ベジタリアン向けレストラン情報サイト“Vegewel”がサービス開始【インバウンド新サービス】

飲食店の掲載も受付中

株式会社フレンバシー(東京都渋谷区、代表 播太樹)は、ベジタリアン向けレストラン情報サイト"Vegewel"(ベジウェル)のサービスを開始しました。ベジタリアンが必要とする日本全国のレストラン情報を多言語で提供し、訪日客を含むベジタリアンが日本国内で安心して食事ができる環境を創ることを目指します。


株式会社フレンバシー(東京都渋谷区、代表 播太樹)は、ベジタリアン向けレストラン情報サイト"Vegewel"(ベジウェル)のサービスを開始しました。
ベジタリアンが必要とする日本全国のレストラン情報を多言語で提供し、訪日客を含むベジタリアンが日本国内で安心して食事ができる環境を創ることを目指します。
サイトURL:https://vegewel.com

【背景】
世界6億人とされるベジタリアン人口。
訪日客の多い台湾やイギリスでも人口の10%以上がベジタリアンだと言われ、その割合は上昇しています。
また、欧米では特定の曜日を「肉を食べない日」と定める自治体が増加しており、ライフスタイルとしての菜食も広がっています。

日本国内でも美容・健康への意識の高まりから、「マクロビ」「ローフード」など菜食関連のコンセプトを打ち出す飲食店が増えつつあり、人気を博しています。

しかし、日本ではベジタリアンが安心して食事できる場所がまだまだ少ないのが現状です。

【フレンバシーの想い】
弊社はこれまで、訪日外国人の食の問題を解決するために事業を展開してきました。その中で、日本でのベジタリアンの苦労を知ったことが本サービスのきっかけです。食事できる場所が見つからず、夕食を諦めざるを得なかった外国人観光客と出会い、この課題の難しさを実感しました。

弊社は、2015年の訪日外国人のうち134万人がベジタリアンであると推計しています。
これはヨーロッパ全域からの訪日客数(124万人)やアメリカからの訪日客数(103万人)を上回る規模です。

2020年に訪日外国人数が4000万人に達した時、そこには更に多くのベジタリアンが含まれているはずです。
未だに対応が遅れているこの分野を一歩前に進めるために、弊社はVegewelを公開しました。

【Vegewel(ベジウェル)の由来】
Vegewelとは、「Vegetarians」と「Welcome」を組み合わせた造語です。
「ベジタリアンを暖かく迎え入れる」という意味を込めて名付けました。

【今後の展開】
外食チェーンや地方自治体等と連携し、より広範囲にサービスを届けられる体制を整えます。また、コンビニや食品メーカーと協業し、独自の「ベジタリアン商品」の開発も行う予定です。

【掲載店の募集】
ベジタリアン料理の専門店だけでなく、数品だけでもベジタリアン料理を提供できる店も掲載可能です。
これからベジタリアン対応に取組みたいという店舗もお申込みください。
申込先:http://frembassy.jp/veg-register/

<掲載頂きたい店舗の例>
  • サンドイッチやパンが充実したカフェ
  • 野菜や米にこだわりのある食堂
  • ピザの美味しいイタリア料理店
  • 豆腐料理が自慢の居酒屋
  • 野菜カレーのあるインド料理店

貴店に肉・魚を使っていないメニューはありませんか? 
上記のお店以外も歓迎です!

【株式会社フレンバシーについて】
フレンバシーは「世界中に日本のファンを増やす」ことを目指し、インバウンド事業を展開するスタートアップ企業です。外国人向け日本食レストラン情報サイト「Tokyo Dinner Ticket」、日本食情報メディア「Japan Gourmetpedia」を運営するほか、外食企業のインバウンド対応支援を得意としています。


Press Release
Frembassy Inc. (Tokyo, Shibuya-ku, Representative: Taiki Hari) has started a vegetarian restaurant information site to be known as "Vegewel." The multi-lingual site provides nationwide restaurant information for Japan, geared towards vegetarians. Vegewel aims to create an environment essential for vegetarians from abroad (though local vegetarians are also to be catered to), making it easy for them to eat as they wish, with all the information they need.
https://vegewel.com

Background
There are 600 million vegetarians in the world. An especially large contingent Taiwanese and visitors from the United Kingdom come to Japan, and in these countries it is said that more than 10% (and rising) of the population is vegetarian.

Additionally, there has recently been a surge in the popularity of “meatless days” in Europe and the United States, which has also helped spread vegetarianism as a lifestyle choice. In the Japanese domestic market as well, there is a growing awareness around the beauty and health benefits of vegetarianism, with a growing number of eateries riding the wave with vegetarian-related concepts such as "macrobiotic" and "raw food" diets. However, despite all this, the reality on the ground is such that Japan is not a simple place for vegetarians to be at ease.

Frembassy’s Vision
After considering the various challenges vegetarians face in Japan, we at Frembassy have sought to develop an easy to use service that solves vegetarians’ food concerns. Keeping the confusion foreign vegetarians face in Japan at the forefront of our thoughts, having seen vegetarians having to do without dinner due to the pervasive nature of non-vegetarian ingredients where they were, and wanting to share the bounty of Japanese cuisine in a manner that adheres to our vegetarian visitors’ beliefs, we have found motivation and created what we hope to be an invaluable asset on the ground in Japan for vegetarians.

We are ready and eager to serve the coming vegetarian visitors from abroad, which we estimate will amount to greater than 1.34 million in 2016, with even greater growth beyond. That’s a number that exceeded the total number of visitor from the United States (1.24 million people) and also Europe (1.03 million people) during 2015. With an estimated 40 million visitors coming to Japan in 2020, there will be even more vegetarians, all looking to find ways to navigate the Japan food scene.

Many people say that the vegetarian marketplace in Japan is woefully underdeveloped in Japan, and we wholeheartedly agree. In order to gain a strong foothold in this still nascent, and potentially very lucrative market, our company has released Vegewel with an eye on improving the vegetarian experience in Japan and bringing it in line with our visitors’ desires and expectations.

Anatomy of “Vegewel”
Vegewel is a portmanteau, combining "Welcome" and "Vegetarians." Folded into this is "a warm welcoming for vegetarians."

Expanding Reach
In cooperation with restaurant chains and local governments, Vegewel will continue to develop a system that delivers even greater services. In addition, it is our plan to consult with convenience stores and food manufacturers to help them develop and market their own vegetarian products.

About Frembassy, Inc.
Frembassy’s mission is to increase the number of Japanese fans all over the world. Frembassy is a start-up poised to expand alongside the rapidly growing inbound tourism business. Among our other services, we offer for foreigners the Japanese restaurant information site "Tokyo Dinner Ticket." Additionally, we produce the Japanese food online information resource "Japan Gourmetpedia," and also specialize in inbound correspondence support for food service companies.
http://frembassy.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フレンバシー >
  3. ベジタリアン向けレストラン情報サイト“Vegewel”がサービス開始【インバウンド新サービス】