【関空にも登場!】海外旅行で余った外貨を電子マネーやギフト券に交換できる「ポケットチェンジ」を10月3日(火)より関西国際空港に4台同時設置、サービスを開始!

~国内空港への設置3例目、そしてポケットチェンジ初の出発制限エリアにも導入~

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:青山新)は、海外旅行の際に余った外国硬貨・紙幣を投入することで、電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに交換できる専用キオスク端末を、2017年10月3日より、関西国際空港 第一ターミナルビル国際線ゲートエリア、到着フロアに設置、サービスを開始いたします。
国内3例目の空港設置となる今回は、1階国際線到着フロアの北到着口と南到着口にそれぞれ一台ずつ、そして、国際線ゲートエリアの南・北ウイングにもそれぞれ一台ずつ、合計4台の同時設置となります。

【国際線出発ゲートエリア 北ウイング】



【国際線出発ゲートエリア 南ウイング】


【国際線到着フロア 北到着口/南到着口)】




国際線ゲートエリアへの設置は、ポケットチェンジ初。年間約1900万人にのぼる関西国際空港利用者の3分の2を占める訪日外国人旅行者が、帰国時に使い切れなかった日本円を、出発間際に自国で利用可能な電子マネーやギフト券等に交換することが可能となります。

到着フロア設置の二台も、南・北到着口を出てすぐの好立地。バタバタしがちな帰国直後でも、また、ご家族やご友人のお出迎えの際や空港内でのショッピングやご飲食にお立ち寄りの際にも、大変便利にご利用頂くことができます。


ポケットチェンジでは、日本を代表する空の玄関口、関西エリアの表玄関である関西国際空港を訪れるすべての方々に、海外旅行で余った外貨を電子マネーなどに交換できるサービスを提供し、空港サービスの利便性や付加価値向上に貢献してまいります。

 

 

ポケットチェンジ端末が設置された関西国際空港国際線旅客ターミナルビル  (素材提供:関西エアポート株式会社)ポケットチェンジ端末が設置された関西国際空港国際線旅客ターミナルビル (素材提供:関西エアポート株式会社)




<「ポケットチェンジ」サービス概要>

設置場所:羽田空港 国際線ターミナル 2階(到着)ロビー
     福岡空港 国際線ターミナル 1階(到着)ロビー
     新宿歌舞伎町ゴジラロード沿い 歌舞伎城 1階
     大阪ジョイテルホテル ロビー
     関空ジョイテルホテル ロビー
     関西国際空港第1ターミナルビル国際線ゲートエリア(北ウイング/南ウイング)
     関西国際空港第1ターミナルビル1階国際線到着フロア(北到着口/南到着口)

対応通貨:米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円
対応言語:日本語、英語、中国語(繁体/簡体)、韓国語
交換先サービス:WAON、楽天Edy、Amazonギフト券、LINEギフトコード、WeChat(微信)、楽天スーパーポイント(「台湾楽天市場」でのみ利用可能)など約20種類。



■  株式会社ポケットチェンジ 会社概要
会社名: 株式会社ポケットチェンジ( https://www.pocket-change.jp/ 
所在地: 東京都港区芝1-15-13 芝エステービル9階
代表者: 代表取締役 青山 新
設立 : 2015年12月


ポケットチェンジ公式Facebook:https://www.facebook.com/pocketfx/
ポケットチェンジ公式Twitter:https://twitter.com/PocketChangeFX/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポケットチェンジ >
  3. 【関空にも登場!】海外旅行で余った外貨を電子マネーやギフト券に交換できる「ポケットチェンジ」を10月3日(火)より関西国際空港に4台同時設置、サービスを開始!