第三者割当増資等による資本金増資のお知らせ

FSX
「おしぼり」のレンタル・企画開発を手掛けるFSX株式会社(所在地:東京都国立市泉 代表取締役社長:藤波克之、以下FSX)は、本日、西武しんきんキャピタル株式会社(本社:東京都中野区 代表取締役:榊原隆)が運営をするファンドを引受先とする第三者割当増資により、2千万円の資金調達を実施いたしました。また合わせてFSXによる1千万円の増資を行い、資本金が5千万円となりましたのでお知らせいたします。

【増資前】資本金 2000万円
【増資後】資本金 5000万円 (資本準備金1000万円を含む)

FSXでは「おしぼり」を主軸とした事業拡大に向け、「国内の新規市場開拓」を第一の柱に、「“OSHIBORI”文化を海外へ輸出」を第二の成長の柱として、「おしぼり」の価値創造への取り組みを行ってまいりました。
第一の柱として、FSXの主要技術である菌のみならずウイルスまでブロックする『VB(ブイビー)』の開発や、デザインとテクノロジーが融合した今までにない全く新しいおしぼり冷温庫『REION(レイオン)』の開発、また昨年にはおしぼりを軸としたサイエンス事業を立ち上げ、化粧品製造業許可を取得しています。最高のおしぼり体験を提供するため、ソフトとハードの両面から開発に取り組むことで、従来の飲食業界だけでなく、今までにないサービスの拡充が求められる美容や医療、おもてなし市場といった、新しい市場の開拓を積極的に進めています。
また訪日外国人にも親しまれ、アジア圏を中心に「おしぼり」人気が高まっているなか、第二の柱の基軸の1つとして、昨夏よりおしぼり販売におけるアメリカ進出への準備を進めてまいりました。今年1月のカリフォルニア州にある日系チェーンレストランへの輸出販売を皮切りに、アメリカ本国での販路拡大に向けて事業を強化しています。

今回の第三者割当増資による資金調達は、事業計画に沿った財務基盤の強化を図るとともに、「国内事業の成長促進」及び「海外事業展開」の実施を目的にしたものです。これにより「おしぼり」の価値創造に向けた動きを更に加速させ、世界に通用する“OSHIBORI”文化の構築を目指して、今後も事業に邁進してまいります。


<補足資料>
FSX 株式会社について
http://www.fsx.co.jp/
「おしぼりは物のサービスではなく心のサービス」を理念に、レンタルおしぼり会社として創業し今年50年を迎えます。おしぼりの素材から加工機の開発、おしぼりに香り(アロマ)をつける特許技術、IT 技術をベースとしたデザイン性、そして菌のみならずウイルスまでブロックする『VB(ブイビー)』、EC運営や同業者向けフランチャイズなど、おしぼりを軸にテクノロジーとデザインを掛け合わせた、品質の高い製品・サービスの企画・製造・販売を行い、その事業は多岐にわたっています。


■『VB(ブイビー)』とは( http://www.fsx.co.jp/vb/
おしぼりにおいて一番重要となる「衛生面」に着目し開発されたFSXが誇る特許技術です。
世界初の抗菌・抗ウイルスのおしぼりを可能にする水溶液で、おしぼり上にある菌より細かなウイルスも99.9%抑制します。経口毒性や皮膚への刺激性等もないので、肌の弱いお年寄りやお子様にも安心してお使いいただけます。

■おしぼり冷温庫『REION』( http://www.reion.jp/
「REION(レイオン)」は、どんなインテリアにもなじむデザイン性の高さと、高い冷温性能を併せ持つ新しいおしぼり冷温庫です。世界初の“空気の流れ”でおしぼりに効率的に温度を伝える一体型コアエンジン『エア・サーキュレーションテクノロジー®(特許取得)』を搭載し、従来の2~3倍の急冷却/急加温を実現しています。日本製にこだわりデザインとテクノロジーが融合したおしぼり冷温庫「REION」を今春発売いたします。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FSX >
  3. 第三者割当増資等による資本金増資のお知らせ