた自社ブランドの立ち上げ領域や規模を拡大。
  • POLA ORBIS CAPITALと協業し、市場に変化をもたらしたいと考えるD2C企業を資金面ノウハウ面ともにサポート。具体的には、SUPER STUDIOが企業の商品企画、事業グロースのための事業計画立案などのコンサルティングサービスやEC基幹システム「EC Force」を特別条件で提供、これを実現するためにPOLA ORBIS CAPITALが資金面のサポートをします。
  • 今後は、支援企業を増やしていくだけでなく、イベント開催なども進め、国内D2C市場全体のさらなる発展・拡大促進を目指します。

ポーラ・オルビスホールディングスについて
<会社名>
株式会社ポーラ・オルビスホールディングス

<代表者>
鈴木 郷史

<所在地>
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル

<資本金> 
10,000,000,000円

<事業内容>       
ポーラ・オルビスグループ全体の経営管理

<URL>                
https://www.po-holdings.co.jp/
 
SUPER STUDIOについて
<会社名>
株式会社SUPER STUDIO

<代表者>
CEO 林 紘祐

<所在地>
東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル 8F

<資本金>
33,110,000円(2020年6月末時点)

<事業内容>
D2C支援企業として、ビッグデータ解析による世の中のニーズの抽出、商品開発、基幹システム「EC Force」の提供、広告運用、生活者のもとへ商品を直接届けるところまで、全ての工程をワンストップで支援。

<URL>
https://super-studio.jp/

※1     D2C(Direct to Consumer)は、自社で企画及び製造した商品を自社ECサイトで販売から管理まで行う販売モデルのこと。従来は販売代理店や大手小売経由で販売をするのが一般的でしたが、SNSやWebメディアの広告で消費者個人へダイレクトにリーチできるようになり、発展しました。

※        記載の商品名、サービス名及び会社名は、各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SUPER STUDIO >
  3. SUPER STUDIOがポーラ・オルビスホールディングスを引受先とした第三者割当増資を実施