人材エージェント「エール・ヴァンクール」、人材開発視点でのSDGs研修を始動

【人の活躍活用】、【学びと成長】を軸に事業展開をしている株式会社エール・ヴァンクール(東京都渋谷区 代表取締役社長:坂本直也)は、人材育成/人材開発からの経営支援サービスとして、SDGs研修の企画運営事業をスタートいたしました。
SDGsは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択されました。国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標ですが、日本ではまだ身近な問題としての認識は高くありません。

しかし、SDGsは世界的に最優先で取り組んでいくべきテーマです。そして、人材育成目線からも、企業や個人が活動へ参画するメリットが非常に大きいため、人材エージェントであるエール・ヴァンクールが人材開発研修としてご提供を開始しました。俯瞰/主観での物事の捉え方や、思考力・行動力の発展向上に寄与します。
 


SDGsの企業活動は、人材開発のほかにも、ブランディング・CSR・コストカット・生産性向上・エンゲージメント強化・離職防止など沢山のメリットにつながりますが、一朝一夕に達成できるものではありません。

だからこそ、まずは「SDGsを自分ごととして感じる、自分ごととして考える」という経験によりサスティナブルなモチベーションとパッションを持つことが大事と考え、エール・ヴァンクールのSDGs研修は【体験型】にこだわっています。

自然の中でのエコ活動としてのビーチクリーン体験、自分の心身と対峙しウェルビーイングを目指すヘルスケア体験、チームで課題解決を考えるSDGsカードゲームと身近な環境問題へのアクションを考えるワークショップ等を通してSDGsを自分マター・自社マターとして内省化し、行動に移していただく人材開発研修です。


【実施事例】
2020年、ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)様と企画をさせていただき、GDO+アディダスゴルフ、2社の社員様参加による「ゴルフ場でできるSDGsを考える」研修が実現しました。

元来よりゴルフ場と環境問題とは密接な関係にあり、ゴルフ場開発と自然保護の観点から人工的なグリーンへ理解を示さない意見もある一方で、ゴルフ場は草木の中で新鮮な空気を吸いながらリフレッシュできる場所でもあります。今回は、ゴルフ場の幅広い地域活用や「ゴルフ業界がSDGsのためにできること」を精力的に思案されているGDOと、プラスチック廃棄物をアップサイクルした特殊素材を使用したゴルフシューズなど、リサイクル素材を活用した商品製造に取り組んでいるアディダスゴルフの社員様が入り混じって体験を通して盛んな意見交換をされていました。

研修を通して気づきや新たな発想が生まれたというご感想を多く頂き、今後両社様でのSDGsテーマでの新しい展開やコラボレーションに期待が高まります。

■研修実施記事:Golf Links the World (by GDO)様 
 https://golf-links.golfdigest.co.jp/activity/1578/

======本リリースに関するお問合せ=======
株式会社エール・ヴァンクール
http://ailes-vainqueur.jp/
東京都渋谷区渋谷2-10-14 青山アルファビル6階
広報 (友成)
E-mail info@ailes-vainqueur.jp / Tel 03-3400-0570
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エール・ヴァンクール >
  3. 人材エージェント「エール・ヴァンクール」、人材開発視点でのSDGs研修を始動