『クレオ×日本気象協会 2020年MDカレンダー(下期)』、POSデータと気象を解析した食品スーパー向けのMDカレンダーを発表

株式会社クレオ(東京都千代田区、代表取締役社長 横井司)は6月1日、「クレオ×日本気象協会 2020年MDカレンダー(下期)」の提供を開始します。​クレオは、生活者マーケティングをベースに、店舗・売場を中心としたマーケティング施策やプロモーション施策を提案しております。
「クレオ×日本気象協会 2020年MDカレンダー」は、クレオが発行する「生活行動カレンダー」の情報と、POSデータの週別動向に加え、日本気象協会が過去の気象データとPOSデータを解析した気象条件に伴うMD傾向を掲載。それらを基に週別販促テーマに落とし込んでおり、52週のMD・チラシ・販売計画立案や売場での販促に活用できます。

昨年12月に、上期版(2020年3月~8月)をリリースし、多くのお引き合いをいただきました。今回は、その下期版のご提供になります。

※2020年は新型コロナウイルスという脅威により、例年とはMDや販促の考え方は大きく異なる状況ではありますが、当資料ではあくまで気象影響をまとめた内容となります。


<クレオ×日本気象協会 2020年MDカレンダーの概要>
近年、猛暑などの異常気象が頻発していることから、気象要因を踏まえたMD計画の重要性が増していることに着目。気象変動に対応した販促テーマ設定の基本フォーマットとします。また、導入しやすい価格設定で計画立案をサポートすることもコンセプトとしています。PDF・Excelでの納品形式であり、自社の計画に即時活用が可能です。販売価格は下期分(2020年9月~2021年2月)のセット価格で10万円(税抜き)。

POSデータは、「生鮮三品」「惣菜」「加工食品」を含めた食品スーパーでの取り扱い全商品を網羅したPOSデータを使用しています。

今後は、事業者ごとのPOSデータを活用したカスタマイズプランの実施も検討しております。

=掲載コンテンツ=
●2020年・2021年カレンダー<歳時・記念日、生活行動、与件・時事トピックス>
●気温・天気概況<18年・平年東京/最高気温・平均気温・最低気温、18年東京/気象概況・トピックス>
●週別重点MD(POS分析)<売上金額上位品目、年間順位上位品目、気温要因が大きい主要MD、昇温MD(気温上昇により伸長が見込まれる品目)、降温MD(気温低下により伸長が見込まれる品目)>
●週別販促テーマ/気温変動テーマ

【9月度サンプル】【9月度サンプル】


■商品概要
商品名:「クレオ×日本気象協会 2020年MDカレンダー(下期)」
発売日:2020年6月1日
販売形態:PDF/Excel
販売価格:10万円(税抜き)

■会社概要
企業名:株式会社クレオ
所在地:東京都千代田区丸の内2-5-1丸の内二丁目ビル5F
代表:代表取締役社長 横井司
事業内容:マーケティング、広告・プロモーションのトータルエージェンシー
設立:1968年12月
資本金:8,284万円
TEL:03-4213-2223(代表)
https://kreo.jp/



■本件に関するお問い合わせ先
株式会社クレオ マーケティング戦略・開発部 マーケティング営業課
担当:中村・齋藤
TEL:03-4213-2257(直通)
FAX:03-4213-2276
メール:marketing-ae@kreo.jp(問い合わせ専用)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クレオ >
  3. 『クレオ×日本気象協会 2020年MDカレンダー(下期)』、POSデータと気象を解析した食品スーパー向けのMDカレンダーを発表