日米拠点のVC「DNX Ventures」が、日本の投資先企業への追加投資用ファンドを40億円で組成

B2B領域のスタートアップ投資の調達額拡大に伴い、さらにファンド規模を拡大

米国シリコンバレーと東京に拠点をおくベンチャーキャピタル「DNX Ventures(以下、DNX)」は、当社を無限責任組合員とする2号ファンド(米国デラウェア州法に基づき設立されたファンド及び日本の投資事業有限責任組合等から構成されるファンド、以下「2号ファンド」)の日本投資先へのフォローオン投資を目的とする、追加ファンド(日本の投資事業有限責任組合等から構成されるファンド、以下「アネックスファンド」)の組成を完了したことを報告致します。本ファンドは、日本の既存投資先の調達額が拡大傾向にあることを受けて組成したものです。
■ 投資先について
既に、海外機関投資家等新規投資家を含め100億円を調達した、データマーケティング事業を展開する株式会社フロムスクラッチのシリーズDラウンドや、建設業界向け施工管理SaaSベンチャーとして全国にユーザーを急拡大している株式会社オクトのシリーズBラウンド、調剤薬局の働き方改革を推進する株式会社カケハシのシリーズBラウンド、Salesforceに特化したマーケティングオートメーション導入支援の株式会社toBeマーケティングのシリーズ Cラウンド、訪問営業活動効率化するモバイルCRMソリューションを提供するUPWARD株式会社のシリーズEラウンドなど、2号ファンドの一部投資先へ、本ファンドより投資実行済みです。



■ ご出資企業とファンド総額について
本アネックスファンドには、国内大手機関投資家2社の他、株式会社アドウェイズ、HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND、株式会社フジ・メディア・ホールディングス、株式会社みずほ銀行、三井不動産株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、米子信用金庫などからご出資を頂きました。

本アネックスファンドの調達を合わせて、DNX の合計運用総額は約580億円となりました。昨年新規組成した3号ファンドでの新規投資と合わせ、引き続き日本国内の革新的な技術に裏打ちされた成長力の高いベンチャー企業への投資を拡充させることで、日本のベンチャー企業と大手事業会社様の事業を全力で支援して参ります。
 


 


■ DNX Venturesについて
DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。これまでに本アネックスを含め4つのファンド、累計約580億円を運用し、日米を中心に100社以上のスタートアップ企業へ投資を実行、12社をエグジットに導いてきました。B2Bスタートアップのうち、主な投資領域はクラウドSaaS、サイバーセキュリティー、フロンティアテック、フィンテック、リテールテック等の領域、いずれもアーリーステージで投資しています。
また、ベンチャーキャピタルのグローバルネットワークであるDraper Venture Networkの一員としての長年の活動を通じ、日米の橋渡し役として強固な信頼を築き、120件を超える日本の企業様のスタートアップとのパートナーシップおよび協業を支援する等、豊富な実績を残しています。


 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DNX Ventures >
  3. 日米拠点のVC「DNX Ventures」が、日本の投資先企業への追加投資用ファンドを40億円で組成