九州初上陸!福岡に荷物預かりサービス「ecbo cloak」進出!カフェ・神社・美容室・展示館など50店舗で導入

観光施設「博多町家ふるさと館」、人気ヘアサロン「OPShair」、スタートアップ支援施設 FUKUOKA growth next 内「ハニー珈琲」、縁結びで有名な神社「鳥飼八幡宮」など続々加盟。

2017年6月28日(水)、ecbo株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:工藤慎一)が運営する荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」( https://cloak.ecbo.io/ )の福岡進出を発表します。

「ecbo cloak」は今年1月に東京都内でスタートした、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」とをつなぐシェアリングサービスです。カフェやショップを荷物預かり所にし、おもてなし体験を提供します。
4月に京都、5月には大阪でオープンし、このたび福岡(福岡市・北九州市)でも正式にサービスを開始致しました。
 

 

■ecbo cloakを福岡で始める理由

 

福岡県は空港からのアクセスが非常に良く、中心地である天神・博多エリアには商業施設や飲食店が密集しているため、短時間でも効率よく観光を楽しむことができる魅力があります。

しかし福岡空港から電車で5分で行ける博多駅のコインロッカーで荷物を預けて観光をしたいと思っても、全コインロッカー1,167 個のうち大型の荷物が入るものは約180 個しかありません。*当社調べ
博多や天神の「ecbo cloak」加盟店で荷物を預ければ、そのままスムーズに散策できます。


福岡を訪れる外国人も年々増加しており、福岡空港および博多港からの入国者は、2015年には200万人を突破し、2011年からの4年間で約3.5倍も増えています。これは東京以上の伸び率です。地理的には特にアジア各国から近いことが訪問率の高さの理由でもあります。

ecbo cloakを通してこうした外国人観光客の観光効率も上げることができます。

■福岡のecbo cloak加盟店

 

博多エリアには博多の暮らしと文化に触れられる「博多町家ふるさと館」や博多駅目の前のコワーキングスペース「BASES福岡」などが加盟しています。
天神エリアには旧大名小学校の校舎を利用してできたスタートアップ支援施設FUKUOKA growth next内にある「ハニー珈琲」や、九州で最も予約の入るヘアサロン「OPShair」、福岡のプロモーション動画にも登場する和文化体験ができる観光案内所「SUiTO FUKUOKA」などがあります。またなんと今回縁結び&パワースポットで有名な神社「鳥飼八幡宮」にも加盟していただきました。神社に預けられるのは全国でまだここだけです!

日本文化を体験できたり、ヘアサロンなどでサービスを受ける選択肢も生まれ、荷物預かり以上の体験ができる場所を中心に店舗を開拓しています。

その他、中洲や北九州の小倉などにも様々な業態の加盟店舗があり、今後も掲載数を増やしていきます。
 

福岡の元ご当地アイドル、井上りなさんにもさっそく福岡のecbo cloakを使っていただきました。
「荷物を預けて身軽になれるだけではなく、行ったことのないお店と出会えたり、足を踏み入れるキッカケになることも魅力だと思います。人に荷物を預けるというecbo cloakならではのコミュニケーションが当たり前になったら、福岡の魅力はもっと広まっていくと思います!」という声をいただいています。

 

■本件に関するお問い合わせ先

ecbo株式会社 担当: 辻(コミュニティマネージャー)
TEL&FAX: 03-4405-8929
MAIL: naco@ecbo.io

■会社概要

代表: 代表取締役社長 工藤慎一
設立年月日: 2015年6月2日
会社ページ: https://ecbo.io
住所: 東京都渋谷区恵比寿南 3-4-13 青柳ビル2階
主な事業: 店舗の遊休スペースを使った荷物預かりプラットフォーム「ecbo cloak」を運営

■荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」とは

「ecbo cloak」は、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」とをつなぐシェアリングサービスです。現在、カフェ、レンタサイクル、着物レンタル、ネイルサロン、美容院、ゲストハウス、コワーキングスペースなどの多種多様なスペースで荷物の一時預かりを行っています。

■ecbo cloakを導入する店舗のメリット

ecbo cloakを導入することによって、加盟店舗には副収入になったり集客につながるなど、様々なメリットが生まれます。空きスペースを有効活用したい店舗オーナー様、インバウンド客を積極的に呼び込みたい方、外国人だけでなく既存の日本人顧客様に新たに荷物預かりの選択肢を増やしたい方、お店の認知を国内外に広めたい方には非常に有効的なツールです。
 

「ecbo cloak」では全国で加盟していただける店舗を募集しています。飲食店に限らず、スタッフが常駐しており弊社の基準をクリアした店舗様はどなたでも登録していただけます。

オーナー登録はこちらから: https://cloak.ecbo.io/ja/owners/sign_up

■ecbo株式会社とは

「人のモノの所有の仕方」を、テクノロジーとデザインでより良くしていく企業です。
「荷物のない世界」を目指すべく、「保管」と「共有(シェア)」をキーワードにサービス開発しています。

■代表取締役 / プロフィール

工藤 慎一 / クドウ シンイチ
1990年生まれ。日本大学経済学部卒。
2014年、Uber Japan 株式会社にてインターンを経験。
2015年6月、ecbo株式会社を設立し代表取締役社長に就任。オンデマンド収納サービス「ecbo」をβ版運営。
2017年1月、世界初のシェアリングサービス「ecbo cloak」を立ち上げ。

■ecbo cloak誕生の背景

代表の工藤がある日渋谷で、訪日外国人に「スーツケースの入るコインロッカーを探している」と相談を受けて一緒に40分も探したが見つからない。デジタル時代を迎え、日々の生活でこれほど非効率なことが起きていることに驚き、生活者目線で考えた末この「ecbo cloak」のサービスが誕生しました。

■今後の展開

政府は、2020年までに訪日外国人4000万人を目指しています。ecbo株式会社は、ecbo cloakを通して、 訪日外国人旅行者がストレスなく、快適に観光を満喫できる環境整備をしていきます。2017年度内に全国10,000店舗の加盟を目指しており、今後も札幌・名古屋・沖縄をはじめ日本全国に進出していきます。また iOS / Androidアプリも順次リリースします。ecbo cloakは「日本のおもてなし」サービスの一翼を担うものと確信しています。

■ecbo cloak 福岡プレスキット

福岡 Press Kit
URL: https://drive.google.com/drive/u/0/folders/0B_u6sxOtiT26YTJicHFudEhOWms

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ecbo株式会社 >
  3. 九州初上陸!福岡に荷物預かりサービス「ecbo cloak」進出!カフェ・神社・美容室・展示館など50店舗で導入