日本最大のテクノロジーDIYイベント「Maker Faire Tokyo 2019」の出展者・スポンサー募集開始!

昨年度の来場者数24,000人。本年も最新テクノロジーを積極的に取り入れたユニークな作品と企画を募集します。

サンフランシスコ発 世界200か所以上で開催。大人から子どもまで楽しめる世界最大のDIYイベント。前回は600組(1,800名)が出展、24,000名が来場。プログラミング教育、IoTなど様々な分野での作品展示・販売・体験型企画などを行う出展者およびスポンサーを募集いたします。

 

株式会社オライリー・ジャパン(本社:東京都新宿区)は、「Maker Faire Tokyo 2019」を2019年8月3日(土)、4日(日)の2日間、東京・お台場の東京ビッグサイトにて開催することを発表し、出展者、スポンサー企業の募集を4月4日(木)から開始いたしました。


オライリー・ジャパンは、2006年より雑誌「Make:」日本語版を発行し、2008年から新しいテクノロジーを自由な発想で使いこなす「Maker」(作り手)たちの発表の場、交流の場である「Maker Faire Tokyo」を主催。2018年8月に行われた「Maker Faire Tokyo 2018」は、600組(約1,800名)の出展者、24,000名の来場者を迎え、盛況のうちに終了いたしました。

AI、VR、カードサイズのコンピューター、3Dプリンターなど、その時代の最新のテクノロジーを積極的に取り入れたユニークな作品を作る「Maker」の広がりは、Makerコミュニティから生まれた製品がプログラミング教育に使われたり、エンジニアが企業の垣根を超えた交流を行うオープンイノベーションに貢献するなど、さまざまな分野で影響力を持ち始めています。また、本イベントでは、多数の企業がプログラミング教育用ツールやMaker向けのツールなどの新製品の発表を行っています。これらにより、本イベントは国内外の最新技術と作ることの未来に触れられる機会を、子どもから大人まであらゆる方々に提供します。また、本年は、初の関西地域での開催である、Maker Faire Kyoto 2019(2019年5月4日、5日)も開催されることになっており(出展者約200組)、Makerムーブメントは日本で着実に根付いています。

当日は出展者による展示や販売のほか、主催者による体験型企画も多数予定しております。夏休みの2日間、多くの方に足を運んでいただきたく、ぜひ貴媒体にてご紹介いただけますようお願いいたします。
 

 


□ 実施概要
名称:Maker Faire Tokyo 2019(略称:MFT2019)
会期:2019年8月3日(土)12:00~19:00、8月4日(日)10:00~18:00(予定)
会場:お台場・東京ビッグサイト(東京国際展示場)西3・4ホール
主催:株式会社オライリー・ジャパン
入場料:<前売>大人1,000円、18歳以下 500円(税込)<当日>大人1,500円、18歳以下 700円(税込)
*小学校未就学者、障がい者手帳所持者は本人及び付き添いの方お一人まで無料
ウェブサイト:https://makezine.jp/event/mft2019

□ 出展の申込について
約420組の出展を予定しており、ウェブサイトより申込が可能です。申込締切は5月8日(水)13時。

出展カテゴリー:エレクトロニクス、ロボティクス、プログラミング教育、デジタルファブリケーション(3Dプリンター、レーザーカッターなど)、クラフト、アート/デザイン、ドローン、バイオ、Young Makers(学生出展)など。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オライリー・ジャパン >
  3. 日本最大のテクノロジーDIYイベント「Maker Faire Tokyo 2019」の出展者・スポンサー募集開始!