インバウンドNPO初の訪日外国人向けメディアがオープン

-自治体や企業のPRを、訪日外国人目線で発信-

SMU
NPO法人SAMURAI MEETUPS(本社:東京都中央区銀座、代表理事:宮下晃樹、以下当団体)は、インバウンドNPO初となる訪日外国人向けメディアを4月25日にオープンすることをお知らせ致します。

<5年連続で前年比20%超のペースで訪日外国人が増加、体験型インバウンド需要が進む> 

 日本政府観光局(JNTO)は、2016年の訪日外国人観光客数が累計で2,403万9千人(前年比21.8%増)となって、過去最高を更新したことを発表しております。加えて、観光庁による2016年『訪日外国人消費動向調査』によれば同調査に外国人の訪日理由では28.5%が「日本の伝統・現代文化の体験または鑑賞」であると挙げており、特にフランスやアメリカ合衆国など欧米では高い数値をマークしております。しかし、「日本の歴史・伝統文化体験」「自然体験ツアー・農漁村体験」「舞台鑑賞」「四季の体感」の項目においては、実際に滞在中に行った方と行えず次回行いたいと考えている方に平均9.5ptの差があり、期待されている体験型コンテンツの整備が求められています。

 そのような中で、当団体は2014年10月より、過去55回のツアーイベントを通じて34ヶ国延べ980名が参加しております。訪日外国人が職人から伝統文化を体験できる「SAMURAI MEETUPS TOUR」を中心としたツアーを企画しております。
 
<体験型コンテンツを運営するSAMURAI MEETUPSによる訪日外国人向けトータルメディア>
 この度、オープンするサイトは、インバウンドNPO初の訪日外国人向けメディアです。体験型コンテンツを運営しながら実施した独自のマーケティング調査に基づき、外国人観光客が「知りたかった」と回答した内容をオンライン上で公開してまいります。
 
 個人商店や地方自治体などで、外国人誘致を図りたいと考えていたけれども、実現化に至らなかった団体のコンサルティングからPRまでトータルサポートが可能になりました。フェイスブックでは7万いいね!を獲得しており、順次連携しながら更新してまいります。
 元々、当団体は旅行中の訪日外国人のニーズをキャッチして現地での観光案内を主としております。イベントツアー実施にも接続することで、テストマーケティングなどにもご活用いただけます。
 今後は、旅行前の訪日予定外国人のニーズ喚起や、旅行中の訪日外国人の課題解決をメディアを通じて行います。
 

【メディアサイト概略】
◆サイト名:SAMURAI MEETUPS
◆内容:訪日外国人向けインバウンドメディア
◆URL: https://samuraimeetups.or.jp
 
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SMU >
  3. インバウンドNPO初の訪日外国人向けメディアがオープン