令和初開催!多彩な分野のスペシャリストが競演するトーク&プレゼンテーション(T&P)『carpe diem=今を摘め』/日本文化デザインフォーラム主催

~INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2019 vol.11~

アート、デザイン、建築、科学、文学、食、音楽など多彩な分野で活躍する専門家が、ジャンルの垣根を超えて多角的な視点から「文化をデザイン」することを目的に活動している、一般社団法人日本文化デザインフォーラム(理事長:水野誠一、以下JIDF)は、各界の著名人によるトーク&プレゼンテーション(T&P)『carpe diem=今を摘め』を、7月19日(金)にLOFT9 Shibuya(東京都渋谷区)で開催します。

令和初開催!“今を生きる”プロジェクト
T&P『carpe diem=今を摘め』は、各分野の第一線で活躍されている方々に20分という限られた時間の中で“それぞれの今”を語っていただき、“今”という瞬間に価値を見出そうとする試み。今回は令和初の開催となります。「carpe diem」とは、古代ローマの詩人・ホラティウスの詩の中に登場する言葉で、「その日を摘め」と訳されますが、これを現代的に「今を生きる」と解釈。登壇者と来場者が“今”を共有できる、“この瞬間を目一杯楽しむ場”を目指しています。

さまざまな分野のスペシャリスト4名が競演
令和第一弾となる今回は、①フードロス削減に向けたフードシェアリングサービス「TABETE」などを手掛ける株式会社コークッキング代表の川越一磨、②東京生まれ、埼玉育ちの漫画家・コラムニストとして活躍中の辛酸なめ子、③「Soup Stock Tokyo」「100本のスプーン」をはじめ多様な事業を展開する株式会社スマイルズ代表取締役社長の遠山正道、④絵の中の登場人物に扮したセルフポートレイト作品の制作、「横浜トリエンナーレ2014」芸術監督など精力的な活動を行い、昨年「モリムラ@ミュージアム」を開館した美術家の森村泰昌の4名が登壇。ここでしか見ることのできない、スペシャリストたちの競演をお楽しみいただけます。

ドリンク付き、入場料は前売り3,000円、学生1,000円
INTER-DESIGN FORUM TOKYO 2019 vol.11『carpe diem=今を摘め』の入場料は、一般前売り3,000円(当日は3,500円)、学生は1,000円で、どなたでもご参加いただけます。会場内では、ドリンク(アルコール類含む)と軽食も用意しています。

JIDFでは、2013年より「INTER-DESIGN FORUM TOKYO」を毎年開催。「挑発するデザイン」(2014年)、「江戸と、江戸時代から読む未来」(2015年)など毎回異なるテーマで、JIDF会員をはじめ各分野で活躍する人々のメッセージを発信してまいりました。2016年からは、『carpe diem=今を摘め』をテーマとしたプレミアムなプレゼンテーションを展開し、2018年には次世代を担う若者支援の取り組みとして、「JIDF学生文化デザイン賞」を創設しました。

トーク&プレゼンテーション『carpe diem=今を摘め』 開催概要
■日時:7月19日(金)19:00開演(18:30開場)
■会場:LOFT9 Shibuya(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F)
■入場料:一般・前売り3,000円(当日3,500円)/学生・1,000円 ※軽食&ドリンク付き
※前売りは、7月18日(木)17:00まで、JIDFホームページ(http://www.jidf.net/)にて受付
■主催:一般社団法人日本文化デザインフォーラム(JIDF)
■協賛:株式会社博報堂/株式会社AOI Pro./株式会社丹青社/大日本印刷株式会社/株式会社テー・オー・ダブリュー/株式会社ティー・ワイ・オー/株式会社東北新社/凸版印刷株式会社/株式会社乃村工藝社/株式会社ムラヤマ
■登壇者&演目内容(予定):
・川越一磨(株式会社コークッキング代表)
・辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
・遠山正道(株式会社スマイルズ代表取締役社長)
・森村泰昌(美術家)

日本文化デザインフォーラム(Japan Inter-Design Forum /JIDF)について
アート、デザイン、建築、科学、哲学、文学、評論、伝統芸能、都市計画、写真、食、音楽、映像など、多彩な分野の先端的な活動をしている専門家約90名が自発的に集まった任意の団体です。それぞれの専門ジャンルの垣根を超えて会員相互で交流・啓発しあうことで、これまでにない発想を生み出し、多角的な視点から日本及び世界の「文化をデザイン」することを目的に活動しています。1980年の設立(旧組織名称:日本文化デザイン会議/~1989年)以来、国内の主要都市で30回を超えるフォーラムを開催してきました。2011年8月からは「一般社団法人日本文化デザインフォーラム」として新たにスタート。本フォーラムの発起人である建築家・黒川紀章の七回忌にあたる2013年より、「INTER-DESIGN FORUM TOKYO」を毎年開催し、デザイン、建築、アートなど、さまざまな分野を牽引するプロフェッショナル達のメッセージを発信し続けています。また、2018年には次世代を担う若者支援の取り組みとして、「JIDF学生文化デザイン賞」を新たに創設しました。

◎日本文化デザインフォーラム事務局:03-6441-0762(平日10:00~17:00)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JIDF >
  3. 令和初開催!多彩な分野のスペシャリストが競演するトーク&プレゼンテーション(T&P)『carpe diem=今を摘め』/日本文化デザインフォーラム主催