バズヴィルのロック画面広告配信機能「BuzzScreen」、インフォニアのロック画面アプリ「げっとまスクポ」にOEMとして日本初となる採用

バズヴィル(日本オフィス:東京都渋谷区、代表取締役:吉澤新、以下「バズヴィル」)は、インフォニア株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:黒川隆司、以下「インフォニア」)と提携し、BuzzScreen(ロック画面広告配信機能)を使用したアプリ「げっとまスクポ」をリリースいたしました。


インフォニアが運営するSP用サイト「げっとま」、PC用サイト「GetMoney!(ゲットマネー)」は現在280万人以上の会員が利用するポイントサイトです。今後、ユーザーは「げっとまスクポ」のロック画面機能を通して、ロック解除する前に広告やコンテンツを目にすることでポイントを貯めることができます。また、ロック画面上から様々なメディアのコンテンツを閲覧したり、げっとまの特定のページへ直接アクセスしたりできるようになります。

今回のインフォニアへのOEM提供は、バズヴィルにとって日本における初の事例となります。今回のBuzzScreen導入によって、げっとま及びGetMoney!におけるユーザーのエンゲージメント・リテンション向上が期待されます。

【げっとまスクポ】


◇アクセス方法
Android™ :
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.dietnavi.getmoneyscreen
利用するにはげっとま(GetMoney!)への会員登録が必要です。
https://dietnavi.com/pc/regist/

【BuzzScreenについて】https://www.buzzvil.com/ja/publisher-jp/
BuzzScreenは、スマートフォンのロック画面上に広告や自社コンテンツを配信する仕組みです。毎日平均60回目にするロック画面を独占して自社コンテンツを配信することによって、ユーザーエンゲージメントを向上することができます。また、一緒に配信される広告から発生する収益の一部をユーザーに還元することで、高い継続率でユーザーに使い続けていただけます。現在、本社を置く韓国をはじめ、日本、米国を中心に展開しており、およそ40社が導入しております。

【バズヴィルについて】
2012年に韓国で事業を開始、2014年に日本に進出いたしました。スマートフォンのロック画面上に広告を配信する技術を利用し、BtoC向けにお小遣いアプリHoneyScreen(ハニースクリーン)とSlideJoy(スライドジョイ)を提供、BtoB向けにロック画面広告配信技術を導入できるBuzzScreen(バズスクリーン)を提供しており、世界最大のロック画面広告プラットフォームとして、30ヶ国で展開しています。
日本支社:東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷3丁目スクエアビル2階
設立(日本)    :2014年
日本支社代表   : 吉澤 新
公式ホームページ: https://www.buzzvil.com/ja/

【インフォニア株式会社】
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル3F
設立  :1999年
代表取締役:黒川 隆司
事業内容:メディア、広告代理店、WEBソリューション、その他事業

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社バズヴィル 広報担当:pr.japan@buzzvil.com
 

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バズヴィル >
  3. バズヴィルのロック画面広告配信機能「BuzzScreen」、インフォニアのロック画面アプリ「げっとまスクポ」にOEMとして日本初となる採用