クルーズスタイル初の地方港イベント「なごみせとうちの夕べ」を開催

~平成30年3月20日(火)、神戸港に停泊中のにっぽん丸にて~

「そろそろ船旅、もっと船旅、人生を変えるクルーズへ」をコンセプトに幅広く船旅の魅力を伝え、クルーズ振興に寄与するクルーズスタイル実行委員会は、平成30年3月20日(火)に、神戸港に停泊中の「にっぽん丸」にて、「なごみせとうちの夕べ」を開催します。
「そろそろ船旅、もっと船旅、人生を変えるクルーズへ」をコンセプトに幅広く船旅の魅力を伝え、クルーズ振興に寄与するクルーズスタイル実行委員会は、平成30年3月20日(火)に、神戸港に停泊中の「にっぽん丸」にて、「なごみせとうちの夕べ」を開催します。

にっぽん丸にっぽん丸

 

にっぽん丸メインダイニング「瑞穂」にっぽん丸メインダイニング「瑞穂」

「なごみせとうちの夕べ」は、クルーズスタイル実行委員会が主催する初めての地方港開催イベントとなります。開催港となる神戸港は、平成29年に開港150年を迎え、市民に親しまれる港としてクルーズ客船の誘致やウォーターフロントの整備にも積極的に取り組んでおり、また、瀬戸内の玄関口としても重要な役割を果たしています。イベントの舞台となる「にっぽん丸」は、「美味なる船」と呼ばれ、食事で人気を博す外航クルーズ船であり、また、「瀬戸内国際芸術祭2016パートナーシップ特別企画芸術祭鑑賞クルーズ」の開催船でもあります。
 

 

 

安藤忠雄氏安藤忠雄氏

「なごみせとうちの夕べ」では、船内見学とフレンチのフルコースによる晩餐でクルーズ客船による旅の魅力を体験してもらうほか、「ベネッセアートサイト直島」で街づくりをけん引し、直島において8施設の建築設計を手掛けた建築家であり東京大学名誉教授でもある安藤忠雄氏をお招きし、直島再生プロジェクト30年の歴史と、美しい瀬戸内の自然に「アート」の魅力を加えた新しい文化についてお話いただくことで、新たな瀬戸内文化の発信や認知拡大、また、平成31年開催予定の次回「瀬戸内国際芸術祭」への興味を喚起します。

 

 

 

 

参加申込み・チケット購入は、12月11日(月)15時より、ECサイト「クルーズスタイルオンラインショップ」 https://www.cruise-style-onlineshop.com/ にて開始となります。

【イベント概要】
<イベント名>
クルーズスタイル「なごみせとうちの夕べ」

<開催日時>
平成30年3月20日(火)、受付開始 16時、下船予定 21時

<会場>
神戸港停泊中の「にっぽん丸」船内(航行はいたしません)

<プログラム>
船内見学、瀬戸内国際芸術祭記録映像鑑賞、安藤忠雄氏講演会、フレンチフルコースの晩餐

<後援>
株式会社エフエム東京、一般社団法人神戸港振興協会、神戸市、神戸市客船誘致協議会、瀬戸内国際芸術祭実行委員会

<参加費>
お一人さま 20,000円

<参加申込み>
12月11日(月)15時より「クルーズスタイルオンラインショップ」にて
https://www.cruise-style-onlineshop.com/

<参加資格>
16歳以上(当日の晩餐ではアルコール飲料ご提供の用意がありますが、20歳未満の方へのご提供はいたしかねます)
以上

ウェブサイト
http://cruise-style.net/
Facebookページ
https://facebook.com/cruisestyle/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サピエント >
  3. クルーズスタイル初の地方港イベント「なごみせとうちの夕べ」を開催