スマートモビリティを展開するglafitが電池分野においてパナソニックと共同で実証実験を開始

glafit株式会社(グラフィット、本社:和歌山県和歌山市、代表取締役社長:鳴海禎造、以下当社)は、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏、以下 パナソニック)とともに、glafitバイクGFR-01を利用した電池分野における実証実験を2019年4月より国内にて開始します。

今回の実証実験では、当社の販売する「ハイブリッドバイクGFR-01」(電動バイク)を利用し、電動モビリティをより効果的且つ効率的に運用していくためのバッテリーマネジメントシステム(BMS)の開発を手掛けるパナソニックと実証実験を行います。


また当社は今後、より精度の高いバッテリーマネジメントシステム(BMS)を搭載した電動モビリティ製品の開発に繋げ、今後の販売製品に取り入れていく計画です。

 

当社は今後も多くの方に驚き・感動・笑顔を届ける為に、ブランドメッセージ「funride(ファンライド)&fundrive(ファンドライブ)」を体感できるモビリティを開発し、新しい電動モビリティの普及に貢献していきます。

【本件に関するお問い合わせ先】
glafit株式会社 広報担当:安藤
Address:640-8306和歌山県和歌山市南大工町7-1フォルテ北館
TEL: 050-3852-1236  Email:pr@glafit.com

HP: https://glafit.com/ 

 

  1. プレスリリース >
  2. glafit株式会社 >
  3. スマートモビリティを展開するglafitが電池分野においてパナソニックと共同で実証実験を開始