パーソル/パルコ/ライザップ/本田圭佑プロデュースSOLTILO等賛同企業53社と共に1月26日(火)より「プロ人材募集」開始

【プロ人材マッチングサービスを手掛けるキャリーミー 「日本の企業にプロ契約を」プロジェクトを発足】

日本に眠る推定約300万人のプロ人材の掘り起こしを行うと共にプロ人材が安心して挑戦できる環境整備を行う「セーフティネット構想」を発表

● CXO、新規事業担当、マーケ戦略担当、DXコンサルタントやデータサイエンティスト等、
大手からスタートアップ、ベンチャー企業まで全53社の「プロ人材ポスト」を一斉公開
● キャリーミーのアンバサダー本田圭佑氏が「日本社会の雇用課題とプロ人材という働き方」を提言
● 企業所属のビジネスパーソンに聞いた副業/複業や独立に関する意識調査の結果を発表

http://carryme.jp/prokeiyaku-japan/


プロ人材マッチングサービスを手掛けるCARRY ME(運営会社:株式会社Piece to Peace)は、個人がスキルや能力を生かして自由にキャリアを選択する「プロ人材」[1]としての働き方を推進する「日本の企業にプロ契約を」プロジェクトを1月26日(火)より発足し、パーソルやパルコ等の賛同企業様53社と共に「プロ人材募集」を開始します。

募集ポストは本日より特設サイトにて公開し、2月下旬まで応募を受け付けています。

[1] 企業の課題解決をする為の専門知識やスキルを有し、複数の企業と業務委託契約で働き、成果や業務にコミットする即戦力人材を指す。


■実施の背景と狙い

終身雇用や年功序列といった日本型経営モデルから“能力主義”の時代へと社会が移行している中、2020年、ヤフーやユニリーバによる外部人材の募集や大手企業のジョブ型雇用の導入など採用方針が大きく変化しています。さらに、COVID-19の拡大によるテレワーク普及に伴い、副業を始めとする時間や場所に囚われない自由な働き方が浸透し始めました。

その一方、多くの企業にとって実績のない外部人材採用を行うことの障壁は未だ高く、また挑戦を試みる個人としても不安定な収入/環境などの不安要素から踏み切れないといった現状があるのも事実です。当社で行った調査によると、企業に所属し副業/複業や独立を検討している「潜在プロ人材」は推定約300万人おり、それに踏み切れない理由として「安定収入への不安」や「セーフティネット問題」が挙げられています。

そこで、約850社以上のプロ人材マッチングを手掛けてきたCARRY ME(キャリーミー)は、この状況を打破し、スキルや能力を持った個人がより活躍出来る社会を目指し「日本の企業にプロ契約を」プロジェクトを発足致しました。2021年を“プロ人材元年”と位置づけ、賛同企業様53社と共にプロ人材ポストを公開致します。
 

■「日本の企業にプロ契約を」プロジェクト概要

プロジェクトサイトURL:http://carryme.jp/prokeiyaku-japan/

個人が保有するスキルや能力を生かして、自由にキャリアを創造する新しい働き方「プロ人材」を推進するプロジェクトです。賛同企業53社とともに「プロ人材募集」を開始する他、個人が安心して調整出来るよう、スキル取得から案件紹介、福利厚生まで「プロ人材」としての働き方を包括的にサポートする「セーフティネット構想」の構築を推し進めます。

また、キャリーミーの公式アンバサダーである本田氏がプロデュースするSOLTILOもプロジェクト賛同企業としてプロ人材ポストを用意頂きました。その他企業も含め、本日公開した「プロ人材ポスト」の契約の結果は、3月下旬頃に特設サイトにて発表いたします。


本田圭佑氏コメント 
 

 

 

 

これまで日本で良しとされてきた実力主義ではない評価制度が今や足かせとなり、日本はアメリカや中国など勢い

 

のある国に置いていかれ始めています。
企業に寄り添った法律や慣習が変わり、今後は一企業が優秀な人材を縛る事ができなくなる。アドバンテージが個にある事がスタンダート化していくのではないでしょうか。
その中で、働き方改革やプロ人材と企業のマッチングなど、日本社会に劇的な成長を生み出していくこの取組みを応援します。そして、個にフォーカスする時代へ日本全体が向かっていくことを期待しています。

 


 
■プロ人材ポスト募集要項
・応募方法
特設サイトよりご応募ください 。
 



・応募要件
各企業の応募要件をご確認ください。

・応募からご契約までの流れ
2021年1月26日(火) :プロ人材募集を開始
2021年2月下旬:募集締め切り
2021年3月下旬 :契約
 

                  <プロ人材ポスト募集企業一覧>

 



■募集ポスト(一部抜粋)

 

パーソルホールディングス株式会社
ポジション:アプリマーケティング
業務内容 :求職者/派遣スタッフ向けアプリのサービスグロース戦略・マーケティング施  策
稼働量  :週2〜3日(月50時間程度)
            報酬金額 :月額30〜70万
 

                                株式会社パルコ

ポジション:医療・ヘルスケア領域に特化したマーケティング戦略責任者業務内容 :事業ターゲットに対する集

 

客戦略企画・提案、ネットワーク構築
                                稼働量:月1回の社内ミーティング、その他週リモートにてミーティング
                                報酬金額 :月額30~50万円
 

株式会社マネーフォワード
ポジション:パートナーセールス
業務内容 :パートナーセールスの戦略立案、コネクション開拓及び教育
稼働量  :週3時間程度のweb会議、その他リモートワーク
報酬金額 :月額30~100万円


■企業所属のビジネスパーソンに聞いた副業/複業や独立に関する意識調査
<調査概要>
調査地域             :全国
対象者条件          :企業に所属する社会人4年目~社会人18年目
調査手法              :インターネット調査
実査期間              :2020 年12月11日(金)~2020年12月17日(木)
サンプル数          :500ss

<調査サマリー>


■株式会社Piece to Peace 会社概要

「Piece(個人の小さな力)をつなぎ、Peace(大きな力)に」を理念とし、2009年に設立。代表者の大澤は、個人の働く価値観の変化を捉え、CARRY ME(キャリーミー)を創業。

優秀な個人の価値観が、それまでの価値観である「正社員」「年功序列」「終身雇用」への依存から、「働き方」や「自分で業務内容・時間・場所などを決める」自律型のキャリアを求める価値観へと変化している一方、企業側の価値観は労働人口急減に直面しているにも関わらず、正社員採用に固執し、プロ人材が活用されていないという事実に気づき、2016年にCARRY ME(キャリーミー)を正式ローンチ。自社でもプロ契約を活用し、業務委託人員(プロ人材)28人以上と契約しつつ(2021年1月時点)、平均売上成長率216%(2020年8月決算までの直近過去5年間の平均成長率)を達成。 2021年1月時点で、プロ人材の登録者数は9,000人、登録法人企業は850社。

< 代表取締役社長 大澤亮>

新卒で三菱商事株式会社に入社。同社を退社後、1999年に慶応義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)に入学と同時に起業し、オンライン証券会社の比較サイトと、EC事業を立ち上げ、それぞれ米ゴメス社とサイバーエージェ

 

ントに、売却する。その後、ドリームインキュベータ、土屋鞄製造所(取締役)を経て、2009年9月、ピーストゥピースを設立し、2016年にCARRY MEを正式ローンチ。

 
商号  : 株式会社Piece to Peace
代表者 : 代表取締役社長 大澤亮
所在地 : 〒104-0061 東京都港区南青山3丁目8−40 青山センタービル2F 20号室
設立  : 2009年9月
資本金 : 2億2160万円(資本準備金含む)
事業内容: プロ人材マッチングサービス CARRY ME(キャリーミー)
URL       :https://carryme.jp

キャリーミーはビジネス界におけるプロ人材マッチングサービスです。マーケティング(デジタル広告の運用やSNS対策の実行等デジタルマーケティング分野含む)や広報・PR、営業など専門性の高い分野や事業開発、戦略などの上流案件を中心に「週1~4回稼働」「ミーティングベースの出社」など、働き方を自由に選択することができます。パラレルキャリアの実現やプライベートとの両立など自律的にキャリアを設計できること、また実力があれば報酬には上限がないこと、から現在約9,000名が登録しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Piece to Peace >
  3. パーソル/パルコ/ライザップ/本田圭佑プロデュースSOLTILO等賛同企業53社と共に1月26日(火)より「プロ人材募集」開始