ボードライダーズが新経営陣の任命を発表

カリフォルニア州ハンティントンビーチ 2018年2月6日 ー Boardriders, Inc.(以下「ボードライダーズ」)はCEOピエール・アニエス(Pierre Agnes)の後任人事として以下の通り、新経営陣の任命を発表しました。

現経営再建責任者(Chief Turnaround Officer)であるデイブ・タナー(Dave Tanner)が最高経営責任者(Chief Executive Officer)としての役割を直ちに担うこととなります。以前に発表した通り、デイブ・タナーはBillabong International Limited(ASX:BBG)(以下ビラボン)の買収手続きの完了後、CEOに就任する予定でした 。デイブ・タナーのCEOへの任命はピエール・アニエスだけでなく、全ての経営陣が強く賛同していた経緯があります。

さらに、現在のグローバルCFO(Chief Financial Officer)であるトーマス・シャンボル
(Thomas Chambolle)は、EMEAの社長の役割を暫定的に担当することとなります。トーマスはこの数年ピエール・アニエスの片腕としてリーダーシップを執っており、正に適任と考えています。最後に、グレッグ・ヒーリー(Greg Healy)は、引き続きグローバル・プレジデントおよびAPACの社長を兼任します。彼ら3名は、この数年ボードライダーズの再建に向けて手腕を発揮してきました。これからも他の経営陣と共に、次世代を担うアクションスポーツリーディングカンパニーを目指します。

ボードライダーズは、既報の通りビラボンの買収を進めることを予定しています。
買収は、株主、裁判所、規制当局の許可を含む、多くの買収条件満たした後、2018年上半期に完了する見込みです。

デイブ・タナーは次のように述べています。「私たちは友人でもあったピエールを突然失ったことに悲しみを禁じえません。同時に、私たちはピエールの遺志に敬意を表し、ボードライダーズの継続的な再生と成長を成就させることが、最大の彼の遺志への尊重と信じています。ピエールに取って代われる人間はいませんが、我々は今まで数多くの優秀な人材を迎え入れてきました。彼らと一丸となって、今後もユニークなカルチャーを育み、過去の成功を踏まえ、企業としての使命を全うするチーム作りを目指していきます。私はこのダイナミックな企業を次のステージに引き上げる役目を担うことを真摯に受け止めており、Quiksilver、Roxy、DCそれぞれの本質を尊重した上で、各ブランドの成長に努めて参ります。


■ボードライダーズ社について■
ボードライダーズ社は、世界中のボードライダーたちのために、アパレル、フットウエア、アクセサリーのデザイン、製造、販売を行う有力なアクションスポーツ・ライフスタイル企業です。
当社のアパレルおよびフットウエアのブランドは、アクションスポーツに情熱を燃やす若々しい精神を持つ人々の、カジュアルなライフスタイルを象徴しています。当社のクイックシルバー(Quiksilver)、ロキシー(Roxy)、DCシューズ(DC Shoes)ブランドは、サーフィン、スノー、スケートスポーツに深く関わってきた伝統的なブランドです。当社の製品は110カ国を超える国々において販売されています。販路はサーフショップ、スケートショップ、スノーショップをはじめ、直営の 「ボードライダーズ」ショップ、それ以外の直営店舗、そして各専門店、百貨店、様々なeコマースチャネルなど多岐に渡っています。

■お客様お問い合わせ先■
ボードライダーズジャパン
TEL:0120-32-9190
WEB:http://www.boardriders.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ボードライダーズジャパン株式会社 >
  3. ボードライダーズが新経営陣の任命を発表