ロンドン自然史博物館(NATURAL HISTORY MUSEUM)と英国ペイントブランドFarrow&Ballがコラボレーション

住まいに自然そのものの美しさを取り入れる。動物・植物・鉱物の色にインスパイアされた16色のペイントパレット。

​英国の最高品質ペイントブランド「Farrow&Ball」と、かの有名な英国のロンドン自然史博物館(NATURAL HISTORY MUSEUM:以下NHM)が16色のペイントパレットをコラボレーション。 自然の色にインスパイアされたこのColor by Natureパレットには、まるで宝石のように鮮やかな赤やオレンジ、雄大で豊富な自然をイメージさせる緑や青、そして枯れ木や雪を感じさせるソフトなニュートラルカラーが含まれている。


英国のサウスケンジントンにあるロンドン自然史博物館(NHM)は、自然史系博物館としては英国最大であるのみならず、世界でもトップクラスの博物館である。同じく英国にある「Farrow&Ball」は1946年創業以来、最高の素材と当時から続く伝統的な工法にこだわり他社には真似できない奥行き深い色合いで世界中から愛される最高品質ペイントブランドのメーカだ。今回、自然と環境というキーワードから英国を代表する自然史博物館とペイントメーカーのコラボレーションが実現した。
 

 


このコラボレーションパレットは世界に誇る数々のコレクションを有するNHMの収蔵品から、アブラハム・ヴェルナーのカラーガイド『Werner’s Nomenclature of Colours』に影響を受けている。これは『進化論』で有名なチャールズ・ダーウィンが研究のため世界中を周ったビーグル号での航海時に使った画期的なカラーガイドで、1814年に発行されて以来、科学者や芸術家にとって非常に貴重なツールとなった。掲載色はすべて自然にインスパイアされているが、色だけでなく自然界への敬意と祝福をも表している本だ。

NHMのライセンス責任者 マキシン・リスター氏は、「Farrow&Ballは、素晴らしい品質だけでなく、環境への影響を最小限に抑えようと尽力しています。このような形でFarrow&Ballに協力できることを非常に嬉しく思っています。このコラボレーションは生活に大きな喜びをもたらすでしょう。重要な歴史的芸術品に命を与えただけでなく、住まいに自然そのものの美しさをもたらすことを奨励する素晴らしい機会に出会いました。」と話す。

今回のコラボレーションペイントの販売は日本総代理店である株式会社カラーワークス(本社:神奈川大和市 代表取締役社長:森一朗)が行っている。
 

Imperial Purple No.W40Imperial Purple No.W40

Dutch Orange No.W76Dutch Orange No.W76

Broccoli Brown No.W108Broccoli Brown No.W108



コラボレーションの詳細はこちら
https://www.farrow-ball.jp/release/202004_index.html

カタログ(カラーチャート付き)の依頼
https://www.farrow-ball.jp/catalog/

商品の購入(カラーワークスオンラインショップ)
https://paint-shop.colorworks.co.jp/products/list.php?category_id=233


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カラーワークス >
  3. ロンドン自然史博物館(NATURAL HISTORY MUSEUM)と英国ペイントブランドFarrow&Ballがコラボレーション