無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューションを開発

「V-Sido WebConnect」が無人搬送車の遠隔操縦にも対応

アスラテック株式会社は、無人搬送車や自律搬送ロボットなどを遠隔で操縦したり管理したりするためのソリューションを開発しました。既存の無人搬送車をほとんど改造せずに遠隔操縦に対応させることもでき、さまざまな機種への適用が可能です。

アスラテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒谷正人、チーフロボットクリエイター:吉崎 航)は、遠隔ロボットコントローラー「V-Sido WebConnect(ブシドー・ウェブコネクト)」を用いた、無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューションを開発しました。

このソリューションは、倉庫内の無人搬送台車や自律搬送ロボットなど、さまざまな無人搬送車にインターネット経由で遠隔操縦したり遠隔管理したりできる機能を実装するものです。主に遠隔操作の専用ウェブアプリケーションとV-Sido WebConnectで構成されており、既存の無人搬送車をほとんど改造せずに遠隔操縦などに対応させることができます。また、新規に搬送車などを開発する際に、このソリューションを組み込むことで、新しい無人搬送車を開発することも可能です。

今回開発した無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューションの主な特徴は、下記の通りです。
  •  同一ネットワークだけでなくインターネット経由の遠隔操縦、遠隔管理が可能
  •  ウェブブラウザやゲームコントローラーなどで無人搬送車の操縦が可能
  •  カメラとマイクを使った遠隔モニタリングが可能(360度カメラにも対応)
  •  CAN(Controller Area Network)やシリアル通信など、さまざまな通信プロトコルに対応
  •  GPSによる位置検出の表示に対応

このソリューションは現在、フランスのEffidence社が開発した無人搬送車「EffiBOT」や、アスラテックが検証用に開発した試作無人搬送台車など、複数の無人搬送車で動作することを確認しています。
今後アスラテックは、さまざまな無人搬送車に対して、このソリューションを提供していきます。

 

 

無人搬送車の「EffiBOT」に遠隔操作モジュールを搭載した状態無人搬送車の「EffiBOT」に遠隔操作モジュールを搭載した状態

遠隔で操縦するための操作画面遠隔で操縦するための操作画面


▼「V-Sido WebConnect」製品紹介ページ
https://www.asratec.co.jp/products/v-sido-webconnect/
 

  • このプレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
  • このプレスリリースに記載されている内容、サービス/商品の価格、仕様、問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変わる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アスラテック株式会社 >
  3. 無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューションを開発