デスクトップPCに最大2,167Mbps対応の高速なWi-Fi機能を追加できるPCI Express x1接続のWi-Fi拡張カード「PCE-AC88」を発表

ASUSTeK Computer Inc.(略称ASUS)は2017年1月13日、デスクトップPCのPCI Expressスロットに取り付けて使用する、最大2,167Mbpsの転送速度に対応するIEEE802.11ac/n/a/g/b Wi-Fi拡張カードの「PCE-AC88」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。2017年1月14日より販売を開始する予定です。

最大2,167Mbpsの転送速度に対応するデスクトップPC用Wi-Fi拡張カードPCE-AC88
 

 

製品名:PCE-AC88
Wi-Fi対応規格:IEEE802.11ac/n/a/g/b
対応周波数:5GHz、2.4GHz
最大転送速度:IEEE802.11ac(2,167Mbps)、IEEE802.11n(1,000Mbps)、IEEE802.11a/g(54Mbps)、IEEE802.11b(11Mbps)
搭載アンテナ:外付け4本
PCとの接続:PCI Express x1
サイズ:幅103.3mm×奥行き68.9mm×高さ21.0mm(カードのみ)
価格:オープン価格
予定発売日:2017年1月14日

○発表製品の主な特長
・NitroQAM技術への対応で最大2,167Mbpsの超高速な転送速度を実現
BroadcomのNitroQAM技術(1024QAM)に対応することで、IEEE802.11ac使用時で有線LANのGigabit Ethernetを大幅に超える最大2,167Mbpsの超高速な転送速度を実現しました。NitroQAM技術はIEEE802.11nでも使用でき、IEEE802.11nでは最大1,000Mbpsの転送速度を提供します。NitroQAM技術に対応するWi-Fiルーターなどと接続する際に、より快適なデータ通信を行えます。

・5GHzと2.4GHzのデュアルバンド対応
5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応しており、5GHzではIEEE802.11ac/n/aを使用でき、2.4GHzではIEEE802.11n/g/bを使用できます。Wi-Fiルーターへのほかの機器の接続状況や、Wi-Fiの使用環境に合わせて使用する周波数を変更できるので、あらゆる環境で最高のパフォーマンスを発揮できます。

・接続機器を狙い撃つAiRadar機能で離れていても安定接続
AiRadar機能は、接続先のWi-Fiルーターの位置を検出し、そのデバイスを狙い撃つように電波を飛ばす機能です。電波を全方位に広げるのではなく、一方向に集中することで安定したWi-Fi接続を実現します。一般的なWi-Fi子機では電波が届きにくく接続が難しい場合であっても、本製品であれば接続しやすく高速な転送速度を維持することができます。

・対応親機の性能を最大まで発揮できるMU-MIMO技術に対応
同時に複数の機器と通信できるIEEE802.11acのMU-MIMO技術に対応しているので、対応親機と接続する際に親機の性能を最大まで発揮することができます。

・磁石付きで取り付け場所に困らない外付けアンテナベース
PCの置き場所や送受信の感度に応じてアンテナを好きな場所に設置できる、外付けのアンテナベースを付属しています。アンテナベースの底面には磁石を搭載しているので、スチール製のPCケースであれば側面にアンテナを取り付けることもできます。

・大型ヒートシンクの搭載で動作音ゼロのファンレス動作
基板を覆う大型のヒートシンクを搭載することで、高速な転送速度を実現しながらもファンレスでの動作を可能にしました。ファンがないので動作音はまったくありません。

○お客様からのお問い合わせ先
ASUSコールセンター
TEL:0800-123-2787(通話料無料)
通話料無料の電話番号をご使用できない場合
TEL:0570-783-886(通話料お客様負担)
受付時間:9時~19時(年中無休)

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. ASUS JAPAN株式会社
  3. デスクトップPCに最大2,167Mbps対応の高速なWi-Fi機能を追加できるPCI Express x1接続のWi-Fi拡張カード「PCE-AC88」を発表