全世界5,000匹以上のワンちゃんと飼い主が愛用するスマートドッグカメラ Furboドッグカメラ 11月4日より通常販売開始

〜1年に1回 愛犬にギフトを贈る “わんわんギフトの日(11月11日)”を制定〜

 Tomofun株式会社(代表取締役:布施 健、本社:東京都目黒区)は、2016年3月より先行販売中のスマートフォンと連動して留守番中の愛犬の様子を見たり、会話をしたり、おやつもあげられるドッグカメラ『Furbo(ファーボ)』を、2016年11月4日(金)より通常販売を開始いたします。既に、全世界5,000匹以上のワンちゃんと飼い主に愛用されており、この度、日本での通常販売が決定し、ソフトバンク株式会社の消費者参加型プラットフォーム「+Style」に加えて、「amazon」での取り扱いもスタートいたします。



◼︎予約注文の大反響をうけて、いよいよFurboドッグカメラの日本での通常販売を開始
◼︎愛犬にもクリスマスを!11月11日を「わんわんギフトの日(Dog Gift Day)」に制定
◼︎11月4日(金)から13日(日)までグランドローンチセールを開催

『Furbo ドッグカメラ』は、飼い主が外出中でもスマホの専用アプリを使って、家にいる愛犬の様子を見たり、会話をしたり、おやつをあげて一緒に遊ぶことができ、あなたと愛犬との「離れていても、いつも一緒。」を叶えるドッグカメラです。開発拠点である台湾はもちろん、アメリカでは、世界的なクラウドファンディング「Indiegogo」において1ヶ月半ほど約4,000台を販売し、ペットテクノロジーカテゴリーで人気No.1を獲得するなど既に世界中の愛犬家から大好評を頂いております。日本においても、2016年3月に消費者参加型プラットフォーム「+Style」にて先行販売を開始し、ペット向け商材としてNo.1の売上実績を記録(8月23日時点)するなど大きな反響をいただきました。

当社では、“大切な人”にクリスマスギフトをお贈るように、“大切な愛犬”にも1年に1回ギフトを贈る日として、11月11日を“わんわんギフトの日(Dog Gift Day)”と制定。一般社団法人 日本記念日協会にも登録認定され、11月4日(金)〜11月13日の期間限定で特別価格の21,600円(税込み)で販売致します。

『Furbo』は、この度の正式ローンチと“わんわんギフトの日”の制定を期に今後さらなる発展をし、全てに愛犬家に喜びとイノベーションを与えられるよう努めてまいります。

■「Furbo(ファーボ)」 製品概要
“Furbo”は、iOS/Androidのスマートフォン、またはApple Watchを通じて気軽にワンちゃんとの双方向コミュニケーションができるドッグカメラです。
■商品名: Furbo - ドッグカメラ
■定 価:税込27,000円(11月13日まで限定価格で販売予定)
■サイト:https://shopjp.furbo.com

《販売サイト》
■amazon  :http://amzn.to/2ft7sE0
■+Style  :https://plusstyle.jp/shopping/item?id=72

留守番しているワンちゃんの様子はもちろん、会話したり、おやつもあげられます。
 

どこにいてもスマホがあれば、ワンちゃんにおやつをあげて一緒に遊べます。
 

留守番中のワンちゃんが吠えたら、スマホに通知が届きます。
 

自動暗視機能が付いているから暗い部屋にいるワンちゃんも鮮明に見えます。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tomofun 株式会社 >
  3. 全世界5,000匹以上のワンちゃんと飼い主が愛用するスマートドッグカメラ Furboドッグカメラ 11月4日より通常販売開始