北区花⽕会、コロナ禍における新しい花⽕の試みを実施

北区花火会・特別会 withコロナバージョン

北区花⽕会実⾏委員会(実⾏委員⻑:⼤前孝太郎)は、新型コロナの猛威に⽴ち向かう医療従事者の⽅々への感謝と敬意を表するとともに、この国難ともいえる感染状況の速やかな収束を願い、花⽕製造事業を⾏う(株)イケブンの協⼒を得て、「北区花⽕会 特別会 withコロナバージョン」を3⽉4⽇(⽊)18時、北区花⽕会HPにてオンライン配信を致します。

北区花火会・特別会 イメージ素材北区花火会・特別会 イメージ素材

【ドローンならではの迫力映像と地上絵花火】

新たな試みとして、ドローンでの花⽕に近接した迫⼒映像や空撮による地上絵花⽕を撮影することで、オンラインで楽しむ新しい花⽕の魅⼒を体現しました。また、安全に花⽕を上げることへの強い想いから、緊急事態宣⾔区域外で、花⽕事業者の地元の県でもある静岡県裾野市に打上げ場所の協⼒をいただく中で、富⼠⼭との絶景コラボも実現しました。

プログラムプログラム

【医療従事者にブルースターマインでエール】
オープニングでは、新型コロナの猛威に⽴ち向かう医療従事者の⽅々への感謝と敬意をブルーのスターマイン花⽕で表現します。

【ストーリー花火で地元北区を紹介】
中盤からフィナーレにかけては、ストーリー花⽕と銘打ち、地元北区王⼦のことや北区の偉⼈・渋沢栄⼀について紹介する地域⾊溢れる花⽕をお届けします。そして、現在、渋沢栄⼀を題材にした⼤河ドラマ館が、「渋沢翁のテーマパーク王⼦⾶⿃⼭」内に2⽉20⽇にオープンしたことを記念して、特⼤スターマインの映像もお送りします。

【北区花⽕会】
北区花⽕会は、東京都北区を代表する⺠間団体が中⼼となり、地元の協⼒をいただきながら開催する花⽕協働事業です。北区⺠ひとりひとりが⼒を合わせて盛り上げる⼿作りの催しであるため、「花⽕⼤会」とせず、親しみを込めて「花⽕会」と名付けています。
with コロナにおける新しい花⽕⼤会のあり⽅の企画・準備を続け、コロナ禍での新たな花⽕イベントの先駆けとして「観光庁」の補助事業に採択され、本事業の開催に⾄りました。

【公式WEBサイト】
北区花⽕会・特別会withコロナバージョンの情報・映像公開を⾏います。
URL : http://www.hanabi-kita.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人東京北区観光協会 >
  3. 北区花⽕会、コロナ禍における新しい花⽕の試みを実施