京の伝統野菜「九条ねぎ」を贅沢に使用し、十一日間もの時をかけて完成させた本格派熟成えびせんべい「本家佳長」がJR京都駅に2018年10月11日(木)グランドオープン!

京の伝統野菜「九条ねぎ」を贅沢に使用し、十一日間もの時をかけて完成させた本格派熟成えびせんべい「本家佳長」がJR京都駅に2018年10月11日(木)グランドオープン!
株式会社寿庵(代表取締役:河越 誠剛)は九条ねぎ京えびせんべい処「本家佳長」を2018年10月11日(木)よりJR京都駅直結の「京名菓・名菜処 亰(みやこ)」内にグランドオープンいたします。
 

※画像はイメージです※画像はイメージです

 

「本家佳長」は十一日間もの時を経て完成される天然えびの豊かな香りと深い味わいをそのまま活かした本格派熟成えびせんべいに、JA全農京都の推奨京の伝統野菜「九条ねぎ」を使用した「九条ねぎ京えびせんべい」を販売しています。
えび煎餅には乾燥させた約12トンの「えび殻」と発酵させた「竹の粉」を沖縄産泡盛のもろみ酢の絞り汁でブレンドした天然の肥料を使い、米作りに適した自家農園「佳長ファーム」で栽培されたお米を使用しています。
一般のえび煎餅と風味・食感が異なるのは非常識なほどに「時」を費やしているため。
じっくり時間をかけ熟成させることで素材本来の風味を醸し出した本家佳長こだわりの”味”をお楽しみください。


■限定商品のご案内
 本家佳長 京名菓・名菜処 亰店オープンを記念し、通常の生地にズワイガニを贅沢に練り込んだ『九条ねぎかに天せんべい』を特別に販売いたします。

◆京炙蟹 えびあわせ『九条ねぎかに天せんべい』
12枚入 1,620円(税込)/16枚入 2,160円(税込)

九条ねぎかに天せんべい九条ねぎかに天せんべい



◆店舗情報
店舗名:本家佳長 京名菓・名菜処 亰店
住所:JR京都駅西口2階 南北自由通路(南側) 京名菓・名菜処 亰内
営業時間:8:30~21:00


■ブランド情報
「八百屋もひと味ちがうものづくり」
江戸時代初期から京都の中心に位置する錦市場の八百屋では、常に番頭や奉公人とひと味ちがうもんを作らんと、と頑張っておりいち早く、グリーンピースの瓶入りを売り出したり、手先の器用な丁稚は、競って細工野菜を老舗料亭におさめ、新しいもの好きの当主は、イギリス製の新型の大きなカゴ付き自転車で野菜を配達したりと励んでおりました。そんな頃、但馬出の番頭の佳長は、九条ねぎがよく出来るので、自分の出身地の日本海の海の幸の海老とを合わせ、九条ねぎ入りせんべいを仕立てました。京の幸との出会い物。これぞひと味違うものづくり。これが、当主の川内屋常吉に大変喜ばれ、カラッと粋な一品となりました。


本家佳長公式サイト
http://honke-yoshinaga.jp/


■人気商品のご紹介 
 


◆九条ねぎ京えびせんべい
8枚入 874円(税込)/12枚入 1,220円(税込)
14枚入 1,458円(税込)/16枚入 1,706円(税込)
24枚入 2,689円(税込)

天然えびの豊かな香りと、深い味わいをそのまま活かした本格派えびせんべいに、JA全農京都の推奨京の伝統野菜 九条ねぎを使用し古都の趣を醸し出した逸品です。
十一日間もの時を経て完成される本格派熟成えびせんべい。






 



◆九条ねぎ焼京えびせんべい
12枚入 1,274円(税込)/14枚入 1,512円(税込)
16枚入 1,749円(税込)

九条ねぎ京えびせんべい処の焼きタイプです。
天然えびの豊かな香りはそのままに、二度熟成・二度焼きの芳醇な香ばしさをそのまま活かした本格派焼きえびせんべいです






■会社概要
会社名:株式会社寿庵
本社所在地:〒607-8193 京都府京都市山科区大宅沢町3番地
代表者:代表取締役 河越 誠剛
事業内容:菓子(和・洋)の企画・製造・販売
取り扱いブランド:京都ヴェネト、本家佳長、他
http://www.kyoto-smilefactory.co.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社寿香寿庵 >
  3. 京の伝統野菜「九条ねぎ」を贅沢に使用し、十一日間もの時をかけて完成させた本格派熟成えびせんべい「本家佳長」がJR京都駅に2018年10月11日(木)グランドオープン!