猿田彦珈琲プロデュース!ベーカリーブランド【Oquinho(オキーニョ)】をオープン  

7月11日(木)猿田彦珈琲 池袋店内

 この度、猿田彦珈琲株式会社(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:大塚朝之)は、2019年7月11日(木)にダイヤゲート池袋の1階「猿田彦珈琲 池袋店」にて、猿田彦珈琲がプロデュースするベーカリーブランド【Oquinho(オキーニョ)】をオープンする運びとなりましたのでご報告致します 。猿田彦珈琲とベーカリー【オキーニョ】が併設されるこちらの店舗では、コーヒーの通常メニューとパンをご一緒にお楽しみ頂けます。毎日食べるパンだからこそ、素材にこだわり身体に優しいパンを作りました。

■【オキーニョ】について
「正直な香りのするパン。」
パンをつくること、そして食べることが幸せなパン職人が真剣に考えたのは、毎日食べたくなるおいしさという、あたりまえのこと。 

生クリームやバターをふんだんに使うこともしませんし、自然由来の味わいだけを表現したいわけでもありません。口数の多くないパン職人と、猿田彦珈琲が一緒に考え、1番おいしいと思ったパンを食べて欲しいと思いました。

そのために、コーヒーに1番似合うパンを考えることもせず、純粋な気持ちでコーヒーとパンをどんな風景のところで食べたり飲んだりするとおいしいのかを考えました。風を感じるところで、おいしいものを美味しく食べたい。薄い緑がかった草原にある一本の大きな木の下でパンとコーヒーを食べる風景を思い浮かべ、そんな感覚に一瞬でもなれるように願いを込めました。

おいしいはひとつではありませんが、オキーニョのパンは、私たちが今考えられるおいしいを体現したようなパンだと自負しています。

 



■ラインナップについて
クロワッサンをメインとし、食パンやバゲット、日常の食卓を支えるシンプルな食事パンから、朝食やランチにもぴったりなサンドイッチ、甘いパンなど、約20種類をラインナップ致します。
定番商品から季節限定の商品など、時期に応じて種類が入れ替わります。更に今後は新しい商品を追加して参ります。

 

<クロワッサン>
フランス産小麦を使用した生地にフランス産イズニーバターを贅沢に折り込んだ、バターの豊かな香りと外はさくさく、中はしっとりとしたクロワッサン。

 






 

 

<オキーニョ>
フランス産小麦と国産小麦、ライ麦で仕込んだ、焼きが深くシンプルで味わい深い食事パン。








 

<ヴィエノワ(柚子ベリー・ノア・ショコラ)>
もちもちとした歯切れの良いミルクパン。シンプルなミルク生地がベリー、くるみ、チョコレートを引き立てる。








 

<角食パン>
国産小麦を使用したしっとりもちもちとした食パン。贅沢な配合で「生食パン」のようなふんわり感でそのまま食べても耳まで美味しい。










■モーニングメニューについて
厚切りの角食パンを使用したモーニングメニューをご用意致します。

角食厚切りトーストセット(モーニングコーヒー トールサイズ付き)
 ・カルピスバター 520円(単品:320円)
 ・自家製いちごジャム 580円(単品:380円)※季節によってジャムが変わります
 ・チーズと香草オリーブオイル 580円(単品:380円)


≪池袋店_店舗概要≫


名称     猿田彦珈琲 池袋店
住所     東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋1階
最寄り駅   西武池袋線「池袋駅」西武南口 徒歩1分
       JR各線・東京メトロ各線「池袋駅」東口 徒歩5分
営業時間    平日/ 8:00〜20:00 土日祝/ 10:00〜19:00
定休日    なし
席数               60席程度

 




猿田彦珈琲 概要
会社名    猿田彦珈琲株式会社
本社     東京都渋谷区恵比寿1-6-6斎藤ビル1階
URL     http://sarutahiko.co/
代表者    代表取締役 大塚朝之
主な事業内容 飲食店業務、コーヒー豆焙煎業務、物販業務、卸業務、オンラインショップ業務
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 猿田彦珈琲株式会社 >
  3. 猿田彦珈琲プロデュース!ベーカリーブランド【Oquinho(オキーニョ)】をオープン