【岡山県奈義町】 全国初、「企業版ふるさと納税」に関する自治体と民間の共同研究の覚書締結

~三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社との連携~

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井秀延)と、奈義町(役場:岡山県勝田郡、町長:笠木義孝)は、「企業版ふるさと納税の施策向上効果プロジェクト」を推進するにあたり、共同研究覚書を締結しますので、お知らせいたします。
 企業版ふるさと納税は、今年度から導入された制度で、奈義町は国が初めて認定した102事業の中に選ばれました。 
今回の「企業版ふるさと納税の施策向上効果プロジェクト」は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが有するエビデンスに基づく政策形成手法を導入し、ランダム化比較試験の手法を用いて施策の効果を科学的に検証することで、全国の自治体が手探りで進める企業からの寄附の獲得について、いち早く効果的な方策を発見しようとするものです。本研究の成果は、地方創生における自治体の財源確保のあり方や、その有効策の検討に資するものと考えられます。
企業版ふるさと納税に関して、エビデンスに基づく政策形成の研究を、自治体と民間企業が共同で実施することは、全国で初めてのことです。
覚書締結式は下記のとおり実施します。 締結後、同社社長と町長が揃って取材対応をさせていただきますので、ぜひとも、ご取材いただきますようお願い申し上げます。

  1. 日時: 平成28年11月7日(月) 13:20~ 覚書締結式
                      13:30~ 質疑応答(取材)
  2. 場所: 奈義町役場 勝田郡奈義町豊沢306-1
  3. その他
    三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(東京都港区、資本金20.6億円、従業員約700名)は、三菱UFJフィナンシャル・グループのシンクタンク・コンサルティングファームとして、東京・名古屋・大阪の3大都市を拠点に、コンサルティング、グローバル経営サポート、政策研究・提言、マクロ経済調査、セミナー等を通じた人材育成支援など、国内外の幅広い事業分野において、多様なサービスを展開しています。

<岡山県奈義町とは>
岡山県東北部に位置し、東は美作市、西は津山市、南は勝央町、北に国定公園那岐山(標高1,255m)、滝山(標高1,197m)の連山の分水嶺を境として鳥取県智頭町と接している人口6000人の町です。
「このまちは、自然とアートでできている。」をキャッチフレーズに観光施策に力を入れるとともに、平成24年に「子育て応援宣言」を掲げ、乳幼児・児童・生徒の医療費無料化、法定外ワクチン接種補助、チャイルドホームや放課後児童クラブなど子育て支援の充実を図ってまいりました。 その成果が実り、平成26年合計特殊出生率2.81と全国トップに並び、NHKスペシャルに取り上げられるなど、話題となりました。 奈義町では、引き続き、安心して産み育てられるまちづくり、観光によるまちづくりを目指してまいります。
奈義町公式ホームページ: http://www.town.nagi.okayama.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 岡山県奈義町 >
  3. 【岡山県奈義町】 全国初、「企業版ふるさと納税」に関する自治体と民間の共同研究の覚書締結