『Edgecross基本ソフトウェア』累計1,000ライセンス販売達成のお知らせ

一般社団法人Edgecross コンソーシアム

Edgecross基本ソフトウェア累計1,000ライセンス販売達成のお知らせ

 一般社団法人Edgecross コンソーシアム(以下、本コンソーシアム)は、Edgecross基本ソフトウェア*1の累計販売ライセンスが、2018年10月末に1,000ライセンスを達成しましたので、お知らせします。
 Edgecross基本ソフトウェアは、2018年5月8日に発売開始し、同年10月26日にデータモデル管理機能に対応したバージョンをリリースしました。自動車部品メーカ・飲料メーカ・家電メーカ・素材メーカ・装置メーカなどで、製造製品の品質管理・生産設備の稼働管理・予防保全・自社販売装置の付加価値向上などを目的に導入が進んでおります。
 引き続き、本コンソーシアムは、会員と共にマーケティング部会・テクニカル部会の活動などを通じたEdgecrossの普及促進活動により、製造業のIoT化や、日本政府や産業界が提唱する「Society5.0*2」とSociety 5.0につながる「Connected Industries*3」の活動への寄与を加速します。
 また、本コンソーシアムは、本日11月1日から東京ビッグサイトで開催されているJIMTOF2018*4に出展をしております。

*1:FAとITの協調を実現するオープンなエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォーム
*2:内閣府「科学技術基本計画 第5期科学技術基本計画」で示された、サイバー空間とフィジカル空間(実社会)が⾼度に融合した「超スマート社会」を未来の姿として共有し、その実現に向けた⼀連の取組み
*3:経済産業省が2017年3月に発表した日本の産業が目指すべき姿(コンセプト)
*4:第29回日本国際工作機械見本市

販売ライセンスについて
 累計販売ライセンス数 : 1,000ライセンス以上 (2018年5月8日~10月31日)
 導入業種 : 自動車部品メーカ・飲料メーカ・家電メーカ・素材メーカ・装置メーカなど
 導入用途 : 製造製品の品質管理・生産設備の稼働管理・予防保全・自社販売装置の付加価値向上など

Edgecrossコンソーシアムに関して
 「Edgecross」の普及推進を目的に2017年11月29日に設立。2018年2月には一般社団法人へ移行し、コンソーシアム会員は211社(10月31日(水)現在)。
 幹事会社は、アドバンテック株式会社、オムロン株式会社、日本電気株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本オラクル株式会社、株式会社日立製作所、三菱電機株式会社の7社。

JIMTOF2018出展概要
 ⽇程︓2018年11⽉1⽇(木)〜11⽉6⽇(火)
 会場︓東京ビッグサイト (⼩間番号︓東5ホール E5048)
 出展内容︓Edgecrossを活用し、出展会員企業18社の工作機械などの装置を繋ぎ、稼働監視などを実演。

問合せ窓口
 一般社団法人 Edgecross コンソーシアム 事務局
 〒105-0011 東京都港区芝公園 3-5-8 機械振興会館 本館 301-2 号
 E-Mail : info@edgecross.org
 Web:https://www.edgecross.org
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人Edgecrossコンソーシアム >
  3. 『Edgecross基本ソフトウェア』累計1,000ライセンス販売達成のお知らせ